• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 1件
  • モテる人がすること、しないことーヴァージニア大研究から

    2019-04-27 11:50  
    300pt
    ★モテる人がすること、しないこと★ヴァージニア大研究からモテる人のしぐさと態度とは
     
    もともとモテるからとか、モテたいと思っていないという人もいるかもしれませんが、モテに関する話は結局は対人魅力の話です。
    人と対峙した時に、対人魅力としてどのようにして魅力的に見せるかという話ですから、同性異性関係なく使えるものです。彼氏彼女がいるという人も、すでに結婚している人も参考になるような内容です。
    科学の面白さは意外な事実が分かったという時でもあります。
    例えば、一般的にはイケメン美女の方がモテる皆考えると思いますが、心理学的に調べてみるとイケメン美女がモテるのは3ヶ月目までで、それ以降は親切さの方が重要だということをよく紹介してますが、このような一般的な事実とは異なる事実が見えてきたりします。この事実をつかんでおくことが大事です。それにより他の人が知らない事実を知っているわけですから、自分はどこに注力をするのが効率が良いかということを考えることもできます。
    脈があるかないかを見抜く能力が高い人と低い人がいます。
    この能力が低い人は、明らかに脈がない相手に一生懸命にお金やリソースを費やしてしまいます。恋愛でも仕事でも明らかに無理なところにしがみついてしまうようになります。切り替えて次に行くということをしないので人間関係が難しくなってしまいます。
    人間関係を整理することが苦手な人がいますが、悪い関係を切れないのは、新しい出会いを見つける力がないからです。
    自分に気がある人を見抜く能力を持っている人は、非常に少なく、男性は好かれてもいないのに好かれているとポジティブに勘違いしてしまい、女性は好かれているのに好かれていないとネガティブに勘違いします。
    ▼脈ありになりやすい場所とは
    脈あり脈なしを見抜くことも確かに大事ですが、かといってそれがなかなか難しいものです。
    様々な研究によりどのような場所に行くと皆さんが脈ありになりやすいかということはわかっています。脈ありになりやすい人はそもそも出かける場所から違ったということです。
    まずはそういったことから理解し変えていきましょう。
    皆さんが見た目に自信があるのか、それとも知性に自信があるのか、どちらで勝負をするのかによって皆さんが行くべき場所が変わってきます。
    2010年にエジンバラ大学が4000人の男女を集めランダムにペアを組ませて3分間の短い会話をひたすら行わせるという実験を行っています。2つのグループに分けて・・・
    10人の異性と会話をしてもらったグループ
    20人の異性と会話をしてもらったグループ
    それぞれ終わった後に気に入った相手のどこに一番魅力を感じたかということを尋ねました。
    その結果・・・
    10人の異性と会話をしたグループは、相手の知性・職業・宗教のような会話の内容や心理的な深い部分によって魅力度が変化していました。
    20人の異性と会話をしたグループは、相手の外見や年齢によって魅力度が変化していました。
    つまり、答えとしては・・・
    内面で勝負したいのであれば、人数の少ないパーティーに行きましょう。
    外見で勝負したいのであれば、人数の多いパーティーに行きましょう。
    そして、ここで言う人数の多いと少ないの分水嶺が、10人と20人の間辺りにあるということがこの研究により分かったということです。
    人間は人数が少ないパーティーであれば相手の中身を見ますが、人数が多いパーティーになると中身を覚えていることができず外見だけで判断するようになるわけです。
    ですから、年齢的に焦って大規模な婚活パーティーに行ったりすると、その場では外見や年齢で勝負するようになってしまうので、失敗しやすくなるわけです。人の紹介や小さなホームパーティーなどに行った方が中身で勝負が出来るようになります。
    若いうちや外見に魅力がある場合は、大規模なパーティーなどに積極的に出かけるのがいいということにはなります。ただし、見た目やお金で相手を選ぶと離婚率は倍になるという研究もありますので、気をつけてください。
    大勢の人がいる場所であっても深く話をすれば、中身を分かってくれるのではないかと思うかもしれません。ところが、このエジンバラ大学の実験では、どちらのグループも全て3分しか会話をしていません。ということは話してる時間には関係がないということです。その日に何人と会ってどれぐらい記憶に残りやすいかが重要になるということです。
    研究者のコメントとしても、異性の候補者が多くなるほど大量の情報を処理しなくてはいけなくなるので、外見や年齢といったすぐに判断できる情報に目がいきやすくなるとされています。内面で比較しようとすると、外見や年齢のように特定の指標の上で比較することができないので情報量がかなり多くなるわけです。
    皆さんの周りにも、モテる人を想像した時にイケメン美女もいれば、正直なんでこの人が・・・という人もいるかと思います。美女と野獣のカップルもいたりしますが、これはなぜなのだろうかと考える人もいると思います。その答えは出会い方が違うということです。
    実際に統計でも結婚や真面目な恋愛で考えると、友達の紹介や職場が一緒というようなきっかけで付き合ったカップルの方が圧倒的に多く約7割程で、合コンやパーティーで付き合うカップルは意外と少ないものです。
    モテる人というのは、自分の中身を鍛えて小規模なパーティーで勝負しています。
    逆に、派手な経営者などでよくいますが、大規模なパーティーでは目立っているのに少人数のホームパーティーなどに行くとイマイチ評判の良くない人がいたりします。これは中身がダメということです。知性や考え方、優しさというものが足りていないので、小規模なパーティーになった途端にそれがバレているということです。その人が小規模なパーティーでどのようなスタイルでコミュニケーションを取っているかとか、周りからの評価などを見ると、その人の中身が見えてくるとも言えます。
    ここから先の内容は・・・
    脈ありサインを見抜く確率を6割以上に高めるテクニック
    友達関係と恋愛関係の間にある大きな壁の意外な抜け道
    ちょっとした自分のしぐさで脈ありを見抜く方法とは
    意外な事実!どんな態度がモテるのか?モテる人のデートコースとは・・・
    是非続きをご覧ください。