• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 2件
  • Vol.062 結城浩/「数学ガールの誕生」(7)/レビューア/一日何文字書く?/

    2013-06-04 07:00  
    216pt
    結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2013年6月4日 Vol.062
    はじめに - 一日何文字書く?
    おはようございます。 いつも結城メルマガをご愛読ありがとうございます。
    梅雨に入ったそうですが、さわやかだったり、暑かったり、 急に寒くなったりと変化する毎日を感じています。
    今週は水曜日に書籍『数学ガールの秘密ノート/式とグラフ』の初校読み合わせ があるので、ばたばたと忙しい毎日を送っています。脱稿したあと、 初校の読み合わせ、再校の読み合わせという区切りがありますので、 そこに合わせてきっちりと品質アップにつとめたいと思っているのです。 区切りをつけるというのは気持ちがいいですからね。
     * * *
    先日、勝間和代さんのトークイベントのツイートまとめを読んでいました。
     「個人出版」を語り尽くす!  『Amazon Kindleダイレクト出版 完全ガイド』出版記念トークイベントのまとめ、  これが勝間無双か!  http://togetter.com/li/511592
    文章を書く身として興味深く読んだのは、インプットとアウトプットの部分です。 正確な文脈はわかりませんが、 文章がうまくなりたければ、一日に10万文字インプットして、一日に5千文字書く という話が出たようです。
    この数字はなかなかリアルですごいなあと思いました。 インプット一日10万文字…結城はとうていこんな分量は行かないです。
    アウトプットはどうかしら。 この結城メルマガはどのくらいあるか計算してみます。 この5月に配送した分の合計では…
     ・PDFとして配送したテキストは約18000文字  ・PDFを除いたメール部分は約30000文字
    合計すると、約48000文字。31で割ると約1548文字。 オーダーは合ってますが、一日に5000文字書くにはまだまだですね。
    まあ数で追いつこうとするわけではありませんが、 なかなか刺激的な内容でした。
    数字はさておき、一般論として、 文章を書くために「習うより慣れろ」の部分があるのは否めません。 とにかく何かを書き続けていることは大切です。 自分の頭で考えている状態と、 それを文章にした状態というのはまったく違います。 特に「人さまに読んでもらう文章」を書くことはたいへん勉強になります。
    人間誰しも「いいとこみせたい」という気持ちがありますから、 あまりにも恥ずかしい文章は書きたくないですよね。 その仕組み(?)をうまく使うのは文章上達に良さそうです。
     * * *
    ぜんぜん違う話ですが、子供の声を録音する話。
    うちは男の子が二人います。 ちいさいときから知り合いに「子供は大きくなるのが早いよ〜」 と言われていたのですが、最近ほんとうにそれを実感しています。 子供が中学高校になっちゃうと、 あの愛らしかった子たちはどこへ……という気持ちになります。
    もちろんいまでも愛らしいのですが、 幼稚園児や小学生の愛らしさとはまた違うんですよね。
    いま小さなお子さんがいる方にお勧めなのが、子供の声を録音しておくこと。 ビデオは多くの方が撮っていると思うんですが、 「声」だけをきちんと録音することは意外に少ないと思います。 子供がお気に入りの本を朗読してもらったり、 「お父さん大好き!」と言わせたり(苦笑)した録音は、宝物です。
    ビデオを撮るときにもちょっとコツがあります。 どこかにお出かけしたときや、 入学式卒業式のような特別なイベントでは多くの方がビデオを撮ると思いますが、 「日常生活」も撮っておくといいですよ。 ふだんのバタバタした生活、散らかっている部屋。 そういう「日常生活」こそ、あとで思い返したくなるんじゃないかな…… そんなふうに思っています。奥さんからは強い抵抗にあうんですが。
    我が家のホームビデオは、すべてデジタルに切り替わりました。 以前8mmビデオで撮っていた磁気テープも、 DVDに移した後に再度リッピングして、単なるファイルになりました。 しょっちゅう見るわけではないけれど、たまに見る大切なファイルですので、 HDDとクラウドにバックアップを取っています。
    ああいうビデオって見ていると、懐かしいという思いとともに、 ほのかな寂しさ、切なさを感じます。
    どうしてでしょうね。
     * * *
    結城は、自分が書いた本やWeb日記などをときどき読み返します。 むかし自分が書いた文章の中には、今ではもう書けないものもあります。 知識として書けないというよりも、文章として書けないものですね。
    結城は文章を書くとき、読者のことを考えて書きます。 特に「ここまで説明すれば、読者はわかってくれる」という感覚を 大事にしています。 自分が持っている読者のイメージに合わせて書くわけですが、 そのイメージがむかしといまではずいぶん違っているようなのです。
    むかしの文章の中には読者の読解力に頼って、 大きく跳躍している部分があります。 つまり、説明をざっくり省略して、 大づかみに先に進むような説明をしている部分ですね。
    いまの自分がむかしの文章を読んでいると、その跳躍に驚くのです。 「おお、この説明を省略するのか!」という具合に。
    その跳躍はどこから生まれるのか。 半分は読者を信頼していることから、 もう半分は自分の理解が狭いから生まれているようです。 その跳躍の結果として、若々しく勢いのある文章ができあがる。 これは(書いた自分にとっては)なかなか勉強になります。 むかしの若い時代の自分から文章を教えてもらっている感覚に近いですね。
    家内は、自分の文章を読み返すのは好きじゃないそうです。 文章がへたというわけではないと結城は思うのですが「読み返すのは嫌」だそうです。 あなたはいかがですか。
     * * *
    さて、それではそろそろ今回の結城メルマガに入りましょう。 先週予告した通り、今回も講演「数学ガールの誕生」をPDFにてお送りします。 今回は少し軽めの内容で《コミュニケーション》が話題になっています。
    それから、Q&Aのコーナーでは結城が書く本の「レビューアさん」を 選ぶ方法についてのご質問がありましたのでそれにお返事しています。
    では、今回もお楽しみください!
    目次
    はじめに - 一日何文字書く?
    本を書く心がけ - 講演「数学ガールの誕生」(7)
    本を書く心がけ - 紙での校正と電子メディアでの校正
    Q&A - レビューアの決定方法は?
    次回予告 - 再発見の発想法
     
  • Vol.061 結城浩/講演「数学ガールの誕生」(6)/コミックのコラムを書く/段取りと想像力/

    2013-05-28 07:00  
    216pt
    結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2013年5月28日 Vol.061
    はじめに - 段取りと想像力
    おはようございます。結城浩です。
    いつも結城メルマガのご愛読ありがとうございます。 最近は急に暑くなったり、かと思うと朝晩冷えたりと不規則な天候ですね。 薄着で寝たときに限って朝冷えこんで、しかも窓が開いてた!などという 事態が起きて困ってしまいます。ぐすん。みなさんはお元気ですか。
     * * *
    結城は夜に「明日はどんな仕事をどんな手順でやろうかな」 と考えることがよくあります。 一日にできることには限りがあるので、 うまく段取りを付けておかないと仕事が回らなくなるからです。
    それとは別に、朝起きてから「今日はこんな仕事をする一日になるだろうな」 ということもイメージします。あるとき、ふと昨晩メモしておいた 「明日の(つまり今日の)仕事の段取り」を読んでズレを発見しました。
    夜、疲れているときに考えた段取りは、 「朝の元気がよいうちに重要な仕事を片付けておき、 午後はゆっくり軽めの仕事をする」というものでした。
    でも、朝に考えた段取りは 「重要な仕事は後回しにして、軽めの仕事を先にする」 というものでした。まったく正反対です。
    客観的に考えた場合、そのときに正しいのは「夜の疲れているときの段取り」 の方でした。夜つかれているときに、
     「ああ、疲れているとなかなか重要な仕事を進めるのは難しいなあ」
    としみじみと思いました。そのため、 朝の元気なうちに大事な仕事を片付けた方がいい!と考えたわけです。
    でも朝になって元気になったら、昨晩のそんな思慮はどこへやら、 なぜか軽めの仕事に気持ちが向いてしまったわけですね。
    自分は統一的な主体である、とつい思いがちですが、 実際はぜんぜんそんなことはないのかもしれません。 実際には各時点での判断も危うく、矛盾だらけの存在なのかもしれません。
    なにしろ、段取りのメモ書きを見るまでは、 異なることを前夜に考えていたことすら忘れていたのですから!
    Evernoteでも何でもいいのですが、 自分がある時点で考えたことをメモしておき、それを振り返るだけで、 発見がたくさんあるものかもしれないな、としみじみ思いました。 誰かから言われたことなら、反発したり素直に聞けなかったりしがちですが、 他ならぬ自分が考えたことならば、素直に参考にできるのかも知れません。
     * * *
    結城は CodeIQ というサイトで、 IT技術者(プログラマ)向けの問題を出しています。 先週は結城が出した《ピッグデータ問題》の採点と 評価フィードバックを行いました。たくさんの解答を読み、 問題の解説文とともに解答者さんに評価を返すというお仕事です。
    一つの問題に対してたくさんの解答を読むことになりますから、 おのずと解答の違いに注目することになります。 ほとんどの人が正解しているような場合、解答もだいたい似たようなものになります。 書かれているポイントも(内容としては)同じようなものです。
    似ているのですが、その中にふっと目を引く答案があります。
     ・他の人とほんのちょっぴり違った観点で書かれた答案。  ・他の人よりもずっと読みやすく書かれた答案。  ・おもわず「なるほど」と膝を打ってしまうような答案。
    その違いがどこからくるのかを明文化するのは難しいですが、 確かに何かが違うのです。たくさんの答案の中で「ちょっと違うぞ」と思わせる、 それはいったい何なんだろう、ということを考えさせられました。
    単純に文章のうまさとかそういうことではないんですよね…
     * * *
    先日、こんなツイートをしました。
     若者の多くは、自分が立ち向かう老人が、  かつて自分のような若者であったことに気づかない。  老人の多くは、自分に立ち向かう若者が、  いつか自分のような老人になることを知っている。  残された時間が多い点では若者に勝ち目があり、  多くを知る点では老人に勝ち目がある。
    まあ若者と老人がいつも戦っているわけではないですが、 ここに書いたようなことをときどき思います。 結城は自分を老人だとも若者だとも思っていないのですが、 子供の「親」ではあるわけです。
    親として子供にあれこれ言いたくなることはあるし、実際言います。 子供はきっと親が言うあれこれを「うるさいなあ」と思っているだろうと 想像できます。「なんで親ってこんなにうるさいのかな」と。
    どんな親も子供の時代があったはずなのに。 そして親に対してある種の「反抗」や「理解されなさ」に ついて思ったはずなのに。 自分が親になってみると、親としての立場の難しさに驚きます。 どうしても、よかれと思ってあれこれ言いたくなるんですよね。 自分が子供のときは親からあれこれ言われたくなかったくせに。
    親になってみて思うのは、 自分は子供に対して何もできてないなということ。それに比べると、 私の親は自分に対していろいろとうまくやってくれたんだな、 と思わざるを得ません。 つくづく「子を持って知る親の恩」という言葉の深さを考えます。
    どうして自分は子供のとき、 親も自分のような若い時代があったのだと想像できなかったんだろう。 親も同じように悩んだのだ、とどうして思えなかったんだろう。 そんなことを考えます。
    人間の想像力というのはその程度のものなのかもしれません。 実際にその立場になってみないとわからないことはたくさんある。
    うん。そうだね。
    自分はこれから年齢を加えていくのが楽しみです。 きっと、若い人にはまだまだ理解できない世界を体験し、 理解していくチャンスがやってくるわけですから。
    そんなこんなですが、 さあ、今日の一日もていねいに過ごしていきましょう!
     * * *
    今回の結城メルマガのメインコンテンツは「数学ガールの誕生」(6)です。 早く書籍にまとめたいと思っていますので、今週から何回かこの企画が 連続するかもしれません。どうぞよろしくお願いします。
    それでは、お読みください!
    目次
    はじめに - 段取りと想像力
    本を書く心がけ - 講演「数学ガールの誕生」(6)
    文章を書く心がけ - コミックのコラムを書く
    次回予告 - 講演「数学ガールの誕生」(7)