• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 64件
  • Vol.392 結城浩/働きたくない/専門的な話をするとき/暗記/試験が悪いと落ち込む/言いたいことばかり言う人/

    2019-10-01 07:00  
    220pt
    Vol.392 結城浩/働きたくない/専門的な話をするとき/暗記/試験が悪いと落ち込む/言いたいことばかり言う人/
    結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2019年10月1日 Vol.392
    目次
    専門的な話をするときのレベルで迷う - 教えるときの心がけ
    暗記の話 - 学ぶときの心がけ
    試験の結果が悪いと落ち込んでしまう
    自分の言いたいことばかり言う人が多すぎる - コミュニケーションのヒント
    働きたくない - 仕事の心がけ
    はじめに
    結城浩です。
    いつもご愛読ありがとうございます。
    * * *
    新作の話。
    『数学ガールの秘密ノート/学ぶための対話』は、残っていた原稿も編集部に先週送付することができ、本当に脱稿となりました。感謝です!
    今週は本書のイラスト打ち合わせがあります。いつものメンバーでの打ち合わせですけれど、今回はいつもとはちょっと違う本なので、そのあたりの調整と意識合わせが中心になるでしょう。楽しみです!
    その後のイベントとして、初校と初校読み合わせ、再校と再校読み合わせ、著者サイン本の準備などが控えています。そうだ、恒例の《サイン本無料プレゼント》の準備もしなくては。
    本書では数学が苦手な「ノナちゃん」という女の子が新しく登場します。いつもの登場人物との《対話》がどのように繰り広げられるのか、どうぞお楽しみに!
    中学生・高校生はもちろんのこと、保護者の方や教育に携わる方に幅広く読んでいただきたい一冊です。
    ぜひ応援よろしくお願いいたします!
    ◆『数学ガールの秘密ノート/学ぶための対話』(アマゾン)https://bit.ly/hyuki-note12
    * * *
    数学の魅力と五つの感受性の話。
    佐野岳人さんが松森至宏さんと語っているVoicyが公開されているのでご紹介します。Voicyというのは音声で情報提供するというボイスメディアです。
    佐野さんのVoicyは「働き方や学び方が多様化している現在、働きながら学んでいる方や、一度社会に出てから再び大学に入り直した方々をゲストにお招きして、個々人のライフスタイルに合った学び方を一緒に探るラジオ」とのことです。
    ◆「34歳からの数学博士」佐野岳人 - Voicyhttps://voicy.jp/channel/925
    「数学の魅力と五つの感受性」というタイトルで、仕事と数学の両立や、数学の魅力、大学数学にどう向かうかといった話題が語られています。10分単位で区切られているので聞きやすいです。
    ◆第1回 松森至宏さん - 数学の魅力と五つの感受性https://voicy.jp/channel/925/54149
    * * *
    Webサイトの話。
    先日、Twitterで「あなたはいま、このツイートをどんな環境で見ましたか」と尋ねたことがあります。回答数は1301個あり、四つの選択肢の割合は以下の通りでした。
    スマートフォンの類で見た(79%)
    タブレットの類で見た(4%)
    PCの類で見た(17%)
    正式なアンケートではなく、しかも結城のツイートが届く範囲というざっくりした問いかけですけれど、それでも「約8割がスマートフォンの類でツイートを読んでいる」ことは重要な意味を持ちます。
    もしもWebサイトをTwitterで宣伝するときには、スマートフォンでちゃんと読めるようになってないとたいへんまずいわけですよね。まあ、こんな話はいまさらですけれど。
    なぜこんなことを書いているのかというと、Twitterで宣伝されているWebサイトなのに、スマートフォンで読めない場合がしばしばあるからです。PCでは読みやすいのだろうけれど、スマートフォンでは読みにくかったり、そもそもうまく表示されなかったりするケースがあります。
    そういうとき結城は「この宣伝をした担当者は多くのユーザがこのWebサイトをどういう環境で見ようとするか考えなかったんだろうな」と想像します。これは《相手のことを考える》や《読者のことを考える》という姿勢に反しているわけですね。
    《相手のことを考える》という愛の原則は驚くほど広く応用できます。たとえばWebサイトにサポートの電話番号を書くならば、その番号に電話を掛けてみる。メールアドレスを公開するなら、そのメールアドレスにメールを出してみる。「詳しくはこちらをご覧下さい」とリンクを表示するなら、そのリンクをたどってみる。これらはすべて《相手のことを考える》態度といえるでしょう。
    具体的なWebサイトの批判が目的ではないので詳細は書きませんが、ある公共団体が運営する自然公園がありました。そこに行こうと考えて公式Webサイトを調べたところ、驚くことに「開園時間」の情報がありませんでした。さらに「駐車場の有無」ならびに「園内地図」も情報がありません。このWebサイトの作成者は、読む人が何を求めてこのWebサイトに来ると思ったのだろう……と首を傾げてしまいました。
    実は《相手のことを考える》というのは、それほどまでに難しいことなのかもしれませんね。
    私も他山の石としなければ!
    * * *
    両手を使う話。
    自分の生活の《丁寧度》を簡単にアップする方法を考えました。生活に潤いをもたらし、きちんとしたリズムと、落ち着きがやってくる簡単な方法です。
    それは「片手を使って物を持てる場面であっても、あえて両手を使う」という方法です。簡単でしょう?
    たとえばノートパソコンを取るとき。あるいは食卓のお皿を片付けるとき。誰かに本を渡すとき。コップで水を飲むとき。片手でできる場面であっても、あえて両手を使うのです。
    不思議なくらい気分が変わります。ぜひやってみてください。
    礼儀作法の心得でも似た話を耳にしたことがあります。自分が扱う物が、あたかも非常に高価な年代物で、しかも壊れやすい物であるかのように扱うのです。そうすると、自然に礼儀作法に適った所作になるんだそうです。なるほど。心と身体の関係って不思議ですね。
    そういえば、ある朝の私の体験です。
    妻が台所でスイカを小さく切って食べていたので、私は「そのスイカ、ちょっと両手で持って食べてみて」と依頼しました。
    彼女は両手でスイカを持ち直し、食べながら私を上目遣いで見ます。「こう?」
    たいへんかわいい。
    * * *
    それでは、今回の結城メルマガも、どうぞごゆっくりお読みください。
     
  • Vol.391 結城浩/感情をコントロールしたい/文章は映像に負けるのか/数学の記述で省けること/小学校の教員、数学好きを増やしたい/

    2019-09-24 07:00  
    220pt
    Vol.391 結城浩/感情をコントロールしたい/文章は映像に負けるのか/数学の記述で省けること/小学校の教員、数学好きを増やしたい/結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2019年9月24日 Vol.391
    目次
    文章は映像に負けてしまうのか - 文章を書く心がけ
    数学の記述では何を省けるか - 学ぶときの心がけ
    どうすれば感情をコントロールできるか - コミュニケーションのヒント
    小学校の教員、数学好きを増やしたい - 教えるときの心がけ
    はじめに
    結城浩です。
    いつもご愛読ありがとうございます。
    * * *
    新作の話。
    執筆中の『数学ガールの秘密ノート/学ぶための対話』は先週末に本文を脱稿し、編集部に送付しました。
    まだまだ残っている執筆作業はたくさんありますし校正も続きますが、まずは一段落です。感謝!
    残っているいくつかの執筆は今週中に仕上げていく予定。がんばりましょう。
    今回はいままでの「数学ガールの秘密ノート」とは違い、数学が苦手な新キャラ「ノナちゃん」が登場します。
    「数学を学ぶ」という内容よりはむしろ「学び方を学ぶ」や「考え方を学ぶ」という側面が強くなります。
    これから多くのことを学び始めるという中学生・高校生はもちろんのこと、保護者の方や教育に携わる方に幅広く読んでいただきたい一冊になります。
    11月刊行予定の本書、ぜひ応援してくださいね! 書店ではすでに予約が始まっております。
    ◆『数学ガールの秘密ノート/学ぶための対話』(アマゾン)https://bit.ly/hyuki-note12
    * * *
    科学史に関するクイズ(問題編)。
    科学の歴史に関するクイズです。1961年から1972年にかけて行われたアポロ計画では、有人の月面着陸に何回成功したでしょうか。以下の中から最も適切なものを選んでください。
    1回
    2回
    3回
    4回以上
    あなたもぜひ考えてみてください。正解は少し後でお知らせします。
    * * *
    Twitterのbioの話。
    Twitterには自己紹介やプロフィールを書いておく欄があります。その内容はしばしば「bio(バイオ)」と呼ばれます(biographyの略なのでしょう)。
    bioには自分の経歴、趣味、年齢、それに自分の利用方針を書いたりしますね。クリエイタなら自分の作品名を書くこともあります。
    よく見かけるのはbioに「ツイートは組織の意見を反映したものではありません」と書かれているもの。「個人としての立場としてツイートしているのに、組織の意見代表と思われたら困る」という気持ちを表現しているbioですね。
    ふと「ツイートは私の意見を反映したものではありません」という変なbioを想像してしまいました。「もしかして、アカウント乗っ取られてるのか?!」もちろん、こんなbioの人はいません……たぶん。
    ちなみに結城のbioは現在こんなふうになっています。
     『数学ガール』作者。結城メルマガとWeb連載を毎週書いてます。文章書きとプログラミングが好きなクリスチャン。気軽に絡んでくださいね。
    自分がフォローしている人のbioをときどき眺めてみるとおもしろいものですよ。「あ、この人はこんな本が好きなのか!」と気付いたり、「この人はこんな仕事をしていたんだね」と知ったり。意外な発見があるかもしれません。
    * * *
    100日を1セットでとらえる話。
    たとえば現在50歳の人が80歳まで創作活動をしたいとしましょう。単純計算で30年間ありますね。閏年とか細かいこと言わずに365を掛けると10950日。これを約10000日としておきましょう。つまり、現在50歳の人が持っている残り時間は約10000日になります。
    10000日というと大きさがピンと来ないので、
     「100日を1セットでとらえる」
    ことにしましょう。100日あったら何かしらまとまった活動ができそうですよね。1セットでまとまった活動が1個できると考える。
    そうすると残り時間10000日というのは、
     「まとまった活動が100個できる」
    と言い換えることができます。100個。さあこれを多いと見るか少ないと見るか。
    同じ計算を20歳に対して行ってみます。単純計算で残り時間は60年間。すると、100日を1セットでとらえるなら、
     「まとまった活動が200個できる」
    といえます。200個。ふーむ……
    100日を1セットとすると、1日はその1パーセントになりますね。3〜4ヶ月で1セット。1年は3〜4セット。
    自分に残された時間は何セットあるか。
    そのうちの何セットを使って自分は何をするか。
    そのように考えるのは新しい視点になりそうです。
    * * *
    科学史に関するクイズ(解答編)。
    先ほど出題したアポロ計画のクイズの話。
    選択肢のうち最も適切なものは「4回以上」です。アポロ11号から17号までのうち13号以外が有人の月面着陸に成功しています。すなわち、
     有人の月面着陸に、6回成功している
    ということになります。
    Twitterで結城が同じ問題を出題したところ、1221人が解答し、正解率は28%でした。
    1回(44%)
    2回(16%)
    3回(12%)
    4回以上(28%)
    思ったよりも正解率は低いですね。あなたは正解できましたか。
    * * *
    それでは、今回の結城メルマガも、どうぞごゆっくりお読みください。
     
  • Vol.386 結城浩/理解を確かめる/編集者との関わり/考えることに無関心な生徒/対話とマウンティング/新しいカバン/

    2019-08-20 07:00  
    220pt
    Vol.386 結城浩/解を確かめる/編集者との関わり/考えることに無関心な生徒/対話とマウンティング/新しいカバン/結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2019年8月20日 Vol.386
    目次
    どんなときに「理解できた」と感じるか
    編集者は著者の文章にどこまで手を入れていいのか - 本を書く心がけ
    考えることに関心がない生徒 - 教えるときの心がけ
    専門知識でマウント取りたがっていると思われないために
    新しいカバンと一貫性
    はじめに
    結城浩です。
    いつもご愛読ありがとうございます。
    先週はとんでもない暑さでした……
    今週はだいぶやわらいでいるようですが、それは比較しているからであって、正直暑いです……
    世の中はお盆明けでしょうか。学校の生徒さんは、そろそろ夏休みの宿題が気になる頃? 暑さに負けずがんばってくださいね。
    私は先週もいつもと変わらず仕事を続けておりました、暑かったけど!
    (さっきから「暑い」しか言ってない)
    * * *
    そ、それでは、今回の結城メルマガ、どうぞごゆっくりお読みください。
     
  • Vol.383 結城浩/能力の低さにイライラ/ストーリーが思いつかない/学ぶことのモチベーション/動機付けの多様性/心の機微を理解/

    2019-07-30 07:00  
    220pt
    Vol.383 結城浩/能力の低さにイライラ/ストーリーが思いつかない/学ぶことのモチベーション/動機付けの多様性/心の機微を理解/結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2019年7月30日 Vol.383
    目次
    能力の低さにイライラしてしまう - 仕事の心がけ
    小説執筆に憧れているがストーリーが思いつかない - 文章を書く心がけ
    学ぶことのモチベーション - 学ぶときの心がけ
    動機付けの多様性 - 教えるときの心がけ
    心の機微を理解したい - コミュニケーションの心がけ
    はじめに
    結城浩です。
    いつもご愛読ありがとうございます。
    * * *
    映画『天気の子』の話(ネタバレなし)。
    先日、彼女(妻)と二人で映画『天気の子』を観てきました。
    三年前『君の名は。』も彼女と二人で観ましたので、あれから三年も経ったんだなあとしみじみ感じながら、新海誠監督の美しい画面と、RADWIMPSの音楽を堪能してきましたよ。
    私たちが観たのはシネコンの中でも小さなスクリーンでしたが、スクリーンの大きさはまったく気にならず楽しめましたね。
    ◆映画『天気の子』公式サイトhttps://tenkinoko.com/
    映画公開に合わせてだと思いますが、アマゾンのプライムビデオでも新海誠監督作品が無料で視聴できるようになっていますね。結城は連作『秒速5センチメートル』の二つ目「コスモナウト」が大好きです。
    ◆『秒速5センチメートル』(アマゾンプライムビデオ)https://amzn.to/312pVew
    また「靴を作る」というメタファーが切なくも美しい『言の葉の庭』もいいですね。
    ◆『言の葉の庭』(アマゾンプライムビデオ)https://amzn.to/32WvkFD
    * * *
    仕事の種まきの話。
    「仕事の種まきをする」という表現があります。
    すぐに収入にはならないし仕事にも結びつかないけれど、将来になって芽が出て花が咲き実がなることを期待する活動のことです。
    ところで、いったん種が育って実を取り入れるころになると、自分が種まきしたときのことを忘れていることが多いもの。何だか昔から育っていた気分になるのです。あるいは、自分が最初から実がなることと確信して活動していたような錯覚に陥ることもあります。
    昔から大きい実がなっていて、最初からすべてがうまくいって、紆余曲折がなくスッと成功した……そんな気になってしまうのです。
    それって、きっとまちがった認識ですよね。
    いまは実を取り入れているけれど、昔はただの種だったことを思い出しましょう。育った種もあれば、そうでない種もあります。最初から大きな実がなる種だけをまいていたのではないことを忘れないようにしましょう。
    しっかり、思いだす。
    しっかり、覚えておく。
    さもないと、次の種まきに失敗するからです。
    * * *
    タバコの話。
    先日、公園でCMみたいな一場面に出くわしました。
    小さな孫娘に久しぶりに会ったらしいおじいちゃん。抱っこしたとたん「おじいちゃんタバコくさい!」と孫娘に嫌われていました。
    おじいさん、しょぼん……
    でも実際、タバコを吸っている人は吸っていないときも「タバコのにおい」がしていることがあります。
    電車で隣に座った人からタバコのにおいがしてびっくりしたけれど吸っているわけではない、ということが何回かありました。
    煙だけじゃないんですよね。
    * * *
    ちゃんと読めばわかるのかしら、という話。
    「数式まじりの文章はなかなか読めない」という状態を画像で表現してみました。
    ◆Statements.
    数式まじりの文章がこんなふうに「わけがわからないもの」に見えている人も多いだろうな、と想像します。こんなふうに見えている人に対して、やみくもに「ちゃんと読みなさい!」と言ったり、「しっかり読めばわかるでしょ!」と言ったりしてもしょうがありませんね。
    少しずつ解きほぐしたり、恐怖感をやわらげたり、読める部分を探したり……そんな工夫なしに「ちゃんと読みなさい!」と言われても、どうしようもありません。
    学ぶ人の状態を知らないことには、的確な指導はできないでしょうねえ。学校の先生の努力には頭が下がります。
    * * *
    人間関係を壊さないための投資の話。
    ずいぶん昔の話です。
    出かけていた彼女と駅で夕方待ち合わせて買い物して帰るという場面がありました。
    その日の私はたまたまコーヒーを飲み過ぎていて気分がやや悪く、しかも夕方で疲れていました。しかもノートパソコンの電池が少ない中で編集部と細かいやりとりをしていたところに、彼女から帰宅時間の通知が来たのです。
    カフェイン摂取多め。血糖値低め。バッテリー少なめ。仕事多め。その状態で、疲れた私が疲れた彼女を迎える……
    (ここで思案)
    私は、彼女と会う前にコンビニで小さなスイーツを買ってモグモグ。
    ふう、と一息つく。血糖値アップ。
    疲れた彼女をにこやかに迎え、買い物を二人でなごやかにすませて帰宅することができました。
    帰宅するまでのあいだには、駐車券の紛失や、待ち合わせ場所の誤認や、重い荷物の倍増や、サービスカウンターの大混雑……といった障害があったにも関わらず、私は彼女の疲れを増す失言をしないで済みました。疲れながらも二人でねぎらいつつ帰宅できたのです。
    私の人徳ではありません。
    あのときの「小さなスイーツを買ってモグモグ」が大正解でした。
    人間関係を壊さないための投資、129円(税込)。
    * * *
    では、今回の結城メルマガも、どうぞごゆっくりお読みください。
     
  • Vol.380 結城浩/緊張と体調不良/ほめることが苦手/漢字とひらがなの使い分け/思考の言語化/人に相談できない/

    2019-07-09 07:00  
    220pt
    Vol.380 結城浩/緊張と体調不良/ほめることが苦手/漢字とひらがなの使い分け/思考の言語化/人に相談できない/結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2019年7月9日 Vol.380
    目次
    緊張と体調不良
    ほめることが苦手 - 教えるときの心がけ
    漢字とひらがなの使い分け - 本を書く心がけ
    思考を言語化するのが苦手
    辛いときや悲しいときでも人に相談できない - コミュニケーションのヒント
    はじめに
    結城浩です。
    いつもご愛読ありがとうございます。
    今回の結城メルマガも、どうぞごゆっくりお読みください。
    緊張と体調不良
    質問
    作業に集中したり、ストレスを感じる環境にいたりすると、身体が緊張して、あとから肩こり・首こり・頭痛といった体調不良に悩まされます。
    結城さんはそのようなことはありますか。もしあれば、対処法をお聞かせ願いたいです!
    自分では温める、ストレッチするくらいしか思いつきません。
    回答
    ご質問ありがとうございます。
    私は以前たいへんな頭痛持ちでしたが、肉類よりは野菜類を多くとり、ヨーグルトなどでお腹の調子を整えるようになってから、頭痛はほとんどなくなりました。
    体を冷やしたり疲れたりすると、私の場合には喉が痛くなります。喉の痛みは私の体調をはかる指標になります。
    対処法というほどではありませんが「あ、何だか変かも……」と思ったら「すぐに葛根湯を一包飲む」ようにしています。携帯しやすいスティック型のものを箱買いして、つねに数本持ち歩いています。
    葛根湯を飲んで少し経つと身体が温まり急激に喉の痛みが引いて楽になるのがわかります。外に出ているときに身体を温めるのは難しいので、葛根湯はとてもいいですよ。水分を多めにとります。
    家にいるときには葛根湯の他に「お腹にドライヤーの温風を当てる」という対処法もよくやります。体調が崩れかけているとき、とても効くんです。
    私は洗面所だけじゃなくて寝室にもドライヤーを常備しています。旅行用の小型ドライヤーを「お腹あたため専用ドライヤー」としているのです。気分が低調なとき、夜眠る前、朝起きて何となく気分が乗らないとき、どんなときでもドライヤーの温風をお腹や背中や太ももやお尻に当てるとすごくいいです。もしやってみるなら火傷には注意してくださいね。
    外でも自宅でも、ストレスを感じたり疲れたりしたときには「目を閉じる」という対処法もなかなかいいものです。十分でも、五分でも、それが難しいならたとえ一分でもいいから目を閉じてぼうっとするのです。眠りこむのが恐いなら数分後にタイマーをセットします。これは驚くほど気分が変わります。
    なお、私は医者ではありませんし、健康に関わる話ですので、以上はあくまで「私の場合の話」です。試す場合にはご自身の判断でお願いします。
    ご質問ありがとうございました。
     
  • Vol.377 結城浩/やりたいことが思いつかない/実力を越えた問題/手順の暗記/通学制の大学に行くか迷う/再発見の発想法/

    2019-06-18 07:00  
    220pt
    Vol.377 結城浩/やりたいことが思いつかない/実力を越えた問題/手順の暗記/通学制の大学に行くか迷う/再発見の発想法/結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2019年6月18日 Vol.377
    目次
    知りたいことはあるけれど、やりたいことが思いつかない
    実力を越えた問題に挑戦することの是非 - 教えるときの心がけ
    手順の暗記とモデルの操作 - 学ぶときの心がけ
    通学制の大学に行くか迷う - 学ぶときの心がけ
    通知 - 再発見の発想法
    はじめに
    結城浩です。
    いつも結城メルマガをご愛読ありがとうございます。
    * * *
    サイン本無料プレゼントの話。
    先週もアナウンスしましたが、7月刊行予定の最新刊、
     『数学ガールの秘密ノート/ビットとバイナリー』
    の《サイン本無料プレゼント》の企画を行っています。
    この《サイン本無料プレゼント》はもうすっかり恒例となった、結城が個人的に行っている企画です。以前は「新刊を宣伝して下さった方」という条件を付けていたのですが、現在はそういう条件はなく、応募するためには単に応募するだけでOKなのです!
    〆切は2019年7月1日。どうぞご応募忘れがありませんように!
    ◆『数学ガールの秘密ノート/ビットとバイナリー』《サイン本無料プレゼント》https://snap.textfile.org/20190610093524/
    今週は、再校ゲラが届く予定です。いよいよ執筆&校正も終盤に入りました。最後まで気を抜かないようにがんばります。
    ◆『数学ガールの秘密ノート/ビットとバイナリー』https://bit.ly/hyuki-note11
    * * *
    「机上空論」の話。
    質問:一個の机の上に同じ型の机を何個まで積めるか、という問いは机上空論なのでしょうか。
    回答:机上机を積むのは屋上屋を架す典型ですね。こんなふうに二つの軽口を並べたときに何が起こるかはよく知られていて空論の法則といいます。
    (注意:この質問と回答はどちらも意味のない軽口です)
    * * *
    良い本を選ぶコツの話。
    質問:大きな書店で良い本を選ぶコツはあるでしょうか。
    回答:これは簡単です。
    単に「良い本」ではなく「私にとって良い本」を選ぼうと心がけることです。言い換えるなら、どこかに絶対的な基準があって「良い本」があるのではなく、現在の自分にとって良い本を探すという意味になります。
    大きな書店の場合には本がたくさんあって迷いますよね。でも、大きな書店では「読み比べ」ができるというメリットがあります。自分が探している分野の本の中で読み比べを行うことで「私にとって良い本」を探しやすくなります。
    ここでも、結城がよく書く《相手のことを考える》という愛の原則が有効になります。この場合の「相手」は自分ですけどね。《自分の理解に関心を持つ》という学びの原則を忘れていないなら、それほど難しくはありません。
    たとえば勉強の参考にする本だったら、少し読んでみて「正直、この本で自分の理解は深まりそうかなあ」と考えるのです。
    「そもそも自分はどうして本を探そうとしているんだっけ。どんなことが書かれている本を探しているんだっけ。どんな本を求めているんだろう」という問題意識を心に持った上で、本屋さんの棚の前に立つのです。
    世界中でたった一人のスペシャルなあなた。現在のあなたにとっての良い本と出会うことができますように!
    * * *
    それでは今回の結城メルマガも、どうぞごゆっくりお読みください。
     
  • Vol.376 結城浩/人と楽しく話す/数学的な図版/言語化が苦手/線型代数を学ぶ意味/プログラミングを初学者に教える/魅力とは/

    2019-06-11 07:00  
    220pt
    Vol.376 結城浩/人と楽しく話す/数学的な図版/言語化が苦手/線型代数を学ぶ意味/プログラミングを初学者に教える/魅力とは/結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2019年6月11日 Vol.376
    目次
    人と楽しく話す方法 - コミュニケーションのヒント
    数学的な図版をどう作るか - 本を書く心がけ
    イメージを言語化するのが苦手
    線型代数を学ぶ意味 - 学ぶときの心がけ
    プログラミングを初学者に教えるには - 教えるときの心がけ
    魅力とは何だろうか
    はじめに
    結城浩です。
    いつも結城メルマガをご愛読ありがとうございます。
    新刊の話。
    『数学ガールの秘密ノート/ビットとバイナリー』は出版に向けて少しずつ作業が進んでいます。
    先週は編集部で初校ゲラの読み合わせがありました。編集者と椅子を並べて座り、初校ゲラ用紙を机に置き、一ページずつめくっていくのです。今回は私が事前にファイル整理を済ませていたので、思ったよりも短時間で終了しました。
    「読み合わせ」についてはずいぶん以前(Vol.028)になりますが、この「結城メルマガ」でも簡単にご紹介したことがありますね。この記事から7年近く経過しました(!)けれど、現在でも同じような方法で進めています。
    ◆書籍の品質を向上させる「読み合わせ」の進め方(本を書く心がけ)https://mm.hyuki.net/n/n24cc7c12d4f5
    今後の予定としては、来週に再校ゲラ到着、再来週に再校読み合わせ、そして7月の3週目ごろに刊行になります。いよいよです!
    ◆『数学ガールの秘密ノート/ビットとバイナリー』https://bit.ly/hyuki-note11
    それから恒例となりました《サイン本無料プレゼント》の企画も開始しました! あなたもぜひご応募ください。
    ◆『数学ガールの秘密ノート/ビットとバイナリー』《サイン本無料プレゼント》https://snap.textfile.org/20190610093524/
    * * *
    古本購入の話。
    先日、伝統のある出版社から刊行されている古典的な数学書を買おうと思いました。仕事の都合上、すぐに調べたい本なので電子書籍があるといいなと思ったものの、あまり電子書籍に力をいれてなさそうな出版社なので、もしかしたらないかもしれないなあと思って検索。
    ところが、その古典的な数学書は、電子書籍になっているどころか「版元品切れ」になっていました。たいへんがっかりです。しかたがないのでアマゾンのマーケットプレイスで買いました。定価の倍の値段がしましたが、仕事で必要なものなのでしょうがないですね。
    とにかくすぐに入手したいというのは私の希望であり、その希望には市場原理が働くので、値段が高くなるのは避けがたいでしょう。数日かけて探せば、どこかの古本屋でもっと安い本が見つかるかもしれません。でも高くてもすぐに買える方を選ぶことが多いです。それは「自分の時間を買っている」のだと考えているからです。
    私は本を書いて生活していますし、古本屋やマーケットプレイスで買っても著者にお金が1円もいかないことを知っています。ですから、私の心がけとしては、たとえ古本が安くても新品が買えるなら新品を買います。それは著者に利益還元するためです。しかしながら、存在しないものは買えません。
    ですから「出版社さん、どうか古典的な本を品切れにしないでほしい。せめて電子書籍で置いてほしい」というのが私の正直な気持ちになります。出版社には出版社で言い分があるのでしょうけれど。
    * * *
    数学に興味を持ったきっかけの話。
    「結城先生が数学に興味を持たれたのはいつ頃なのでしょうか。きっかけなどはありますか」という質問をいただきました。
    数学というか、理系っぽいことには昔から興味はありました。理科教師の父の影響が大きいと思います。父からは多くのことを学びましたね。以前の「結城メルマガ」で詳しく書きました。
    ◆父から学んだ「教える」ということ[Part 1](教えるときの心がけ)https://mm.hyuki.net/n/n478ee16c8dc7
    ◆父から学んだ「教える」ということ[Part 2](教えるときの心がけ)https://mm.hyuki.net/n/n10830453d0c8
    ◆父の思い出 - TK-80 -http://www.hyuki.com/dream/tk80.html
    自分の父という存在は一人しかいません。だから、実際のところ父の影響がどれだけ大きいのかを推し量るのは難しいです。「別の父だとしたら」と想像するしかないためです。しかしながら、年経るごとに父の影響は大きいなあとしみじみ思います。
    * * *
    それでは今回の結城メルマガも、どうぞごゆっくりお読みください。
     
  • Vol.369 結城浩/塾講師、生徒におもしろさを伝えたい/多種多様な仕事をこなす/数学のポスドク、将来への不安/メタ認知/

    2019-04-23 07:00  
    220pt
    Vol.369 結城浩/塾講師、生徒におもしろさを伝えたい/多種多様な仕事をこなす/数学のポスドク、将来への不安/メタ認知/
    結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2019年4月23日 Vol.369
    目次
    数学のポスドク、将来への不安
    多種多様な仕事をどうやってこなすか - 仕事の心がけ
    塾講師、生徒におもしろさを伝えたい - 教えるときの心がけ
    知ったことをどう記録するか - 学ぶときの心がけ
    メタ認知を教えたい - 教えるときの心がけ
    はじめに
    結城浩です。
    いつも結城メルマガをご愛読ありがとうございます。
    最近はずっと『数学ガールの秘密ノート/ビットとバイナリー』に取り組んでいます。
    先週末にようやく第3章までレビューアさんに送付が済みました。後半戦もがんばって進めます!
    ◆『数学ガールの秘密ノート/ビットとバイナリー』https://bit.ly/hyuki-note11
    * * *
    インタビューの話。
    技術評論社の技術誌WEB+DB PRESS Vol.109に掲載された結城浩のインタビューがWebで公開されました。インタビューしてくださったのは竹馬光太郎さんです。
    執筆一本で食べていけるのか?
    「無駄」な作業が良い本を生む
    技術書典は書き手と読み手をつなぐ
    「読者」というテキスト処理系
    良い文章を書く原則はたった一つ
    という内容が含まれていますので、ぜひお読みください。
    ◆「at the front―前線にて」第3回「筆一本はいかにして実現したか?……」http://gihyo.jp/dev/serial/01/at-the-front/0003
    * * *
    では今回の結城メルマガも、どうぞごゆっくりお読みください。
    数学のポスドク、将来への不安
    質問
    大学院で数学のポスドクをしています。
    今までは大学に残り研究を続けるつもりでしたが、最近このままで良いのだろうかと思うようになっています。
    現在収入が少なく経済的に不自由になっていることや、ポストの少なさなどアカデミアの将来への不安が主な理由です。一つの分野に閉じこもってしまうこと自体への不安もあります。
    一方で研究自体は楽しく感じています。数学以外にも興味のある分野はありますが、たとえばもし企業に入ったとして今以上に好きなことができるかどうかわからないのです。
    今後の生き方について指針となる言葉を頂ければと思います。
    回答
    ご質問ありがとうございます。
    将来は見えないのでどうしても不安になるものですよね。
    とにもかくにも、まずは「情報収集」ではないでしょうか。たとえばあなたが念頭に置いている企業に知人はいないでしょうか。
    経済的な不安についても同様に「情報収集」です。まずは概算でもいいから年齢と能力と相場を考えつつ、自分の今後の収支を予測するところから。出回っている情報を鵜呑みにしないように注意しながら「情報収集」です。私自身はアカデミアにいたわけでもありませんし、会社勤めをしていたのはずいぶん以前のことなので、具体的な情報は提供できません。ごめんなさい。
    研究自体を楽しく感じていることはたいへん結構なことだと思います。ただ、それと同時に、自分の人生を長い目で見るスタンスも必要になります。あなたにご家族がおありになるか不明ですが、もしいらっしゃるなら、今後のことについて時間を取り、よく話し合うのは必要です。
    ともあれ、いろんな方と話してみることは悪くありません。「そもそも私はどんなふうにこれから生きていきたいか」が他者との対比の形で明確になる部分もあると思います。
    がんばってくださいね。
    後日、質問主さんから届いた文章
    以前「将来が不安なポスドク」として質問させていただいた者です。
    今回は質問ではありませんが、お礼も兼ねてそれからのことを報告させてください。
    情報収集が大切だとのことだったので、大学の相談窓口や就職サイトなどを利用して情報を集めるようにしました。
    その結果、自分と合う企業でアルバイトをさせてもらったり、また進路についても「自分にできそうなこと」「自分がやりたいこと」が明確になりました。
    運の良いことに、任期付きではありますがしばらく数学の研究を続けられることになったので、もうしばらくは研究をするつもりです。
    ですが、色々な人と話したおかげで、さらに先の人生についての不安はかなり少なくなったと感じています。
    アドバイスありがとうございました。
     
  • Vol.368 結城浩/高校生の息子にメッセージ/客観性を身に付ける/数学的概念で遊ぶ/会話の話題/再発見の発想法/

    2019-04-16 07:00  
    220pt
    Vol.368 結城浩/高校生の息子にメッセージ/客観性を身に付ける/数学的概念で遊ぶ/会話の話題/再発見の発想法/結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2019年4月16日 Vol.368
    目次
    客観性を身に付けるにはどうするか
    高校生の息子にメッセージを伝えたいが聞いてもらえない - 教えるときの心がけ
    数学的概念で遊ぶとはどういうことか - 学ぶときの心がけ
    会話をしたいけれど話題が見つからない - コミュニケーションのヒント
    実らなかった恋
    モックアップ - 再発見の発想法
    はじめに
    結城浩です。
    いつも結城メルマガをご愛読ありがとうございます。
    最近はずっと『数学ガールの秘密ノート/ビットとバイナリー』に取り組んでいます。
    第2章まではレビューアさんに送付が済み、現在は第3章の半ば。脱稿まではちょうど折り返し点くらいでしょうか。
    すでにアマゾンでは予約が始まっていますし、気持ちとしては4月中にすべてを仕上げたいところです。しかし、あわてずあせらず、じっくりと進まなくては。
    ◆『数学ガールの秘密ノート/ビットとバイナリー』https://bit.ly/hyuki-note11
    * * *
    コンビニの話。
    先日コンビニに寄ったら、中学生くらいの女の子がスイーツの棚の前で目を輝かせながら「うっわ〜どれにしよっかな〜」と声に出していました。かわいいですね。
    ふと思ったんですが、イラスト描ける人って、こういう場面を見たら一枚絵をきっと作れますよね。そういうの、うらやましいと思います。
    * * *
    スーパーの話。
    スーパーでセロリを買うとき、とても幸せな気持ちになります。
    幼少期に、セロリから可愛がってもらった記憶が蘇るからでしょうか。
    結城栽培。
    * * *
    いっしょに生活する話。
    先日、子供が早朝から出かけるというので、いつもよりずっと早く起きて朝食を用意していました。
    ところが、起きてきた子供が「ごめん今日は遅く出る日だった」と言い出したのです。
     私「いやいや、そりゃないよね。遅く出る日だといつわかったの?」  子「昨日の夜」  私「だったら、なぜそのとき言わないの」  子「だって、お父さんもう寝てたから」  私「私にメッセージ送っておけば、お父さんが起きたときにそれ見て、またすぐ寝られたじゃん!」  子「その発想はなかった」  私「それに気付いてほしい。いっしょに生活してるんだから、相手のことを考えよう」
    * * *
    ランダムの話。
    何十年も前のこと、ある混乱した開発プロジェクトに関わるお手伝いをしました。
    そこでは、作業項目がたくさん集められていましたが、数がたくさんありすぎてどうしていいかわからなくなっていました。ろくに分類もされておらず、カオス状態。
    状況に対処するため、私が思いついた方法は「ランダムにピックアップする」というものでした。ランダムサンプリングの一種ですね。全部を調べたり、端から順に試したりする前に、まずは処理可能な個数だけ作業項目をランダムにピックアップし、全体の傾向を調べてはどうかと提案しました。
    残念ながら、既存チームの方からは一笑に付されてしまったのですが、いまでもあれはいい方法だったと思っています。
    「ランダムにピックアップする」というのは非常に重要な手法です。それはでたらめな方法ではなく、ちゃんとした意味があります。ランダムに選べば、より大きな割合を占めるものを選ぶ確率は高いからです。つまり、全部を自分が精査するまでもなく「多数派が自動的に選ばれる」といえます。
    もちろん、すべてを精査して「重要なもの」「大きな割合を占めるもの」「必須のもの」を選び出せればそれに越したことはありません。しかし、それには時間的・労力的なコストが掛かります。
    「ランダムにピックアップする」ならば、超・低コストで次のステップに進めます。「ランダムにピックアップする」という手法を覚えておくといいですよ。
    * * *
    ハッピーナンバーの話。
    まずは、好きな正の整数を選んでください。
    そして「その数を構成している各桁の数字を2乗して足し合わせる操作」を繰り返してください。
    すると、何から始めたとしても最終的に「1になる」か「8個の数をぐるぐる繰り返す」ことになるのだそうです。びっくりですね。
    たとえば、32から始めるとしましょう。
    3の2乗と2の2乗を足し合わせて、9+4=13になります。
    1の2乗と3の2乗を足し合わせて、1+9=10になります。
    1の2乗と0の2乗を足し合わせて、1になりました。
    たとえば、314から始めると、 314 → 26 → 40 → 16 → 37 → 58 → 89 → 145 → 42 → 20 → 4 → 16 → … となって、16,37,58,89,145,42,20,4という8個の数をぐるぐる繰り返します。
    以下に、自分で試すためのRubyスクリプトを置きました。
    ◆sqsum.rb - Squared digit sumを確かめるhttps://gist.github.com/hyuki/90b40e37cb6a5a2d049a78db8d1d2376
    以下のブログ記事も参照してください。
    ◆Squared digit sumhttps://www.johndcook.com/blog/2018/03/24/squared-digit-sum/
    なお、最後に1になる数のことを「ハッピーナンバー」と呼ぶらしいですね。
    ◆Happy numberhttps://en.m.wikipedia.org/wiki/Happy_number
    * * *
    では今回の結城メルマガも、どうぞごゆっくりお読みください。
    客観性を身に付けるにはどうするか
    質問
    結城さんこんにちは。
    私は自分を客観視することが苦手です。さまざまな場面(会話、人間関係、優先順位の決定、進路選択、自己分析など)で、いま自分はどのような立ち位置にいるのかが分からず、パニックに陥ってしまいます。
    客観性というものは、どうしたら身につけられるのでしょうか。
    回答
    ご質問ありがとうございます。
    あなたがおっしゃる場面で、冷静で客観的な判断をしようとする場合、結城は頭の中で考えるだけではうまく行かないですね。たいていはコンピュータや紙を使って「書く」という作業をします。考えていることを書く。そしてそれを読む。その二つのステップを踏まないと客観的に考えることは難しいです。
    あなたも状況が許すなら「書く」という作業を試してみてください。慣れないと、紙に「書く」というのは馬鹿馬鹿しく感じたり、すでにわかっていることを書いて何の役に立つのかと思ったりしがちです。でも、やってみるとかなり有効ですよ。
    あなたのご質問の中で「客観性を身につける」という話題が出て来ました。そのように表現すると、まるで自分がそのスキルを身につけると常時自分を客観視できると感じてしまいます。でも、それはちょっと違うと思います。
    感情的・主観的に行動するタイミングと、ふと冷静になって自分を客観視して「さっきのあれはまずかったぞ」と振り返るタイミング。その両方があるのが普通ではないでしょうか。常に冷静で客観的に行動してるように見える人はたまにいますけれど、それはもしかすると、切り替えがうまいのかもね。
    自分を客観視するというスキルは、自分の現在の行動を「ストップするスキル」と、そこからおもむろに自分を「振り返るスキル」の融合体なのかもしれません。
    あなたの質問の中にあった「さまざまな場面」には、リアルタイムな反応が必要なものと、時間を掛けてじっくり考えるものが混ざっています。どちらの場合でも、自分が「常に」客観性を保っている必要はありません。感情的・主観的なときと冷静になって客観視するときとを往復させるつもりでいいと思いますよ。
    あなたに当てはまるかどうかわかりませんが、関連する話題を少し書きます。「客観的に見る」のは「正解を見つける」のとは違います。いまこの場における「正解」を必ず見つけなくてはならないと考えたら、頭も心も動きません。「客観的に見る」というのは「正解を見つける」ことではなく、現在の状況をもとにして確かにいえる事実を積み重ねることです。
    パニックになったときに使える方法の一つは「自分は現在、うまく考えがまとめられず、パニックになっています」と唱えることです。私はよくこの手を使います。人と話すときに緊張がほぐれない場合に「自分は現在、緊張していてどうしたらいいかわからないようです」と言ってしまうのです。それは現在の状況をもとにして確かにいえる事実なので、パニックになっていてもスッと言葉にできるのです。
    自分一人で考えて混乱に陥ったときも使えます。「うーん、自分は混乱しているぞ」と言葉にします。そうやって言葉にした瞬間に、自分は自分のことを客観視し始めているともいえます。「混乱している自分」を自分が観察しているわけですから、まさに客観視です。そこから「なぜ混乱しているのだろう」や「混乱を止めるために順序立てて考えてみよう」と自分に言い聞かせて進むのです。言葉にすることで、パニックし混乱している自分を「ストップ」して、そこから態勢を立て直して「振り返る」のです。
    人によっては会話で生まれる空白の時間が恐い人もいます。意味のあることを次々に言わなければいけない! しかもそれは客観的な意見でなくてはいけない! 主観的な言葉を出してはいけない! と考えていると簡単に処理能力を越えてしまいます。もしもそうなりがちな場合には、前もって「自分のために時間を確保するセリフ」を用意しておくといいです。「うまく言葉にならないので、少し考えさせてください」や「すぐには答えられませんので、ちょっと待ってください」のように。そうやっていったん状況を「ストップ」するのですね。
    あなたの質問と、そこから関連して思ったことを書きました。何かの参考になればうれしいです。
    ご質問ありがとうございました。
     
  • Vol.359 結城浩/職場を選ぶとき/気になる異性/共同執筆を支える技術/教える側が最初に伝えるべきこと/専門書の読み方/

    2019-02-12 07:00  
    220pt
    Vol.359 結城浩/職場を選ぶとき/気になる異性/共同執筆を支える技術/教える側が最初に伝えるべきこと/専門書の読み方/結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2019年2月12日 Vol.359
    目次
    共同執筆を支える技術 - 文章を書く心がけ
    気になる異性の注目を集めたい
    教える側が最初に伝えるべきこと - 教えるときの心がけ
    専門書の読み方 - 学ぶときの心がけ
    職場を選ぶとき、就職や転職を決断するときには何が重要か - 仕事の心がけ
    はじめに
    結城浩です。
    いつも結城メルマガをご愛読ありがとうございます。
    寒いです。
    このあいだまで「確かに暖冬だなあ」や「あまり冬という感じがしない」と思っていたのがウソのようです。
    寒いです。
    気温の変化、気候の変化、気圧の変化は、心と身体に負担になるので注意しつつ進みたい今日このごろです。
    あなたも、どうぞお身体を大事にしてくださいね。

    * * *

    ファンタジーの効用の話。
    先日私は、とあるお店で「○○味噌」を探していました。愛用している特定の銘柄のお味噌です。いつもはこのお店にあるのですが、今日は見つかりません。
    そこで店長さんに尋ねました。以下、私と店長さんとの会話。
     私「〇〇味噌が棚にないんですが、在庫もないんですか」  店長「ないですねえ」  私「いつ入荷しますか」  店長「すみません」  私「いつ入荷しますか」  店長「今週は入りませんねえ」  私「来週は入りますか」  店長「ご迷惑おかけします」  私「来週は入りますか」  店長「売り切れておりますので…」
    私は○○味噌の入荷時期を知りたかったのですが、店長さんはかたくなに入荷時期を言いません。もしも来週に入荷するなら待つけれど、入荷しないなら別の味噌を購入したい。ところが、入荷時期がわからなければ判断できません。
    どうしてこの店長さんは入荷時期を言わないのだろう!と解せない気持ちになりました。
    それと同時に、こんなふうに思いました。
    もしかしたら、この店長さんは幼少期に「お味噌の入荷時期を言ってはいけない魔法」を悪い魔女からかけられてしまったのかもしれない! だとしたら、入荷時期を言わないのも納得だなあ……
    「お味噌の入荷時期を言ってはいけない魔法」というのは、グリム童話の「いばら姫」(眠れる森の美女)の物語に似ていますね。お城の地下室にはお味噌が醸してある。そこに入った幼少期の店長はついうっかり蓋を開けてしまう……などと空想が広がりました。悪い魔女の造形は実写版のディズニー映画『マレフィセント』で行きましょう。
    そのようにファンタジー風味で考えると、コミュニケーションのイライラが緩和されるのでお勧めです。
    不思議なことに、この店長さんとの会話を続けているうちに、店長さんの様子から「入荷時期は来週になることがほぼ確実だけど、もしかしたら再来週になってしまう可能性もある。どちらになるか確実なことはいえない」という気配を感じ取ることができました。人間のテレパシー能力ってすごいです。
    ところで内緒の話ですが、私も編集者さんからの問いに対して、この店長さんと同じような返答をする場合があることに気付きました。
     編集者「いつ脱稿になりますか」  私「だいぶコアになる部分はつかめてきました」  編集者「いつ脱稿になりますか」  私「あとはこの章を突破すれば」  編集者「いつ脱稿になりますか」  私「えーと……」
    私は幼少期に「脱稿時期を言ってはいけない魔法」を悪い魔女から(以下略)。
    真面目な話をすると、入荷時期を聞かれた店長さんと、脱稿時期を聞かれた私とは同じ誤りに陥っています。それは自分を守る方に意識が向かい、質問者のことを考えられなくなっているという誤りです。質問者は状況を知りたいと思っている。もちろん早いに越したことはないけれど、状況がわからないことには判断を下すことができない。でも回答者は質問者の意図にまで気を回すことができず、口ごもってしまう。そういう誤りですね。
    結論? ○○味噌は、次の週に無事入荷しましたよ!
    めでたし、めでたし。

    * * *

    では、今回の結城メルマガを始めましょう。
    どうぞごゆっくりお読みください。
    共同執筆を支える技術 - 文章を書く心がけ
    ブログ記事の紹介です。
    『ゼロからわかるRuby超入門』(五十嵐邦明+松岡浩平)という書籍の著者の一人、松岡さんが、Qiitaで「執筆活動を支える技術」という記事を公開しています。
    ◆執筆活動を支える技術https://qiita.com/machu/items/4a133e83f58f82459e56
    ◆『ゼロからわかるRuby超入門』https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B07KQXFF6D/hyuki-22/
    この記事では「複数人が共同して作業をするためにどのような技術を使ったか」が以下の四ステップに分けられて具体的に書かれています。
    原稿を書く (Asciidoc, Atom, Visual Studio Code)
    共有する (GitHub, Slack)
    HTML/PDF形式に変換する (Rakefile, CircleCI)
    限定公開する (docker, nginx)
    この記事は、書籍執筆者、編集者、技術文書の関係者は必見でしょう。簡潔ではありますが、どんな道具をなぜ使ったかという知見が書かれています。たとえここに書かれていることが自分の環境では実現できなくても、その精神や考え方を自分の執筆・編集作業に取り入れることは有益でしょう。
    この記事を見ていると、技術の力は個人のパワーを増幅させて、さらに技術を使える人が複数人集まるとそのパワーがさらに何倍にもなるということがよくわかります。
    この記事を読みながら、大事なのは「Slackを使ったからうまくいく」や「GitHubを使ったからうまくいく」という話ではないのだろうと思いました。「執筆者たちが自分たちのワークフローを考え、適切なツールを選んだからうまくいく」ということではないでしょうか。
    この記事のあちこちに「この技術を選んだ」や「こういうやり方もできるが、それは選ばなかった」ということが書かれています。そのような選択ができること自体が技術力の一つでもあるなと思いました。技術力があるというのは、自分たちには何が適切なツールなのかを判断できるということでもあるのです。
    また、執筆者たち・イラストレータ・編集者との間に信頼関係があるから、この記事に書かれているようなコミュニケーションがうまくいくのだろうとも思いました。それは、記事中に示されたやり取りの例を読みながら感じたことです。ある程度以上の信頼関係がなければ、いくらツールを揃えてもこうはいかないでしょう。
    そもそも「今回私たちはこういうやり方で執筆を進めました」という記事を書けること自体がすごいことです。なぜなら、執筆の内容を意識するだけではなく、執筆の進め方も意識している証拠ですから。プログラミングが得意な人は、そのようなメタな発想が得意な人が多いと私は感じています。
    ◆執筆活動を支える技術https://qiita.com/machu/items/4a133e83f58f82459e56
    なお、以下はイラスト担当のべこさん(@becolomochi)視点からの別記事です。
    ◆Ruby超入門のかわいいキャラクターたちが生まれるまでhttps://note.mu/becolomochi/n/nbfac9ad3a8d0