• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 8件
  • 切れそうな集中力を維持する11の心理テク【カルガリー大学研究】

    2019-11-15 11:50  
    306pt
    集中力は人にとってとても重要なリソースのひとつです。
    集中力がなくて悩んでいる人も結構いると思います。集中力を高めるための方法については『超集中力』や過去の放送でも紹介しているように、やる気が落ちてきたと感じたらバービージャンプをしてみるなどアドレナリンを出すことによって集中力を高めることができます。
    おそらく皆さんも、急にやる気が湧いてきたりスイッチが入った時には、急激に集中力が高まるということはあると思います。
    ですが、一番難しいのはその集中力を維持することです。
    集中力の高い状態はできるだけ維持したいものですが、ついつい気が付いたら集中力が切れていたりなかなか持続しないということで悩む人が多いのではないでしょうか。
    集中力のベースを高める方法については色々と紹介してきましたが、途切れそうになった集中力を維持するためのテクニックについてはあまり紹介していませんでしたので、今回はそのための内容を解説させてもらいます。
    普段から集中力がなかなか続かないという人も、長時間集中力を維持したいという方も使える内容になります。
    基本的にはこまめに休憩を挟むのがいいと言われていますが、人生においては長時間集中しないといけない時もあると思います。試験の時の学生の方や仕事においてもできるだけ集中できるに越したことはありません。
    そんな集中力を高い状態で維持するための11の戦略を紹介させてもらいます。
    カルガリー大学の研究で、セルフコントロール能力・注意力・先延ばしなどの先行研究から集中力を維持するための11のテクニックとしてまとめてくれています。
    これらはすべてをする必要はありませんが、色々試してみて自分に合うものを見つけてください。試せば試すほど集中力が途切れにくくなることを実感してもらえると思います。
    戦略1. 成功スパイラル
    人間は自己効力感がとても重要になります。自分が頑張った分だけ成果が出るとか頑張れば自分の中で何かしら得られるものがあるという感覚がとても重要です。
    何かひとつの分野で成功したり成長を実感すると、自然とやる気が出てくるということがあるはずです。
    例えば、仕事でうまくいくことがあったら趣味の方でも良い影響があったり、プライベートでいいことがあったら仕事でも頑張ろうという気分になるというようなことがあるかと思います。
    このように何か特定のジャンルで成功や成長を実感できると、やればできるという自己効力感が高まり、それにより他のジャンルでも高い集中力を発揮することができるようになるということです。
    ですから、自分の趣味でも今までしたことがないことでもどんなことでも結構ですし、小さな成功でも構いませんので、何かしらのジャンルで自分の成長を実感できる成果を上げることを考えるようにしてください。
    そのジャンルは何でも結構ですが、最も簡単なのは何か新しいことを学ぶことです。人間はどんなことでも一番最初の段階が最も成長や成果を実感しやすいものです。
    あえて新しいことに挑戦することで、できないかもと思っていたけれど意外とやればできる感じる可能性は高くなります。
    例えば、料理や写真、音楽や格闘技、今までにしたことがない筋トレなどをしてみるのが良いのではないでしょうか。
    他には、今までしてきたことで少し上のレベルを目指すというのもいいと思います。ゲームやスポーツなどどんなものでも結構ですが、今まではここまでしかできなかったけれどその先に挑戦したことはなかったということに挑戦してみるのもいいと思います。
    そして、筋トレが意外と使えるということも分かっています。
    肉体を使うような課題に対して成長を感じると、体に疲れや筋肉痛などを感じると思います。なぜ筋トレをすると人生が変わるというような研究があるかというと、成果を感じやすいからです。筋トレを頑張れば体が疲れたり筋肉痛になったりします。頭を使う仕事をしすぎた人が首や肩が痛いというのは単なる痛みになってしまいますが、筋トレの場合は体の疲れや筋肉痛が自分の努力を思い出すトリガーになります。
    このように自分の身体に努力の成果の痕跡が残っている時は、自己効力感が高まり集中しやすくなります。

    <戦略1. 成功スパイラル>
    自己効力感が重要
    ひとつの分野での成長や成功を実感する
    新しいことに挑戦する
    今までしたことの少し上のレベルを目指す
    筋トレで体に努力の成果の痕跡を感じる

    残りの10個のテクニックをご覧になりたい場合は続きをどうぞ↓ 
  • コロンビア大学【8つの集中力タイプ診断】自分に合った集中状態への入り方を見つける方法

    2019-11-11 11:50  
    306pt
    集中力を起動するためのテクニックを紹介します。
    2013年のコロンビア大学のハイディ・グラント・ハルバーソン氏の研究で、モチベーションやる気と集中力に関する先行研究のレビューを行なっています。
    モチベーションとは何かに対してやる気を感じて行動を起こすということであって、集中力とはひとつのことに意識を向け続けるための力ですから、モチベーションと集中力というものはなんとなく似ているようではありますが違うものです。そのような研究をレビューしたところ、実は、集中できない人というのはいないのではないかということです。集中の仕方やモチベーションが上がるタイミングや要素といったものが違うだけではないのかとされています。
    集中力のタイプには8つのタイプがあり、自分がそのうちのどれに当てはまるのかということを認識しておかないと、間違った自分に合わない方法ではうまくいかなくなってしまうということです。
    そこで
  • (再配信)★人生を変える体脂肪率操作の科学

    2019-07-10 11:50  
    306pt
    本当に腹筋を割るためには何が必要なのか?
    僕も3年ほどトレーニングを色々としてきましたが、その間の2年半ぐらいはなかなか腹筋を割れませんでした。2年半も色々やっても割れなかったのが約5週間で腹筋を割ることができました。
    その方法を紹介させてもらいます。
    今まで色々やってみたけれどなかなか腹筋が割れなかったという人、お腹周りの脂肪がなかなか落ちないという人は結構いると思います。それは、していることが間違っているからです。
    これだけで腹筋を簡単に割れるという器具が色々ありますが、そのような器具よりシンプルにスクワットとか腹筋をした方がいいということがわかっていますし、スクワットをした方がはるかに効果があります。
    腹筋を鍛えても腹筋は割れません。腹筋を割るためには下腹部の体脂肪を落とす必要があります。結局、重要になってくるのは食事です。
    食事制限と言われると食べる量を減らさないといけないと考えが
  • 「マルチタスクをやめる!」イラストレーター南姫のマインドマップ

    2019-06-27 11:50  
    イラストレーター南姫(なみ)さんによるマインドマップ・・・今回は、「マルチタスク」です!

    集中力や生産性を高めるためにご活用ください。
    ▼画像が拡大できない方はこちらhttps://bmimg.nicovideo.jp/image/ch2640412/658903/3e32cbccde80dba699b31aef410177176d6dbba6.jpg<動画はこちら>▼バカになりたくなければ、マルチタスク(MT)をやめなさい
    https://www.nicovideo.jp/watch/1520324097■記事が見れないなどの不具合についてのお問い合わせは、ニコニコヘルプまで個別にお問い合わせください。 https://bit.ly/2UXc7hT サイト内の下部にある「サポートに問い合わせする」より、お問い合わせくださいますようお願いします。 
  • 「集中力を覚醒させる週一のネットファスティング入門」イラストレーター南姫のマインドマップ

    2019-06-20 11:50  
    イラストレーター南姫(なみ)さんによるマインドマップ・・・今回は、「集中力を覚醒させる週一のネットファスティング入門」です!

    本当に大事なものに集中するために活用ください。
    ▼画像が拡大できない方はこちらhttps://bmimg.nicovideo.jp/image/ch2640412/657757/791477beda9e6f2e0fd42a773bd7381aaaf2c4a8.jpg<動画はこちら>▼集中力を覚醒させる週一のネットファスティング入門https://www.nicovideo.jp/watch/1517555650■記事が見れないなどの不具合についてのお問い合わせは、ニコニコヘルプまで個別にお問い合わせください。 https://bit.ly/2UXc7hT サイト内の下部にある「サポートに問い合わせする」より、お問い合わせくださいますようお願いします。 
  • 倍速上達法~2倍速で何かを身につけるには #2「あらゆるトレーニングの成果を2倍にアップさせる」

    2019-05-17 11:50  
    306pt

    #2「あらゆるトレーニングの成果を2倍にアップさせる」
    語学でもスポーツでも、物事を身につけるのが早い人とそうでない人がいますが、何故その違いが出るのでしょうか?僕たちが物事を身につけやすくなるためには、何を鍛えればいいのでしょうか?
    (無料枠にて解説)ブログ▶︎https://daigoblog.jp/doubleacquisition-method/YouTube▶︎https://youtu.be/WHBT4v1Pmv8概要としては・・・
    「学習転移」:すでに身につけているスキルがあり、それと近いジャンルであれば、そのスキルを活かして学習するので、早く習得することができる・・・残念ながら、「遠い転移」はほとんど起きないただし、ひとつだけ方法がある→「ワーキングメモリーを鍛える」ことワーキングメモリーを鍛えるためには、「DNB-15分IQアップ脳トレゲーム」を使ってくれれば良いですが、どうしても飽きてしまいがちだったり、毎日なかなか出来なかったりすると思います。もしくは、他にワーキングメモリーを鍛えるためのテクニックはないのかということが気になると思います。そういう方には続きをおすすめします。 #1「ワーキングメモリーを鍛える」はこちら▶︎https://ch.nicovideo.jp/mental/blomaga/ar1762711
    あらゆるトレーニングやスキルを身につけるための練習の成果を2倍にする科学的な秘訣があります。僕も実践している方法です。
    これらも知りたい方は続きをどうぞ↓※ブロマガは、システム上入会月以降のブログが読み放題となりますので、お早めの入会をお勧めします。
    ■記事が見れないなどの不具合についてのお問い合わせは、ニコニコヘルプまで個別にお問い合わせください。 https://bit.ly/2UXc7hT サイト内の下部にある「サポートに問い合わせする」より、お問い合わせくださいますようお願いします。
     
  • 倍速上達法~2倍速で何かを身につけるには #1「ワーキングメモリーを鍛えるテクニック」

    2019-05-15 11:50  
    306pt

    #1「ワーキングメモリーを鍛えるテクニック」
    語学でもスポーツでも、物事を身につけるのが早い人とそうでない人がいますが、何故その違いが出るのでしょうか?
    僕たちが物事を身につけやすくなるためには、何を鍛えればいいのでしょうか?
    (無料枠にて解説)ブログ▶︎https://daigoblog.jp/doubleacquisition-method/YouTube▶︎https://youtu.be/WHBT4v1Pmv8
    概要としては・・・「学習転移」:すでに身につけているスキルがあり、それと近いジャンルであれば、そのスキルを活かして学習するので、早く習得することができる・・・残念ながら、「遠い転移」はほとんど起きないただし、ひとつだけ方法がある→「ワーキングメモリーを鍛える」ことワーキングメモリーを鍛えるためには、「DNB-15分IQアップ脳トレゲーム」を使ってくれれば良いですが、どうしても飽きてしまいがちだったり、毎日なかなか出来なかったりすると思います。もしくは、他にワーキングメモリーを鍛えるためのテクニックはないのかということが気になると思います。そういう方には続きをおすすめします。
    あらゆるトレーニングやスキルを身につけるための練習の成果を2倍にする科学的な秘訣があります。僕も実践している方法です。
    これらも知りたい方は続きをどうぞ↓※ブロマガは、システム上入会月以降のブログが読み放題となりますので、お早めの入会をお勧めします。
    ■記事が見れないなどの不具合についてのお問い合わせは、ニコニコヘルプまで個別にお問い合わせください。 https://bit.ly/2UXc7hT サイト内の下部にある「サポートに問い合わせする」より、お問い合わせくださいますようお願いします。
     
  • ★人生を変える体脂肪率操作の科学

    2019-04-02 12:00  
    306pt
    本当に腹筋を割るためには何が必要なのか?
    僕も3年ほどトレーニングを色々としてきましたが、その間の2年半ぐらいはなかなか腹筋を割れませんでした。2年半も色々やっても割れなかったのが約5週間で腹筋を割ることができました。
    その方法を紹介させてもらいます。
    今まで色々やってみたけれどなかなか腹筋が割れなかったという人、お腹周りの脂肪がなかなか落ちないという人は結構いると思います。それは、していることが間違っているからです。
    これだけで腹筋を簡単に割れるという器具が色々ありますが、そのような器具よりシンプルにスクワットとか腹筋をした方がいいということがわかっていますし、スクワットをした方がはるかに効果があります。
    腹筋を鍛えても腹筋は割れません。腹筋を割るためには下腹部の体脂肪を落とす必要があります。結局、重要になってくるのは食事です。
    食事制限と言われると食べる量を減らさないといけないと考えが