• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 3件
  • Vol.320 結城浩/数学の素養/文章をまとめるコツ/恋し続ければ/本を書くテンション/再発見の発想法/高校生が数学力をつける/

    2018-05-15 07:00  
    216pt
    Vol.320 結城浩/数学の素養/文章をまとめるコツ/恋し続ければ/本を書くテンション/再発見の発想法/高校生が数学力をつける/結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2018年5月15日 Vol.320
    はじめに
    結城浩です。
    いつも結城メルマガをご愛読ありがとうございます。
    ここ数日の温度変化がとても大きいです。コートがいるかもという日の次が半袖という気温。身体への負担も少なくありません。とはいうものの、いまの季節は寒いよりは温かい方がいいですけれど。
    もうちょっとすると雨の季節になるのでしょうか。春の気候ももうすぐ終わりです。
    最近「結城浩の数学ノート」というWebサイトを作り始めました。この「結城メルマガ」でも何度か書いていますが、結城は「シンプルで小さなWebサイト」を作るのが大好きで、定期的にのめりこむようにしてWebサイトを作っています。
    「結城浩の数学ノート」というWebサイトは、ちょっとした数学の話題を紹介するものです。まだページは少ないですけれど、少しずつ継続して書き溜めていきたいと思います。ぜひちらっとのぞいてみてください。
    ◆結城浩の数学ノートhttps://math.hyuki.net
    こういうWebサイトを作るときには、何をどんなふうに考えているかについてもまたいつか文章にしてみたいと思います。
    それでは、今回の結城メルマガを始めましょう。
    目次
    はじめに
    目次
    数学の素養の有無とプログラマ
    思い浮かぶことを一つの文章にまとめるのが苦手です - 文章を書く心がけ
    恋し続けたならば必ず逢える - 古今和歌集を読む
    本を書くテンションを保つ工夫 - 本を書く心がけ
    ブートストラップ - 再発見の発想法
    高校生が数学力をつけるには「復習あるのみ!」ですか? - 学ぶときの心がけ
    おわりに
    数学の素養の有無とプログラマ
    質問
    「数学の素養があるプログラマ」と「数学の素養がないプログラマ」の大きな違いは何だと思いますか。
    回答
    ご質問ありがとうございます。
    なかなか難しいので、ものすごくざっくり答えますね。
    数式に関して
    「数学の素養」と呼べるかどうかわかりませんが、たとえばそれは技術文書や仕様書に「数式」が出てきたときに「数式を読もうとするか否か」という態度に現れるのではないでしょうか。くだけた表現を許していただけるなら「数式にビビるかどうか」ともいえます。
    プログラミングが扱う問題は多岐に渡りますので、数学のことをあまり知らなくても問題なくプログラミングできる場合はたくさんあります。その一方で、機械学習や3Dグラフィクスの問題などで、数学の深い理解が必要になる場合もありますね。
    「数学の素養」といっても「ある・なし」の二段階ではありません。でも、どんなものであれ「数式」が出てきたとたん思考をストップさせてしまうようでは困ると思います。
    「数式」が出てきたときに「ビビる」ことなく、
    まずは読んでみようとする
    自分が理解できるかどうか判断できる
    すぐに理解できない場合でも、調べれば理解できそうか判断できる
    などの点が重要になるのではないでしょうか。
    定義に関して
    「数学の素養」に入れるかどうかはわかりませんが「概念を定義して適切に名前を付ける」というのは、プログラミングにおいて重要な活動であると思います。「定義」が重要であることは数学ではもちろんのこと、プログラミングにも当てはまります。
    そしてしばしば、プログラマはとても抽象的な概念をきちんと「定義」することを要求されます。一見ばらばらに見える概念の共通点を見つけ出してそれを定義し、名前を付け、それを利用してプログラミングを行うというのは珍しいことではありません。抽象クラスやインタフェースなどはそのようにして作られています。
    もちろん、プログラミングで適切な「定義」を行うためには数学を学ぶ必要があるといいたいわけではありません。ただ「数学の素養」がある人は、プログラミングで抽象的な概念が登場したときも理解が早かったり、その概念の良し悪しを判断する力がある可能性は高そうです。
    論理に関して
    数学で論理が重要なのはいうまでもありませんが、プログラミングでも論理は必要です。プログラムを書く上で重要なだけではなく、デバッグをしてプログラム中の誤りを見つける作業においても論理は重要です。
    これは「数学の素養」というよりも「科学者の素養」かもしれませんね。「プログラムを動かしたら、このような現象が起きた。ということは、あのライブラリが悪いのではないか」のように考えるのは科学者が行う「自然現象の観察」に似ています。また「あのライブラリが悪いということは、こういう入力を与えたなら、こういう出力が出るのではないか」と考えることは、科学者が行っている「仮説の検証」に似ています。
    他にもありそうですが、私は以上のように考えました。
    ご質問ありがとうございました。
    思い浮かぶことを一つの文章にまとめるのが苦手です - 文章を書く心がけ
    質問
    はじめまして。
    恥ずかしながら、私は文章を書くということがまったくできません。
    いくつか思い浮かぶことがあっても、それらの関係性を考え、論理的なひとつの文章にまとめることがどうにも苦手です。完成まで何とか持っていけたとしても、そのためには途方もなく時間がかかります。
    このような状況を克服するために有用な練習方法をおうかがいしたいです。
    現在は、人の文章から構成を読み取ってそれを参考にするといったことをしています。
    回答
    ご質問ありがとうございます。
    三点お話ししましょう。
    まず第一点目。あなたは、頭の中だけで最終的な文章を考えていませんか。
    「いくつか思い浮かぶこと」をあなたは紙やコンピュータに書いていますか。自分の頭の中から思い浮かぶことを取り出すことはとても大切です。思い浮かんだことを頭の中に保持し、関係性を考え、文章にまとめるなんていうのは大変な作業です。思い浮かんだことをまず書くのは基本。たくさんの短文として頭から取り出します。そして、コンピュータの上で並べ替えたり、関係を考える方がずっと楽です。
    コンピュータの操作に慣れている人やタイピングが速い人は、ツールを使ってコンピュータ上で考えるのもいいですが、そうでない場合はいったん紙にプリントアウトして、順番を考えたり、関係を考えたりする作業をします。そしてもう一度コンピュータ上で短文の入れ換え作業を行うということを繰り返します。
    いずれにせよ、「頭の中」で作業をするのではなく、いわば「頭の外」で作業をするのが大事です。
    第二点目。あなたは、言いたいことをずばりと言い切ることを恐れていませんか。
    先ほど書いた「思い浮かんだことを短文として取り出す」ときでもそうですが、自分の考えをずばりと言い切ることは重要です。「ずばりと言い切る」というのは、「AはBである」や「CとDは違う」や「EとFは合わせるとGになる」のように書くという意味です。
    「AはBだけれど、Bとはいいがたい場合もあるし、Xという条件があると、Bには絶対ならないし……」のように、ふわふわっと話を展開するのはやめます。
    そうではなくて、ずばりと言い切った短文として、頭の中から取り出すのです。

    「AはBである」 「AはBにならないこともある」 「Xという条件では、絶対にBにならない」

    というように。そして頭の中から取り出したこれらの短文を眺めて、気付いたことを書いていきます。

    「AはBである」(いつも?) 「AはBにならないこともある」(どんなとき?) 「Xという条件では、絶対にBにならない」(X以外の条件では?)

    そうして、それらの気付いたことをさらに膨らませていくことになります。
    第三点目。あなたは、いっぺんに全体を完成させようとしていませんか。
    頭の中からまず考えていることを取り出すのもそうですし、ずばりと言い切る短文を操作するのもそうですが、いっぺんに全体を完成させるのではなく、ステップ・バイ・ステップで、ちょっとずつ整えていくのが大事です。
    人間は全体をまとめるのが苦手です。それに対して、細かい部分に注目してちょっと付け加えたり、ちょっと順番を正したり、他のケースをちょっと考えたりするのは難しくありません。
    時間は掛かります。それはしょうがありません。何度も読んで、少しずつ「前よりはちょっぴり整った状態にしていく」というのは、文章を書く上でめずらしいことではありません。
    あなたが書いていた「人の文章から構成を読み取ってそれを参考にする」というのも決して悪いことではありません。それは自分が「整えていく先」の例を見つけていることになりますね。
    まとめます。
    「頭の外」で作業しよう
    ずばりと言い切る短文を集めよう
    ステップ・バイ・ステップで整えていこう
    参考にしていただければうれしいです。
    ご質問ありがとうございました。
     
  • Vol.134 結城浩/数学ガールの特別授業(2)/古今和歌集を読む(3)/

    2014-10-21 07:00  
    216pt
    Vol.134 結城浩/数学ガールの特別授業(2)/古今和歌集を読む(3)/結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2014年10月21日 Vol.134
    はじめに
    おはようございます。 いつも結城メルマガをご愛読ありがとうございます。
     * * *
    新刊の話。
    予定通り、先週『数学ガールの秘密ノート/数列の広場』が刊行されました。
     ◆『数学ガールの秘密ノート/数列の広場』  http://note4.textfile.org/
    書店に展開されたサイン本をご購入なさった方、 店頭やネット書店でご購入なさった方などからツイートやメールをいただき、 私はとても幸せな時を過ごしています。
    ありがたいことに、 アマゾンさんの数学書ランキング、 書泉ブックタワーさんのコンピュータ書ランキング(10/12-10/18)、 ブクログ新刊ランキング(10/18)などで第1位になりました。 みなさんの応援に感謝いたします。
     ◆たくさんのサイン本(出版社編集部にて)
    それはさておき、ひと仕事終わって安心したせいか、 あるいは単に急に冷え込んだからか、 たくさんの本にサインした次の日から数日寝込んでしまいました。 家内からは「ここ数日夜更かしが続いていたから」と指摘を受けました。 体調管理の点で反省することしきりです。
     * * *
    ところで、新刊が発売になったということは、 次の本の仕込みをさらに進める必要があるということになります。
    今年の12月12日に刊行の『数学文章作法 推敲編』は、 すでに再校に入り順調に進んでいますが、 それ以外の、新たに書き始める本の進捗を進める必要があります。 いまのところはざっくり、こういった本が進行中。
     ・コードネーム:note5(『数学ガールの秘密ノート』第5弾)  ・コードネーム:グラタン  ・コードネーム:ii  ・コードネーム:crm
    校正の段階まで来れば文章のテクニカルな修正が中心になってくるのですが、 本の書き始めの段階では、 とにかく書き進む部分と、方針決めの部分が絡み合います。 このあたりをどう進めるかは、後ほど「本を書く心がけ」で詳しく書きますね。
     * * *
    先日、ふと思ったこと。
    結城メルマガの中では「教えること」「学ぶこと」「伝えること」 などの話題がよく出てきます。でも、たとえば「男性だから何々が得意」や 「女性だから何々が得意」という性別の話はほとんど出てこないように思います。 どう思いますか。
    結城メルマガがいわゆる「ポリティカリー・コレクト」だと、 ことさらに主張したいわけではありません。 そうではなくて、結城は男性・女性をあまり意識していないのかなあ、 と思っただけなんです。
    (いま検索してみたら、Vol.098でちょこっと書いていました)
    数学ならば、概念を理解できるかどうか、 問題を解けるかどうかというのがポイントであって、性別は直接問題にならない。 プログラミングでも、コードを書けるかどうか、 バグを取れるかどうかがポイントであって、性別は直接問題にならない。 ……というのが私の理解です。
    まあ、でも、この話題は微妙なのでこの辺で。
     * * *
    それでは、そろそろ結城メルマガを始めましょう。
    今回は、Vol.132から始まった新連載「数学ガールの特別授業(教師編)」の第二回目です。 結城が先日新潟で行った講演会を読み物にしてお届けいたします。 前回と同様、講演スライドを交えたPDFでお送りします。 「読者の理解を生み出す」という話題で、 教えることや文章を書く人には興味のある内容になっていますよ。
    また、Vol.133に続き「古今和歌集を読む」の話を書きます。 今回も、言葉に取り組むときのメタな話題になっています。
    お楽しみください!
    目次
    はじめに
    本を書く心がけ - ぜんぶ文章にしてしまえ
    古今和歌集を読む(3)
    数学ガールの特別授業(教師編)(2)
    MacBookを家に忘れた話
    おわりに
     
  • Vol.133 結城浩/書籍ランディングページの作り方/量が多いことの意味/古今和歌集を読む(2)/

    2014-10-14 07:00  
    216pt
    Vol.133 結城浩/書籍ランディングページの作り方/量が多いことの意味/古今和歌集を読む(2)/結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2014年10月14日 Vol.133
    はじめに
    おはようございます。 いつも結城メルマガをご愛読ありがとうございます。
     * * *
    新刊の話。
    『数学ガールの秘密ノート/数列の広場』が、 もうすぐ(2014年10月17日頃)店頭に並びます。 新刊が出るのは、本当にうれしいものです。
     ◆『数学ガールの秘密ノート/数列の広場』  http://note4.textfile.org/
    ところで10月10日に、 昨年刊行された『数学文章作法 基礎編』の電子書籍版が刊行されました。 「数学ガール」シリーズは固定レイアウトタイプですが、 『数学文章作法 基礎編』はリフロータイプの電子書籍になりました。 つまり、文字の大きさを変えたりすることができるということです。
    電子書籍版が出た直後から、たくさんの方々に応援いただき、 科学・テクノロジーの新着ニューリリースランキングで、 『数学文章作法 基礎編』と『数列の広場』が一位と二位に並ぶほどでした。 みなさんありがとうございます。
     ◆『数学文章作法 基礎編』  http://mw1.textfile.org/
    今年の12月12日には、続編となる『数学文章作法 推敲編』も出版されます。 先日は筑摩書房のページでアナウンスがなされました。 こちらは現在再校ゲラを読んでいるところ。刊行が楽しみです。
     ◆『数学文章作法 推敲編』(筑摩書房)  http://www.chikumashobo.co.jp/special/yukihiroshi/
     * * *
    ランディングページの話。
    前回の結城メルマガでちらっとお話しした、 書籍ランディングページの作り方を、 具体的に詳しく書いてみようと思いました。 「結城浩ミニ文庫」シリーズの一つとして、
     『書籍ランディングページの作り方』
    というタイトルで今回配信いたします。 どうぞお読みください。
    ランディングページ(landing page)というのは、 一言でいえば、ある商品専用のPRページですね。 先ほど上でリンクした結城の書籍ページもランディングページといえます。
    これらのページは、ろすさん(@lost_and_found)が提供している 「でんでんランディングページ」というテンプレート&テーマを利用して作りました。
     ◆でんでんランディングページ  http://lp.denshochan.com
    今回の『書籍ランディングページの作り方』は、『数学文章作法 基礎編』 のランディングページを作っている過程をなぞって解説したものです。 お楽しみください。
    本を書く人にはもちろんのこと、 商品の宣伝、イベントの告知、自己紹介などを、
     「綺麗にまとまったWebページで提示する」
    ということに関心のある人にも参考になるかと思います。
     * * *
    ところで。
    ランディングページであれこれやっているうちに、 Bootstrapにだんだん慣れてきました。 Bootstrapというのは現代のモダンなHTML5を書くためによく使われているテンプレートです。
     ◆Bootstrap  http://getbootstrap.com
    Bootstrapをベースにして世界中でたくさんのテンプレートやテーマが作られています。 サイト用のHTMLやCSSをゼロから書くのではなく、 Bootstrapのようなものをもとにしてサイトを作ると手間を大きく軽減できますね。
    といったことを考えているうちにふと、こんなことを思いました。
     自分がブラウザを立ち上げたときに使う「ポータルページ」を、  Bootstrapベースで作ったら楽しそう!
    ここでポータルページと私が呼んでいるのは、 自分がよく使うWebサービスのリンク集のようなものです。 たとえば、Web連載のCakesのサイト、結城メルマガを発行するまぐまぐ!、 ブロマガのサイトなどへのリンク集です。
    ブラウザを起動したら最初に表示されるページに、 そのリンク集をまとめておけばとても便利。 ダッシュボードと呼んだり、シンプルにホームページと呼ぶこともあります。
    自分だけが使うポータルページなら、いくらでも好きな作りにすることができる。 自分が以前から使っていたポータルページは、HTMLがぐちゃぐちゃになっていて、 見た目も散らかり放題(でもそれなりに便利ではあるが)。 この機会にBootstrapで何か作りたい!という気持ちに便乗して、 ポータルページを作ってみようか……と思っているうちに、 できてしまいました。
    こんな感じです。
     ◆Bootstrapベースで作った結城のポータルページ(スクリーンショット)
    アイコンの部分はFont Awesomeというサイトを利用しています。
     ◆Font Awesome  http://fortawesome.github.io/Font-Awesome/
    また全体の構成は、 Start BootstrapというサイトのSB Admin 2というテンプレートを参考にしています。
     ◆SB Admin 2  http://startbootstrap.com/template-overviews/sb-admin-2/
    ポータルページを作りながら、 「仕事」に関して、これまたいろんなことを考えてしまいました。 またいつか詳しくお話ししますね。
     * * *
    それでは、そろそろ結城メルマガを始めましょう。
    今回は「でんでんランディングページ」を使った、
     『書籍ランディングページの作り方』
    という説明文をお送りします。
    また、Vol.131に続き「古今和歌集を読む」の話を書きます。 古今和歌集の話というよりは、古今和歌集を読みながら結城が考えたことの話で、 言葉に取り組むときのメタな話題になっています。
    お楽しみください!
    目次
    はじめに
    結城ミニ文庫 - 書籍ランディングページの作り方
    古今和歌集を読む(2)
    量が多いことの意味
    おわりに