• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 9件
  • 一問一答「あなたが最近読んだ本はなんですか?」【今すぐ読書したくなる心理学】

    2021-07-10 12:30  
    330pt
    あなたが最近読んだ本はなんですか?
    思いつかないという方は、その理由はなんでしょうか?

    DaiGo師匠の質疑応答でも読書に関する相談は結構多いですが、
    今回は、読書にハマっていておすすめの本を尋ねてきた中学生の質問をもとに、今すぐ読書をしたくなる心理学についてまとめてみたいと思います。

    Q. 中学生で今読書にハマっています。
    年齢を気にせず何かおすすめの本を教えてもらえないでしょうか?

    では、中学生がまず読まないであろう本を紹介しておきます。

    ファスト&スロー あなたの意思はどのように決まるか? 文庫 (上)(下)セット

    これは簡単に言うと人の愚かさがわかる本です。
    若い人が読む本ではないでしょうが、若い人が読めば人生が変わる本です。
    人間がなぜ愚かなのかということを教えてくれる行動経済学の大家の先生が書かれた本です。

    DaiGo師匠の解答は以上でした。

    読書で価値はすぐに手に入らないが…

    Dラボの「富をもたらす5つのマネースクリプト」でDaiGo師匠が言っていたことを覚えているでしょうか?
    お金持ちと貧乏には節約の仕方に違いがあり、本当のお金持ちは、学んで成長するための読書の費用も、その値段が高いかどうかということではなく、出したお金以上の価値が返ってくるかどうかということを考えて判断しているということでした。

    もちろん読書の場合その価値はすぐには手に入りません。
    僕達は今目の前のことに取り組むことにより、今この瞬間に成長していくということを見るべきなのに、ダメな人ほど結果を焦って求めてしまいます。
    これは毎日の筋トレやダイエットでも、勉強でも読書でも全く同じです。
    読書であれば、それを続けた後の頭が良くなるとか、みんなに尊敬されるとか、お金が稼げるようになるということばかりに注目してしまいます。

    結果というものは、それがすぐに得ることができるものであればあるほど価値は低いものです。
    これは当然ですが、それはすぐに手に入れることができるものであれば、誰でもすでに手に入れているはずです。
    ですから、Dラボで紹介している知識をもとに効率よく学ぶことは意識してもらいたいですが、まずは求めているものが容易に手に入らないということを認識することも必要です。
    手に入れるのは難しいし時間もかかるけれど、その手に入れるまでの道筋をはっきりと明確にして、戦略を立てることによりできるだけ早く確実に手に入れると考えることが大切です。
    その道筋をはっきりと明確にするための知識をDaiGo師匠は様々な切り口から紹介しているわけです。

    ミリオネアにとっての読書

    同じくDラボの「ミリオネアの17の習慣」でも読書の重要性については紹介しています。
    世の中には色々な業界がありお金の稼ぎ方も様々にあるわけですが、ミリオネアの生活に焦点を当てた場合には、そこにはいくつかの共通点が見えてきます。
    生活の習慣や判断や選択の決め方などに共通点がどうやらあるようで、そんなミリオネアたちが持っている特徴のひとつに読書という習慣がありました。

    一般の人の読書習慣の割合としては、月に1冊程度を読むというレベルでもわずか10%程度になるというデータを以前に見たことはありますが、それぐらいほとんどの人は本を読まないということです。
    現代人は特に本を読まなくなってきているわけですが、ミリオネアたちは例外で、ミリオネアたちの88%は熱心な読者家だったということが分かっています。

    ミリオネアたちは毎日とても忙しいでしょうしスケジュール調整も難しい状況でしょうが、そんな中でも読書時間を必ず作っているというのが9割近くものミリオネアたちの特徴でした。
    忙しいミリオネアたちであっても、平均して1日に最低でも30分は集中して読書をする時間を確保していたということです。
    もちろんもっと長い時間読書している人もいましたが、どんな業種であってもミリオネアのおよそ9割の人は読書が好きな人たちで、平均すると最低でも30分は集中して読書をする時間を設けていたということです。

    1日30分の読書からはじめてみませんか?

    1日には最低でも30分の読書時間を設けるようにして、それを余裕がある時には徐々に広げるようにして、どんなに忙しい日でも少なくとも30分だけは読書をするということから始めるだけでも、皆さんはミリオネアの習慣をひとつ身につける事ができるということです。

    ミリオネアたちが読書を習慣にしている理由としては、この30分により当然知識を取り入れるということも重要なわけですが、ミシガン大学の研究で興味深いものがあり、周りの人に声をかけられたりスマホの通知が鳴ったりすることがなく邪魔をされない状態で30分間の読書をすると、それだけでストレスのおよそ68%程度がカットされるということが示されています。

    ですから、ミリオネアたちが少なくとも30分間は読書をするというのは、自己改善のための知識を手に入れるという目的もありますが、それと同時にやはり知識を実際に使うにはやはり余裕が必要になりますし、ストレスがある程度リリースされている状態でないと知識を新しいことに使うのは難しくなります。

    ストレスを日常的に感じている人はそうでない人に比べて IQ が著しく下がり、10ポイントから15ポイント程度下がると言われています。
    IQ が10ポイントから15ポイント変わるというのは人生が激変するぐらいのレベルの違いになります。
    ミリオネアたちは、日々新しい知識を取り入れながらも自分のストレスをリリースすることができる一石二鳥にもなるような読書を習慣にしていたということです。

    皆さんも88%のミリオネアたちと同じように少なくとも1日30分の読書時間を作るということから始めてみてはいかがでしょうか。

    DaiGoが学生時代1億は稼いだ1冊

    DaiGo師匠が、この本だけで1億ぐらいは稼いだのではないかとも言える本があります。
    自分の商品やサービスを売ろうとする時には、もちろん科学的な根拠やデータの分析なども重要ですが、やはり未だ数値化することができていない感覚やセンスの部分も重要です。
    この微妙な隙間を考える必要があるわけなので、その両方を教えてくれるビジネスの入門書として最適なのではないかという1冊です。


    シュガーマンのマーケティング30の法則 お客がモノを買ってしまう心理的トリガーとは

    あまりにも素晴らしい本なので僕が帯も書かせてもらいました。
    帯では10倍の値段で買っても損をしない本とさせてもらっていますが、正直それ以上の値段でも損はしないと思います。
    それぐらい実際に活用すれば元を取ることができる本だということです。

    本というものは、ちゃんとそれを使うことさえできればほとんどの方は元を取ることができます。
    いい本であれば、それを読んでちゃんと使いさえすれば損をしない投資です。
    師匠の場合は、ダメな本だったとしても、どこをどう直せば良い本になるのかということまで考えて、そこから新しい本を出すきっかけになったり新しい切り口を見つけることができたりします。

    この本の著者のジョセフ・シュガーマンという方はとても有名な人ですが、 アメリカで初めて800というフリーダイヤルを使って注文を取る仕組みを作った人で、クレジットカードで決済すると電話代が無料になるというサービスを作られた方です。
    今では当たり前のようなサービスではありますが、そのようなアイデアが何もなかった時代にそれをカタチにした人です。

    30種類の法則を実際のストーリー形式でどのようなことに気をつけたらいいのかというようなことが書かれている内容になっています。
    実際にシュガーマンさんが活躍されていた時代は昔のことではありますが、彼の法則はその後の研究でも科学的に実証されているものばかりです。
    科学が証明している実際に使えるテクニックがたくさん紹介されている本ですので、ぜひ皆さんも読んで使ってみていただけたらと思います。

    師匠はこの本を確かまだ大学にいた頃に買いましたが、この本のおかげで実際に売れる本をかけるようになったりビジネスでも非常に役に立ちました。
    自分のビジネスや副業を始めたいけれど、どこから始めたらいいのかがわからないという人は、とりあえずこの本から始めてみるというのもいいのではないでしょうか。

    読書で人生が変わる!

    Dラボでも読書の大切さについては何度も紹介しています。
    例えば、「若い時にやると人生変わる8つのこと」では、人生のできるだけ初期に行っておくべき行動として読書があるということを解説しました。

    実は、僕たちが人生で抱える問題のほとんどを、その読書による知識ではなく、読書という行動をとったことにより得ることができる副産物がたくさんあり、それが解決してくれるということです。
    読書は筋トレと同じで、最初から難しい本や分厚い本を読めるわけではありません。
    ですから、子供や今まであまり読書をしていなくて苦手な人は、最初は別に無理をする必要はなく薄い本から始めればいいです。

    人生のできるだけ早い段階から本を読むという練習を始めておいた方がいいです。
    早めに本を読む力を鍛えておくことによって、人生のさまざまな問題を解決しやすくなります。
    読書で得られるものとしては、読書により僕たちの人生の質が上がります。
    人生における幸福度や満足度が上がるということです。
    これはどんなジャンルの本でも構いません。本を読み切る能力を身につけることが大切だということです。

    本人だけでなく家族みんなに良い影響が!

    読書をすればするほど人生の質は上がるし、社交性も身につき、家族まで幸せになるということが分かっています。
    ですから、親も子供も本を読むことによって、その家族みんなの人生の質も上がるし、社交的になるので、家族の中でももちろんですが家族の外でも上手にコミュニケーションが取れるようになり、人間関係は良くなることで幸せになります。
    家庭において本を読むということはとても重要なことになるわけです。

    読書とは家族みんなですべきことです。
    忙しい人ほど、しんどい人ほど、仕事で疲れている人ほど、ママ友との関係や学校での関係や親戚との関係でストレスが溜まり悩みを抱えている人ほど、子供と一緒に読書を楽しんだり子供に読み聞かせをしてあげるべきです。
    これを毎日した方が、親は自分の行動や自分の人生に自信を持てるようになるし、当然子供との関係が良くなるだけでなく、周りの人との人間関係も良くなり人生の質も高くなる上に、ストレスが減って鬱になる可能性も減ります。

    子供向けの本や絵本からでも十分です!

    絵本も、子供の頃に読んだことがある絵本であっても大人になってから読むと、深いストーリーを感じたりすることもあると思います。
    例えば、『100万回生きたねこ』という絵本がありますが、これも大人になってから読むと考えさせられることも結構あります。
    ですから、絵本に限らず子供向けの本だからといってバカにせず読んでみるのも良いのではないでしょうか。


    100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)

    大人になると、書類などの定型文やSNS などの短文しか読まなくなり、ちゃんとした本を読んでいない人も多いと思います。
    子供の本も結構バカになりませんので、読まないよりは絶対に読んだ方がいいと思います。

    ここから先は、さらに読書の大切さについてやもっと本を読みたくなる心理学について紹介していきます。
    読書で人生を変えたいという方はぜひ続きをチェックしてみてください。
     
  • 効率的に身につく読書法とは?!

    2020-09-01 21:28  
    330pt
    1
    夏休みラストの駆け込み課題の読書感想文コンテスト!
    ギリギリの募集にも関わらず、たくさんのご応募ありがとうございます!

    順次、拝読しておりますので、近日中に総評をお伝えさせていただきます!

    論文リサーチャーメンバーに続いて、読書リサーチャーとして、インターンに進んでもらえる方がいるのかどうか乞うご期待!

    それでは、今回は、本の読み方をご紹介します↓↓
    目次

    速読の真実
    読書スピードを決めるものとは?
    1. 読書のための集中力を高めるテクニック
    2. パーソナル・レリバレンス
    読書の復習のテクニック
    3. キュリオシティ・ギャップ

    速読については、DaiGoもいろいろと試した時期もありましたが、はっきり言って、科学的根拠もありちゃんと使うことができる速読というものは存在しません。
    例えば、1冊を1分で頭に入れるような速読というものは当然矛盾もあり、文字を追うというだけであればでき

    記事を読む»

  • 師匠にプレゼン!読書感想文コンクール/読書法まとめ

    2020-08-27 17:15  
    300pt
    1
    夏休みラストスパートかけ込み企画!
    "読書感想文コンクール"を開催します。

    スーパーコネクターのつばさです。
     
    夏休みと言えば、自由研究と読書感想文!
    というイメージがあるのは、私だけでしょうか?!
     
    現在、兄弟子プロジェクトをはじめ、いくつかのサークル活動が水面下で動いており、Dラボ機能との連動の兼ね合いで調整が続いている状況ではあるのですが、
    活動報告をブロマガや収録動画にてご紹介する予定です。
     
    また、リサーチャー部に関しては、一次審査通過者の中から、実地インターンメンバーも出ており、実際にYouTubeのネタをリサーチいただいたものを師匠DaiGoが放送している最近で、DaiGoのオーダーに応えていただきながら、どのジャンルがウケがいいのか視聴者データも踏まえて検証してます。
     
    たくさんの方々から応募やメッセージをいただく中で、
    リサーチやまとめが勉強になるし、久々に課題に集中して楽しかった!!という声が多く届いており、
     
    サークル活動や習い事、課題や目標(宿題と言うといろいろ問題がありそうなので、ここでは控えますwww)を弟子メンバーで共有していくことの有用性を改めて感じております。
     
    そこで、ブログ記事の減少でご不満も高まっているであろう皆さんへの特別特典として、DaiGoとのやりとりや関わりを持ちやすい機会を設けていきます!
     
    まずは、お試し企画として、英文の論文は読めないけど、本は読みます!という方々はたくさんいらっしゃるので、参加の機会を増やすべく、
    参加資格は、メントレラボ会員の皆様限定で、本の要約やレビュー、リサーチレポートを募集します!
     
    オススメ本の要約やレビュー、お気に入り本ランキングまとめ、実践報告など、まとめ方は問いません。
    あまり長過ぎるのは読み切れないので、1500字以内でお願いします。
     
    提出は、必ず“Googleドキュメント”でまとめてください。
    その際、ログインしなくても読めるように、閲覧者を「リンクを知っている全員(このリンクを知っているインターネット上の全員が閲覧できます)」に設定し、そのリンクを上記フォームから送ってください。
     
    "読書感想文コンクール"と題して、
    今回は、夏休みの駆け込みラストスパートな気分を味わっていただく課題として、8/31 23:59締め切りとさせていただきます!
     
    ①DaiGoの書籍から
    ②DaiGoがオススメしていた書籍から
    ③逆プレゼン!DaiGoにオススメ書籍
     
    上記の課題を1つから無制限に選んで、下記までご応募ください。

    応募フォームはこちら▶︎https://daigoblog.jp/reading-impressions/

     
    審査は、チームDaiGoメンバーとDaiGoでさせていただき、
    9月初旬にメントレラボの生放送にて、DaiGoと番組内で総評をお伝えさせていただきます。
     
    また、ピックアップ作品は、DaiGoのYouTubeチャンネルやSNSにてご紹介させていただく可能性があります。
     
    本好きの皆さんの読書感想文を楽しみにしております。
    それでは、今回は、読書法のまとめ記事をどうぞ!<参考リンク>DaiGo著書一覧▶︎https://daigoblog.jp/books/おすすめしてきた書籍▶︎https://honya-trip.com/daigo/
     

    記事を読む»

  • 1回読むだけで記憶に残る!最強の読書「メタ認知読書術」

    2020-08-27 16:59  
    306pt
    本当に理解力を高めるための読書術には、どんなものがあるのかという研究は色々と行われています。2013年にハジェテペ大学が過去に行われた様々な読書術研究の中から信頼性が高い研究を15個選び出して、本の理解力を高める方法を徹底的に調べたレビュー研究があります。
    そこから、本の理解力を高める読み方が分かっています。
    大きく分けて6つのテクニックがあり、これらを使うと理解力は高まります。
    6つの読書テクニック

    プレディクティング(Predicting):本の内容を予測する
    ビジュアライジン(Visualizing):視覚的に想像する
    コネクティング(Connecting):自分の知っていることや本の内容を結びつける
    サマライジング(Summarizing):要約する
    クエスチョニン(Questioning):自分に対して本の内容を質問する
    インフィリング(infilling):行間を読む

    1. プレディクティング(Predicting)
    その本に書いてある内容を予測する手法です。
    普段から書籍のタイトルや著者・目次・帯などから、皆さんもどんなことが書いてあるかを想像するとは思いますが、記憶に残すためのポイントとしては、自分の過去の経験や自分がすでに持っている知識を使って、その本にどのようなことが書いてあるのかを予測するということが重要になります。
    もちろん、タイトルや目次を見ながらでも結構ですので、まずは、どのようなことを書いてあるのかを予測してください。
    自分の知識と結びつけて物事を見るようになるので、予測力も鍛えられますし、自分の知識や予測とどれぐらい違っていたのかということを後からチェックできるので、意外性が記憶として残ります。
    サプライズや意外だったことは記憶に残りやすいというのは、納得できると思います。
    最初に予測があるからこそサプライズがあります。最初のプレディクティング(Predicting)がないと、予測を裏切るということは起きないので意外性はなく記憶に残りにくくなります。
    ですから、最初に予測することを行ってください。
    さらに、大切なのは、実際に読み終わった後に、自分の予測がどれぐらい正しかったのか自己採点しないといけません。それをすることなくただ目次を見て予測するだけでは意味がありません。
    こんな内容が書いてあるだろうとか予測した内容をメモしておくとか、記録しておくといいです。
    重要なところを音読すると記憶に残りやすくなるという研究もありますので、ぼくのおすすめは、この目次のこの部分はこんなことが書いているのではないかなという予測をスマホの音声認識機能でメモする方法です。記録せずに記憶だけでこの採点をしようとすると、バイアスも働いて正しく採点できませんので全部でなくとも自分が興味がありそうな一部だけでもいいので記録しておきましょう。
    ポイントとしては・・・
    自分の知識や経験に基づいて予測をする
    予測を記録しておく
    読み終わった後に予測の自己採点をする
    2. ビジュアライジン(Visualizing)
    自分が読んでいる内容を頭の中に思い浮かべてみる作業です。登場人物の行動や姿とかをイメージしたり紙に書き出してみるというのが基本です。小説であればみなさん自然としていると思います。
    実用書だと後から内容を聞かれても思い出せないという人でも、ストーリーのある小説だと説明できるものです。
    参考書や実用書で内容を思い出せないのはビジュアライジングしていないからです。
    当たり前ですが、いい小説は映画のように登場人物の姿や行動などを映像として想像しながら読みますから記憶に残るわけです。
    最近流行っている漫画でわかる◯◯シリーズはこのビジュアライジングをしやすいから手軽に読めます。
    実用書や教養書、専門書や参考書も方法が違うだけでビジュアライジングができます。
    論理構造をマインドマップのように絵でイメージをします。例えば、前提→解説→結論を絵でイメージします。
    例えば、この研究は前提がこれ、意外な実験としてこういったものがあって、結果はこうなったという論理構造を頭の中に映像で想像します。
    ガリレオのノートも絵のようになっています。検索すると出てくると思いますから見ていただくと論理構造が絵のようになっています。
    実際に学生の方達におすすめしたいのが、テスト勉強をするときにテスト範囲の内容をA4の紙一枚に纏めてみてください。
    試験前に何枚も何枚もプリントを見返したりしている人がいますが、そうすると、焦ってしまって全く記憶に残らないものです。ところが、A4用紙1枚に試験範囲の内容の用語や単語だけでいいので、ビジュアライジングして纏めておいて試験前にそれを見返すと、記憶を引き出しやすくなります。これだけでもテストの結果はよくなります。
    一度学んだことであれば、ビジュアライジングしておくことで記憶を引き出しやすくなりますから、これだけでもテストの成績はあがります。
    テストの前日にテスト範囲の内容をビジュアライジングしてまとめるというのもおすすめです。
    皆さんも覚えていたはずなのに思い出せないものも、何かヒントがあると思い出すことがあると思います。それは忘れているわけではなく思い出せないだけです。人間は本を読んだり勉強した直後はパーツ一つ一つは覚えているものですが、組み立てる設計図をビジュアライジングして、それを組み上がった状態でイメージできるようにしておかないと思い出すことができないわけです。
    残りの4つのテクニック・・・ 

    コネクティング(Connecting):自分の知っていることや本の内容を結びつける
    サマライジング(Summarizing):要約する
    クエスチョニン(Questioning):自分に対して本の内容を質問する
    インフィリング(infilling):行間を読む

    を知りたい方は続きをどうぞ。
     
  • 人生変わる読書術【探し読み】を徹底解説〜科学に基づくDaiGo愛用の読書法を初解説

    2020-08-27 16:59  
    306pt
    今回は106件の研究でわかった最強の読書スキルの高め方を紹介したいと思います。
    本を買ってもなかなか読みきれない
    時間をかければ本を読めるけれど頭に残らない
    という人が結構いると思いますが、読書スキルには基本的に3つあります。
    読書スキル

    1. 本の内容を理解する能力(インプット)
    2. 本を早く読む能力(スピード) 
    3. 本で学んだことを自分のものにする能力(アウトプット)

    これらを上げるにはどうすればいいのでしょうか。
    2010年にカーネギーコーポレーションがライティングと読書スキルに関するメタ分析を行ってくれています。
    本を読む時に人によってはマーカーで線を入れたりメモを書き入れたり、がっつりとノートをとる人もいると思います。
    より効率良くするにはどうすればいいのかということを調べてくれています。
    ライティングと読書スキルに関する106件の研究をさらにまとめて結論を導き出すとし
  • (再配信)人生変わる読書術【探し読み】を徹底解説〜科学に基づくDaiGo愛用の読書法を初解説

    2020-05-20 11:50  
    306pt
    今回は106件の研究でわかった最強の読書スキルの高め方を紹介したいと思います。
    本を買ってもなかなか読みきれない
    時間をかければ本を読めるけれど頭に残らない
    という人が結構いると思いますが、読書スキルには基本的に3つあります。
    読書スキル

    1. 本の内容を理解する能力(インプット)
    2. 本を早く読む能力(スピード) 
    3. 本で学んだことを自分のものにする能力(アウトプット)

    これらを上げるにはどうすればいいのでしょうか。
    2010年にカーネギーコーポレーションがライティングと読書スキルに関するメタ分析を行ってくれています。
    本を読む時に人によってはマーカーで線を入れたりメモを書き入れたり、がっつりとノートをとる人もいると思います。
    より効率良くするにはどうすればいいのかということを調べてくれています。
    ライティングと読書スキルに関する106件の研究をさらにまとめて結論を導き出すとし
  • ノート術・読書術をまとめてみた!

    2020-04-24 11:50  
    306pt
    1
    自粛中で苦しい状況におかれている方も多いと思います。そんな中でも前に進もうと、今こそ爪を研ぐ時期と考えて毎日頑張っている皆さんに、少しでもお役に立てていただければと、ノート術・読書術にまつわる内容をまとめてみました。なかなか普段はできなかったけれど、これをいい機会と捉えて、学ぶ力を鍛えていこうとする方は、ぜひご活用ください。1. 記憶に残すためのノートの取り方
    ノートは記録のためではなく記憶のためにとるものです。ただ記録するだけであればボイスレコーダーでもいいですし、スマホで写真を撮ったり動画を撮るほうが楽ですし、そもそも検索すれば、ほとんどのことは出てきます。
    無理に暗記したりするのではなく、自然と覚えられる方法で、短時間でノートを取り、しかも、それが記憶にも結びつくような方法です。
    ノートは一冊にまとめる。
    ルーズリーフではなく通常の綴じられたノートで一冊にまとめて使うのが、とても重要

    記事を読む»

  • 人生変わる読書術【探し読み】を徹底解説〜科学に基づくDaiGo愛用の読書法を初解説

    2020-01-10 11:50  
    306pt
    今回は106件の研究でわかった最強の読書スキルの高め方を紹介したいと思います。
    本を買ってもなかなか読みきれない
    時間をかければ本を読めるけれど頭に残らない
    という人が結構いると思いますが、読書スキルには基本的に3つあります。
    読書スキル

    1. 本の内容を理解する能力(インプット)
    2. 本を早く読む能力(スピード) 
    3. 本で学んだことを自分のものにする能力(アウトプット)

    これらを上げるにはどうすればいいのでしょうか。
    2010年にカーネギーコーポレーションがライティングと読書スキルに関するメタ分析を行ってくれています。
    本を読む時に人によってはマーカーで線を入れたりメモを書き入れたり、がっつりとノートをとる人もいると思います。
    より効率良くするにはどうすればいいのかということを調べてくれています。
    ライティングと読書スキルに関する106件の研究をさらにまとめて結論を導き出すとし
  • 1回読むだけで記憶に残る!最強の読書「メタ認知読書術」

    2019-04-22 11:50  
    306pt
    本当に理解力を高めるための読書術には、どんなものがあるのかという研究は色々と行われています。2013年にハジェテペ大学が過去に行われた様々な読書術研究の中から信頼性が高い研究を15個選び出して、本の理解力を高める方法を徹底的に調べたレビュー研究があります。
    そこから、本の理解力を高める読み方が分かっています。
    大きく分けて6つのテクニックがあり、これらを使うと理解力は高まります。
    6つの読書テクニック

    プレディクティング(Predicting):本の内容を予測する
    ビジュアライジン(Visualizing):視覚的に想像する
    コネクティング(Connecting):自分の知っていることや本の内容を結びつける
    サマライジング(Summarizing):要約する
    クエスチョニン(Questioning):自分に対して本の内容を質問する
    インフィリング(infilling):行間を読む

    1. プレディクティング(Predicting)
    その本に書いてある内容を予測する手法です。
    普段から書籍のタイトルや著者・目次・帯などから、皆さんもどんなことが書いてあるかを想像するとは思いますが、記憶に残すためのポイントとしては、自分の過去の経験や自分がすでに持っている知識を使って、その本にどのようなことが書いてあるのかを予測するということが重要になります。
    もちろん、タイトルや目次を見ながらでも結構ですので、まずは、どのようなことを書いてあるのかを予測してください。
    自分の知識と結びつけて物事を見るようになるので、予測力も鍛えられますし、自分の知識や予測とどれぐらい違っていたのかということを後からチェックできるので、意外性が記憶として残ります。
    サプライズや意外だったことは記憶に残りやすいというのは、納得できると思います。
    最初に予測があるからこそサプライズがあります。最初のプレディクティング(Predicting)がないと、予測を裏切るということは起きないので意外性はなく記憶に残りにくくなります。
    ですから、最初に予測することを行ってください。
    さらに、大切なのは、実際に読み終わった後に、自分の予測がどれぐらい正しかったのか自己採点しないといけません。それをすることなくただ目次を見て予測するだけでは意味がありません。
    こんな内容が書いてあるだろうとか予測した内容をメモしておくとか、記録しておくといいです。
    重要なところを音読すると記憶に残りやすくなるという研究もありますので、ぼくのおすすめは、この目次のこの部分はこんなことが書いているのではないかなという予測をスマホの音声認識機能でメモする方法です。記録せずに記憶だけでこの採点をしようとすると、バイアスも働いて正しく採点できませんので全部でなくとも自分が興味がありそうな一部だけでもいいので記録しておきましょう。
    ポイントとしては・・・
    自分の知識や経験に基づいて予測をする
    予測を記録しておく
    読み終わった後に予測の自己採点をする
    2. ビジュアライジン(Visualizing)
    自分が読んでいる内容を頭の中に思い浮かべてみる作業です。登場人物の行動や姿とかをイメージしたり紙に書き出してみるというのが基本です。小説であればみなさん自然としていると思います。
    実用書だと後から内容を聞かれても思い出せないという人でも、ストーリーのある小説だと説明できるものです。
    参考書や実用書で内容を思い出せないのはビジュアライジングしていないからです。
    当たり前ですが、いい小説は映画のように登場人物の姿や行動などを映像として想像しながら読みますから記憶に残るわけです。
    最近流行っている漫画でわかる◯◯シリーズはこのビジュアライジングをしやすいから手軽に読めます。
    実用書や教養書、専門書や参考書も方法が違うだけでビジュアライジングができます。
    論理構造をマインドマップのように絵でイメージをします。例えば、前提→解説→結論を絵でイメージします。
    例えば、この研究は前提がこれ、意外な実験としてこういったものがあって、結果はこうなったという論理構造を頭の中に映像で想像します。
    ガリレオのノートも絵のようになっています。検索すると出てくると思いますから見ていただくと論理構造が絵のようになっています。
    実際に学生の方達におすすめしたいのが、テスト勉強をするときにテスト範囲の内容をA4の紙一枚に纏めてみてください。
    試験前に何枚も何枚もプリントを見返したりしている人がいますが、そうすると、焦ってしまって全く記憶に残らないものです。ところが、A4用紙1枚に試験範囲の内容の用語や単語だけでいいので、ビジュアライジングして纏めておいて試験前にそれを見返すと、記憶を引き出しやすくなります。これだけでもテストの結果はよくなります。
    一度学んだことであれば、ビジュアライジングしておくことで記憶を引き出しやすくなりますから、これだけでもテストの成績はあがります。
    テストの前日にテスト範囲の内容をビジュアライジングしてまとめるというのもおすすめです。
    皆さんも覚えていたはずなのに思い出せないものも、何かヒントがあると思い出すことがあると思います。それは忘れているわけではなく思い出せないだけです。人間は本を読んだり勉強した直後はパーツ一つ一つは覚えているものですが、組み立てる設計図をビジュアライジングして、それを組み上がった状態でイメージできるようにしておかないと思い出すことができないわけです。
    残りの4つのテクニック・・・ 

    コネクティング(Connecting):自分の知っていることや本の内容を結びつける
    サマライジング(Summarizing):要約する
    クエスチョニン(Questioning):自分に対して本の内容を質問する
    インフィリング(infilling):行間を読む

    を知りたい方は続きをどうぞ。