• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 2件
  • 一問一答「あなたが最近癒されたのは、どんな環境ですか?」【バイオフィリアを環境に活かす】

    2022-09-15 12:00  
    330pt
    あなたが最近癒されたのは、どんな環境ですか?

    今回は、子育てのイライラについての相談をもとに、何かとストレスやプレッシャーの多い現代社会の中で、どうすれば程よくリラックスしながら生産性を高めることができるのか、その環境の整え方について解説させてもらいます。

    Q. 自分が悪いとわかっていますが、子育てのイライラのせいか子供に強く当たってしまいます。どうすればいいでしょうか?

    人は無意識に自然を求めるバイオフィリアという性質があると言われています。
    自然に触れるという体験が欠乏してくるとストレスに弱くなったり、癌などの病気にかかりやすくなることがわかっています。
    ただでさえストレスのたまりやすいお母さんは、様々な病気にかかってしまうリスクが高まるわけです。

    おすすめしたいのは5分~20分程度の散歩です。特に緑がある公園や神社などへ向かうと効果的です。
    研究によれば、日中に自然がある場所へ散歩へ行くだけでストレスが軽減されるだけでなく、死亡リスクが30%減少することもわかっています。
    お子さんの成長のためにも、お母さんであるあなたが健康でいてあげてください。

    以上がDaiGo師匠からのアドバイスでした。

    家にいながら自然の力を取り入れる方法

    一問一答「あなたが、最近自然に触れたのはいつですか?」【バイオフィリアの効果】

    今回は前回に引き続き自然の力についてですが、なかなか自然がある場所に行けない方の方が多いと思います。
    もちろん、自然がある場所に行くのがベストですし、自宅でも勤務先でもできるだけ観葉植物を置いたり緑化する方がいいのは間違いありません。
    それがどうしても難しい場合にはどうすればいいのでしょうか?

    自然の中にある雰囲気や香りや成分など、様々なものが僕たちのメンタルを整えてくれたり集中力を高めてくれます。
    癌のリスクを下げてくれるのではないかという話もあるくらいです。
    とはいえ、ずっと森の中で暮らすことができる人は少ないので、100%の効果でなくても、その一部でも日常生活の中に取り入れることができれば人生が変わるのではないかと思います。
    今回は、3つの観点から自然の知られざる効果を解説させてもらい、それを日常生活に取り入れていく方法について紹介させてもらいます。

    現代人に足りていないものを知る

    人間にとっては本来自然の中で暮らすことが普通の状態です。
    それによって集中力が最適化されたり、糖尿病などの現代病も減ったりします。
    自然と共に生きていかなくてはいけないわけですが、最近自然に触れていないという方が多いと思います。

    その結果、人はコンテントメントという感情が足りなくなります。

    人間の感情に関するシステムは3つあります。
    この3つのシステムがバランスをとることにより、人はメンタルや感情が安定したり、集中力などが最適化されます。
    この3つはどれも重要なものですが、どのようなバランスで生活の中に含まれていればいいのかということを知っておいてください。

    ①ドライブ
    喜びと快楽を作り出してくれる感情システムがドライブです。
    これはドーパミンによって制御されています。

    僕たちが楽しいと思ったりテンションが上がっている時は、ドライブが優位になっている状態です。

    ②コンテントメント
    安らぎや親切心を作り出してくれる感情システムがコンテントメントです。
    これが優位になると、ポジティブな感情が増えたり他人とのコミュニケーション能力が高くなったりします。
    このシステムはオキシトシンによって制御されています。

    リラックスしたりのんびり過ごしている時、好きな人と一緒にいる時は、コンテントメントが優位になっている状態です。
    大事な人とつながりを感じる時にもスイッチが入ります。

    ③スレット
    不安や警戒心を作り出してくれる感情システムがスレットです。
    ネガティブな感情を作り出しているシステムですので、これはない方が良いのではないかと考える人もいるでしょうが、これがなくなると困ることもあります。
    自己防衛機能の役割もあるので、不安や警戒心を作り出してくれることで未然に危険を避けることもできます。
    このシステムはアドレナリンとコルチゾールによって制御されています。

    Fight-or-Flight Response(戦うか逃げるか反応)という反応をする時に、このモードにスイッチが入ります。

    コンテントメントが不足している!
    これら3つが適切なバランスをとる必要があります。
    ところが、自然のない都会で暮らしているとコンテントメントが少なくなってしまいます。
    コンテントメントが不足して、ドライブとスレットがかなり優位な状態です。

    つまり、通勤電車や街中で見知らぬ人に対して異常なまでに警戒してスレットモードが多くなります。
    飲み会やスマホのゲーム、ギャンブルなどドライブモードに入るものもたくさんあります。
    都会ではエンターテイメントがかなりドライブに寄っていて、人間関係がスレットに寄っています。

    そのため都会で暮らしている現代人は特にコンテントメントが足りない状態になってしまいます。
    そうなるとオキシトシンが減ってポジティブ感情は減り、コミュ力も低下して安らぎや親切心も感じにくくなります。
    それを本来解決してくれるのが自然です。

    自然には、人がリラックスしたり安らぎを感じる時に使われる副交感神経を活性化してくれる働きがあります。
    その効果量は0.71ということですから、これは研究としても確実に効果があると言えるレベルです。
    自然は皆さんの心を間違いなく安定させてくれるし癒しを与えてくれます。

    瞑想や運動が心や体に良いとかメンタルを整えてくれると言われますが、この効果については様々な研究があります。
    その効果量はだいたい0.1から高くても0.5ぐらいです。
    瞑想や運動よりもはるかに効果があるということが確認されているのが自然の力です。

    皆さんが自然に触れてコンテントメントを高めれば様々な問題が解決します。
    不安が減って人に親切に出来るようになり、コミュニケーション能力が上がってポジティブな感情が増えます。
    人間が抱えている問題で一番大きな問題だと言われる人間関係の問題が解決します。
    だから自然はとても重要なわけです。

    コンテントメントを高める方法
    では 、どうすればコンテントメントを高めていくことができるのでしょうか?
    これには3つのポイントがあります。
    自然の効果はこの3つで作られているのではないかという説があります。
    ①フィトンチッド(phytoncide):香り
    ②サウンドスケープ(soundscape):自然音
    ③ビジュアルエフェクト(visual effects):自然の風景

    この理屈を理解して頂けると、自宅の中でも自然の効果を手に入れることができます。
    これを上手に取り入れていただけると様々な問題が解決すると思います。

    フィトンチッド:100種の香り成分
    様々なものには香りがあります。
    例えば、ワインの場合であれば、ワインの中にある成分が空気中に気化して漂ってきたのを人は吸うことで香りを感じます。

    アロマオイルやお香が好きな人はわかると思いますが、感情やメンタルのアップダウンを司っている情動ニューロンに対して嗅覚はダイレクトにアクセスしています。
    ですから、メンタルや感情をコントロールしたいと思うのであれば、香りをコントロールすることが効果的です。

    香りは情動ニューロンに大きな刺激を与えて、不安や恐怖を作り出す扁桃体や記憶や感情のコントロールに関わっている海馬を刺激します。
    つまり、香りは人間の脳をダイレクトに刺激して、それによって感情や行動を変えることができるのではないかと言われています。

    森の中には100種類以上の香りの成分があり、それが僕たちの脳を整えてくれているというのが自然に関する科学で明らかになっています。

    人間は特殊なタンパク質の組み合わせによってあらゆる香りを嗅ぎ分けることができると言われています。
    およそ1兆種類の匂いを嗅ぎ分けることができるそうです。
    これだけ嗅ぎ分けることができるので、自然の中で香りを感じて脳の機能が高まるというのは頷ける話です。

    人は日常生活の中でも香りにコントロールされている

    フェロモンで同居女性の月経周期が同期
    ちなみに、猫にはフェロモンを感じる器官があり、これは人間は退化してありませんが、ある程度はフェロモンを感じることもできるそうです。
    例えば、同居している女性同士は月経周期が同期するという話があります。
    フェロモンによって徐々に同期して、お互いが同じ時期に生理になったりするようになるそうです。
    人は思っているよりも香りやフェロモンの影響を受けています。

    恐怖の香りを嗅ぎ分ける
    恐れの香りや恐怖の香りというものもあります。
    スカイダイビングをしてストレスホルモンが分泌されている時の汗の香りを人間は判別することができるそうです。
    研究では、スカイダイビングをした時に着ていた T シャツと普通にスポーツをしていた時の T シャツの匂いを嗅いでもらうと、普通にスポーツをしていた時の T シャツには人は反応しないのに、恐怖体験をした人が着ていたT シャツの匂いを嗅ぐと、その恐怖の匂いを嗅ぎ取って体内のストレスホルモンが増えました。

    強いストレスを感じている人がそばにいると自分もストレスを感じるということもあると思います。
    これももしかするとストレスを感じている人の体臭が、皆さんの体内のストレスホルモンを誘導しているからかもしれません。

    洗剤の香りでボランティア活動したくなる
    シャンプーや石鹸の香りが好きな人も多いと思います。
    柑橘系のスッキリした香りがする洗剤を使った研究があります。
    洗剤の香りを嗅がせると、人はボランティア活動に協力したり寄付をする確率が高くなりました。

    柑橘系の香りで部屋を片付けたくなる
    さらには、旦那さんやお子さんが家を片付けてくれないということで悩んでいる場合も香りを使ってみるのが良いかもしれません。
    柑橘系の香りを嗅ぐことによって、人は部屋を綺麗にしたくなるという研究があります。

    ということは、自分で部屋の掃除をする時にも、始める前に柑橘系の香りを少し嗅いでから掃除を始めると、モチベーションが上がって捗るようになります。
    掃除だけでなく家事をする時には柑橘系の香りを嗅いでからするといいと思います。

    他にも、ミントの香りを嗅ぐことによって、モチベーションを高めて運動能力を上げてくれるとか、集中力を高めてくれるという効果もあります。

    人はもっと「香り」の効果を日常生活に取り入れるべきです。
    では、自然の中にはどんな香りがあって、それを再現するためにはどうすればいいのでしょうか?

    香りのコントロールと音のコントロール、ビジュアルのコントロールをしていただければ、自然になかなか触れることができなくても自然の中にいるメリットを得ることができます。
    勉強している時の集中力を高めたり、仕事の生産性を高めたりするだけでなく、なかなか運動習慣が身につかないという人にも役に立ちます。
    人は自然の中で運動すると運動を辛く感じなくなります。
    それによって続けやすくなるのでダイエットも継続しやすくなります。
    そんな環境を整える方法は続きをチェックしてみてください。
     
  • 一問一答「あなたが、最近自然に触れたのはいつですか?」【バイオフィリアの効果】

    2022-09-13 16:03  
    330pt
    あなたが、最近自然に触れたのはいつですか?

    森に行ったりキャンプに行ったりしたのは、子供の頃や学生の頃だという人も少なくないと思います。
    DaiGo師匠の質疑応答では、勉強や仕事の相談から子育ての相談まで、様々な相談をいただくことがありますが、そのアドバイスとして「自然の力」を活かすことが結構あります。
    今回は 、やる気が出ない時の対処法についての質問をもとに、瞑想を凌駕する自然の力バイオフィリアの効果について解説させてもらいます。

    Q. やる気が出ない時はどうしていますか?
    僕は、やる気が出ない時には、かなり激しめの運動をしてごまかします。
    やる気がないと感じた瞬間に外に出て、自然の中で激しい運動をして、それによってやる気がない状態を吹き飛ばすというようなことをいつもしています。

    以上がDaiGo師匠からのアドバイスでした。

    バイオフィリア仮説

    人類の歴史の中で、こんなにも人が自然に触れない時代はありませんでした。
    人間には無意識に自然を求める本能があり、それをバイオフィリアと言います。

    週末だけ農業をしたり家庭菜園をする人が増えていますが、これにはとても重要なポイントがあります。
    ハーバード大学のエドワード・ウィルソン博士が提唱したバイオフィリア仮説というものがあり、人間には無意識に自然を求める欲求のようなものがあるのではないかと言われています。

    実際に、現代では自然欠乏症と呼ばれる問題も取り沙汰されていて、自然に触れる頻度があまりにも少なくなってしまうと、人は不安感が増したり集中力が低下したり、様々なメンタルの問題に結びついてしまうということが確認されています。
    皆さんがもし人生の問題を抱えているとしたら、それは自然欠乏症が原因かもしれません。

    SDGs が始まって自然環境に配慮する活動が増えました。
    自然を守る活動はとても素晴らしいことですが、その自然に触れることをしている人は少ないです。

    これは「予測誤差」と呼ばれるものですが、人は自然に触れることにより自分にとってどれだけメリットがあるのかを知っていますし、キャンプに行ったら空気が美味しくて素晴らしい気分になることも知っています。
    知っているのにめったに行きません。

    トレント大学の研究によると、人間は自然から大きな恩恵を受けるのに、その自然の恩恵を過小評価してしまうバイアスのようなものがあるとされています。

    ヒトの根源的欲求:自然と自己決定理論
    自己決定理論というのは、人が「自律性」「有能さ」「関係性」の3つの欲求を満たしている時に、人生に満足度を感じて幸せになることができるというものです。

    「自律性」
    自分の力で決めて物事を判断したり行動することができるかどうかです。
    周りに流されて自分で決定できる範囲が少ないと自律性が低くなってしまいます。

    「有能さ」
    有能さというのは、能力が高いかどうかではなく、自分が持っているスキルなどを使って仕事をすることができたり、周りの人に頼られるかどうかです。
    自分の能力の高さを感じられる機会がどれくらいあるかです。

    「関係性」
    良好な人間関係を保つことができるかどうかですが、もっと言うと、大切な人と一緒に過ごす時間がどれくらいあるかです。

    この3つがどれぐらい満たされるかで人間の幸福度は決まるというのが自己決定理論です。
    この自己決定理論については様々な研究が行われていますが、皆さんもなんとなくそうだろうということは感じると思います。

    この3つを自然が満たしてくれるという研究があります。
    自然自体が持っている力もとても大きなものですが、人は自然の中で行動することによって、最も自ら幸せになる行動を取ることができるということです。

    自然欠乏症テスト:自然とのつながり尺度
    14の質問に以下の要領で直感で答えていただき、それぞれ採点してください

    全くそう思わない=1点
    そう思わない=2点
    どちらでもない=3点
    そう思う=4点
    強くそう思う=5点
    1.私はよく自分の周りの自然との一体感を感じる
    2.自然は自分が属するコミュニティだと感じる
    3.他の生物の知性を認め、素晴らしさを評価している
    4.自然から切り離されていると感じることが多い★
    5.自分の人生はより大きなプロセスの一部であると感じる
    6.動物や植物に親近感を覚えることが多い
    7.私が地球に所属しているように地球も私の一部だと感じる
    8.自分の行動が自然にどんな影響を与えるかを理解している
    9.私はしばしば生命の広がりの一部であると感じる
    10.人間も人間でない生物も、地球上のすべての生物が共通の「生命力」を共有していると感じる
    11.木が森の一部であるように、自分をより広い自然に組み込まれていると感じる
    12.地球上で、自分は自然界の順位の上位に位置すると感じる★
    13.自分は周りの自然界のほんの一部に過ぎず、地面の草や木の上の鳥よりも重要ではないと感じることがよくある
    14.私の個人的な幸福は、自然界の幸福とは関係がない★

    それぞれ採点できたでしょうか?
    ★の付いている質問だけ点数を逆転して、それぞれの点数を合計して最後に14で割って平均点を出します。

    平均点は3.65点
    平均点は3.65ということですから、これを下回ると自然欠乏気味だと考えてください。
    この場合には、これから紹介する自然からの様々なメリットを得ることができていない可能性が高いです。
    もっと意識して自然に触れる時間を作るようにしないと、様々な問題が出てくるかもしれません。

    自然の力というものは本当に大きなものです。
    自然に触れてからわずか0.2秒でポジティブになれたりネガティブなことが気にならなくなります。
    これ以外にも人生に大きなインパクトを与えるさまざまなメリットがあります。

    これらの効果を知った上で実際に自然に触れていただければ、通勤途中にある公園の木々を眺めたり、週末に海や山に出かけた時も、やはりそこから得られる効果は高くなります。

    自然の力を活かすためのおすすめ
    自然の力を活かすためのおすすめの本もいくつか紹介しておきます。


    NATURE FIX 自然が最高の脳をつくる―最新科学でわかった創造性と幸福感の高め方

    自然の力で治す


    自分を操り、不安をなくす 究極のマインドフルネス
     

    生き物としての力を取り戻す50の自然体験 ―身近な野あそびから森で生きる方法まで (Make: Japan Books)
     

    28のバイオフィリア効果

    ①速効性:0.2秒でポジティブ、幸福に敏感、ネガティブに鈍感
    人は自然に触れるとわずか0.2秒でポジティブ感情が湧いてきます。

    人間には自分の感情と近い感情を周りから集める習性があります。
    そのため、嫌なことがあったら嫌なことが続くし、良いことがあったら良いことが続くと感じるわけです。

    ネガティブな感情を持った人が、どんどんネガティブな状況になって行くことを断ち切ってくれるのが自然です。
    わずか0.2秒でポジティブな感情が湧いてきて、人間関係でも幸せな人と付き合う確率が高くなります。
    さらに、ネガティブなことに鈍感になります。
    つまり、心理的に嫌なものと距離を置いて、ポジティブなものとの距離を近づけることができます。
    自然に触れるだけでこれができるということです。

    ②幸福度:自然=孤独と友人の差、趣味へ没頭
    都会で暮らす人の幸福度と自然の中で暮らす人の幸福度の違いは、たくさんの友人に囲まれた人と孤独な人の幸福度の違いに匹敵します。
    それぐらい自然に触れない生活というものは、人生に強烈なダメージを与えるということです。

    さらに、自然の中にいるだけで、皆さんが大好きな趣味に没頭している時と、病院の待合室で待たされているような退屈な時、この幸福度の差とも同じぐらいだと言われています。

    ですから、特に趣味がないという方も多いと思いますが、そんな人も特に何かをするわけでなくとも、自然の中で過ごす時間を増やした方がいいということをサセックス大学の研究が示してくれています。

    ③創造性:3日のハイキングで1.5倍
    新しいアイデアを思いつきたい時や煮詰まった時には自然に触れましょう。
    クリエイティビティも上がるので、考え事をする時には森の中が一番です。

    3日間のキャンプやハイキングをすることによって、人間の創造性が1.5倍にまで向上するという研究があります。
    ということは、ビジネスで新しいアイデアを考えるためにも、人生における逆境を乗り越えるためにも自然の力を使った方がいいのではないかということになります。

    ④DMN:自然で活性化する脳の癒し、脳の3つのNetwork
    DMNは、脳を回復させるぼんやりしている時だけ機能する脳のネットワークで、自然の中にいる時に活性化します。

    脳が持つ3つのネットワークは、
    ・実行:集中作業、刺激への反応と抑制
    ・空間:自分の位置を把握
    ・DM:他のネットワークがオフの時に起動
    基本的にはどれかひとつしか起動しません。
    ですから、集中力を発揮する場所や仕事に専念する場所と同時に、自分の脳を癒す場所が定期的に必要で、そんな自然に触れる場所を大切にするようにしてください。

    自然の効果はまだまだあります。
    あまりにも多すぎて数えきれないぐらいですが、全部で26の効果について今回は解説させてもらいます。
    続きを知って、自然の効果を生活に取り入れて人生を変えたいという方は、ぜひ続きもチェックしてみてください。