• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 1件
  • 72.8%の女子がイッちゃう【栗とリスの科学】〜ナカイキとGスポの嘘

    2019-10-31 11:50  
    306pt
    あくまで科学的な内容です。
    変にエロい話を期待されている方はご遠慮ください。真面目な保健体育の話です。
    主にアレクサンドラ・ユバンさんの『クリトリス革命』から様々な研究を紹介させていただきます。
    「ジェンダー先進国フランスから学ぶわたしの生き方」をフランスの地より解説しました。
    コンプレックスを持ってしまいそんなことを言えないという女性達に光を与えたいとの思いで書かれた素晴らしい本です。
    アレクサンドラ・ユバンさんは心理に関する研究もされていますので、心理学的な側面や女性がどのようなことに悩むのか、どのようにすればいいのかということもこの本には書かれています。
    今回僕が紹介する内容は、解剖学的な内容を中心に論文の出典としてのごく一部ですから、興味がある方はぜひ読んでみてください。


    クリトリス革命 ジェンダー先進国フランスから学ぶ「わたし」の生き方
    posted with amazlet at 19.09.10

    アレクサンドラ・ユバン カロリーヌ・ミシェル 太田出版 売り上げランキング: 92,182

    Amazon.co.jpで詳細を見る





    合わせて性科学に関するおすすめの本として、
    オルガスムの科学――性的快楽と身体・脳の神秘と謎
    性の進化論――女性のオルガスムは、なぜ霊長類にだけ発達したか?
    ベッドの上の心理学 感じるオトナのための保健体育
    この3冊を紹介しておきます。
    主な内容としては・・・
    ・実は存在しない膣(ナカ)イキとGスポット
    ・実は朝勃ちもする知られざる【栗とリス】の秘密
    ・ 【栗とリスの感度】高める8つのテクニック
    を解説させてもらいます。
    ご覧になりたい方は続きをどうぞ↓