• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

記事 2件
  • 【ゲーミィフィケーションの基本要素】まとめ

    2020-10-07 17:05  
    330pt
    1
    ブロマガ担当のコバヤシです。
    みなさん、ゲーミフィケーションに関する実践はその後いかがでしょうか?

    特にこのサブチャンネルの中ではより実践を深めたいという方が多いと思いますので、皆さんそれぞれのフィールドでの実践には僕もとても興味があります。

    実は、我が家では、これまで僕自身が中学生の頃のスーパーファミコン以来全くゲームに触ったこともないということもあり、二人の小学生の子供も全くゲームには興味がなく、ゲームをしたいと言われたこともありませんでした。

    コロナの自粛中に多くの人がそうだったように我が家でも、「どうぶつの森」がやってきてそれ以降家族間のコミュニケーションとしても使われているような状況です。

    子供たちがこれほど何かにハマって夢中になっている状況は今までありませんでしたし正直驚いています。
    まさにここにゲーミフィケーションの要素があるのかと感じて、子供たちがどのゲーミフィケーションの基本要素に夢中になっているのかということを自分なりに検証したりしています。

    そのポイントを理解することができれば、本を読むのが大好きだけれど運動はできればしたくないという長男に運動をさせたり、外で遊ぶのがとにかく大好きで、なぜかスクワットでさえも楽しみながらすることができるけれど、勉強は全く楽しくないという長女に勉強も楽しんでもらえたりできるのではないかと思案しています。

    もちろん、僕自身も自分の仕事や生活にさらに活かす方法を工夫して考えていけたらと思っています。

    正直、まだまだ自分の実生活や仕事の面でゲーミフィケーションは使い方があると思いますし、決して十分に活かすことができているとも感じれない状況ですが、多少でも皆さんの参考になればと思いつつ、少しだけ実践も交えながら解説したいと思います。

    今回は、ゲーミフィケーションの基本としての最後になります。
    少し間が空きましたのでまずは復習から。

    <前回までの復習>

    1. チュートリアル
    最低限のところを抑えたら行動した方がモチベーションが高くなるということでした。
    2. スニペット
    スマホと一緒に使う「先を指し示すメモ」を使うのが効果的だということでした。
    3. 損失回避
    それをしたらどんなものが手に入るのかということだけでなく、それをしなかったら何を失うのかということを考え、さらにそこに落差を加えて「取り上げインセンティブ」を用意することが効果的ということでした。
    4. 進展フィードバック
    するべきことを何日続けることができているのかをカウントする「習慣継続日数」と挫折しかけても復活することができた「リカバリーポイント」を使う方法が効果的だということでした。
    合わせて、過去の自分と比較するということやスモールゴールを超えていくという方法もありました。
    5. テーマ
    自分がそれをする理由やそれをしなくてはいけないだけの価値観を意識することが重要でした。
    使命感のようなものを感じるだけの自分なりの価値観を明確にして、テーマとしては「効果測定」や「費用対効果」を意識するという方法もありました。
    6. ストーリー
    何気ない日常の中にもストーリーを見つけていくことも大切でした。
    そのための方法としては、「明日の自分を4コマ漫画にする」とか「自分の1日をシェアする」という方法もありました。
    7. 謎
    隙間があるとそこを埋めたくなる人間の性質を利用して、自分が知らないことや分からないことに対して好奇心を駆り立てられるようにしていくというものでした。
    ここでは読書であれば拾い読みで好奇心を上手く利用して読み進めるということと、自分が何をできるのかということではなく、何をできるようになるのかということに注目することも大切だということでした。
    8. 時間圧力
    時間に追いかけられるのではなく時間を追いかけるために、「タイムトライアル」や「デッドラインボーナス」というテクニックがありました。
    そして、締め切りやデッドラインを設ける際には、計画錯誤対策としてデータを正確に参照するか第三者に尋ねるという方法がありました。
    9. 希少性
    自分の中のスキルや方法、成果や報酬などに対する独自性を探して、自分なりの戦い方や方法を見つけることが大切で、他の人と全く違うことをしようとするのではなく、自分のそんな能力を人とは違う使い方をするのが重要だということでした。
    10. 戦略性
    「今あなたがしている仕事にどんな戦略がありますか?」という質問をされた時に、人に語れるかどうかということが重要で、まずは人に語りたくなるようなストーリーを用意しようという内容でした。
     

    記事を読む»

  • 【ゲーミィフィケーションの基本要素】その3

    2020-08-20 18:45  
    300pt
    今回はゲーミフィケーションの3回目になります。
    仕事や勉強に対して中毒性を発揮し、やめたくても止められないぐらいの状態を作るにはどうすればいいのかというのがゲーミフィケーションになります。

    前回までのブロマガの内容はこちらになります。
    ▼ゲーミフィケーションその1
    「仕事と勉強をゲーム化する【ゲーミィフィケーションの基本要素】とアンチから入会へ 26kg減量の【実践報告】」
    ▼ゲーミフィケーションその2
    「【ゲーミィフィケーションの基本要素】その2」

    <前回までの復習>
    1. チュートリアル
    ・行動しながら学ぶ
    2. スニペット
    ・スマホと一緒に使う先を指し示すメモが効果的
    3. 損失回避
    ・取り上げインセンティブが効果的
    4. 進展フィードバック
    ・習慣継続日数とリカバリーポイント
    ・過去の自分と比べる
    ・スモールゴール
    5. テーマ
    ・自分の価値観と合致しているのかチェックする
    ・効果測定と費用対効果を意識する
    6. ストーリー
    ・明日の自分を4コマ漫画にする
    ・自分の1日をシェアする
    ▼ゲーミフィケーションに関するおすすめ本

    ゲームが人間の脳に与える影響について学ぶためのおすすめ



    モチベーションを高めるゲーミフィケーションを学びたい人のためのおすすめ


    お客さんにゲームを楽しむかのように商品を買ってもらいたい人へのおすすめ

    皆さんご無沙汰しております。ブロマガ担当のコバヤシです。
    これまでのゲーミフィケーションについていかがだったでしょうか。
    知識として納得するだけではなく、きっと皆さんそれぞれの仕事や勉強の中で試したり実践されているのかと思います。
    僕はというと、正直なかなか自分なりの実践方法にまでたどり着くことができずにいますが、まずは普段の読書や仕事などで試しているところです。

    例えば、これまでブロマガでも紹介した上記の復習の中であれば、「スニペット」のスマホと一緒に使う先を指し示すメモは僕も実際に使ってみました。
    毎日のするべきことやスケジュールに関しては基本的に Google カレンダーでずっと管理しています。
    自分がやるべき事や期限があるわけではないけれどしたほうがいい事、あるいは、誰かに頼まれた締め切りのない仕事など、おそらく誰でも仕事をしているとそのようなことが日々たくさん増えては、それをひとつずつ片付けていく状況かと思います。
    僕の場合は、元々これらをすべてその期限や重要性で、スケジュールに追加するか、別のタスク管理としてまとめるかというようなことは区別しておらず、日時が決まっているスケジュールはもちろん、そうでないいつかやるべき事もその場ですぐ Google カレンダーに入れるようにしていました。
    そうすると、いつかややるべきこともいつやるのかが明確になるので無駄にチャンスを逃したりすることもなくなると考えていました。
    これについては、時間の使い方として、DaiGoさんも今までに同じようなことを言われていたと思います。
    「科学的に正しい新年の目標の立て方」では、タスク管理や to do リストを作ることに時間を費やしてしまっては意味がなく、どちらかと言うと、時間に対する焦りをなくして目の前のことに集中できる感覚を作るということが仕事術と時間術としては適切だと言われていました。
    時間術としてもゲーミフィケーションとしても、やはり今目の前のことに集中することが大切なわけで、それがいかにスムーズに無駄なくできるのかということを考えて、あまり難しく考えず全て予定として Google カレンダーに入れるようにしているわけです。
    ここに対して、今回のゲーミフィケーションの中の「スニペット」のスマホと一緒に使う先を指し示すメモを取り入れてみました。

    僕の場合は、普段パソコンに向いて仕事をすることが多く、仕事上のメールや LINE はパソコンに届くとその都度通知が鳴ってしまい集中が途切れてしまいますので、スマホにしか届かないようにしていました。
    実際にそれで問題は特に感じていなかったわけですが、ここにスニペットを取り入れて、仕事中スマホを他の部屋に置くわけにもいかなかったので、その日のスケジュールを前日にメモ用紙に書いておいて、そのメモを仕事中はスマホの上に置くようにしました。
    最初は、これでは今までも次の進むべき方向は、ブラウザで Google カレンダーに切り替えるだけで同じ内容が確認できたわけですから、あまり意味がないのではないかという気もしていましたが、実際に同じ作業量の仕事をこなす時間を計測したところ、今まで2時間かかっていた仕事が1時間45分でこなすことができるようになっていました。約15分間短縮することができました。
    そこで、なぜたったこれだけのことでこんなにも差が出たのかと振り返って考えてみたところ、次の進むべき方向はブラウザを切り替えてGoogle カレンダーをチェックするだけでできたわけですが、そのブラウザのタブを切り替えるだけの瞬間にも、仕事上必要なサイトがいくつも開いているのでついつい余計なものを見てしまったり、別に今次の進むべき方向を確認する必要もないのに今日の予定を確認したりする時間が自分が思っている以上に多かったようです。
    ただその余計な時間があっただけでなく、おそらくはそこで途切れた集中というものが生産性を下げていたということだと思います。

    どうやら僕の周りにはまだまだ無駄な時間もあるようで、更なる生産性のためにもっとゲーミフィケーションを取り入れてみたいと考えています。

    それでは、ゲーミフィケーションの続きで・・・
    「謎」
    「時間圧力」
    「希少性」
    「戦略性」
    の解説を紹介します。
     

    記事を読む»