• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 6件
  • ☆メルマガPLANETS vol.4☆~自意識を意識できてるなんて無言の主張はバレバレだからヤメレ~

    2012-09-28 07:00  
    309pt
    「前敦はキリストを超えた」、遂にあっちゃんがゴルゴダの丘に……! 速水さんインタビュー第5回は、『ラーメンと愛国』に引き続き、最新刊『都市と消費とディズニーの夢』について伺っていきます! 「テレビでは言えない話」、「哲学の先生と人生の話をしよう」、「小人論」、すべてのコーナーで遠慮なく、弛みなく、「世界の真実」へと肉薄していきましょう。 映画レビューでは、そろそろ洋画を1本!ヴァレリー・ドンゼッリ監督『わたしたちの宣戦布告』を取り上げます。
  • ☆メルマガPLANETS号外:120927☆ 2012夏ドラマクロスレビュー!

    2012-09-27 12:00  
    309pt
    ※「特別インタビュー:宇野常寛『リッチマン、プアウーマン』について」(メルマガPLANETS号外2012夏ドラマクロスレビュー)から一部抜粋
    ――宇野さん、『リチプア』結構ハマってましたよね?
     去年にさ、同じ月9で『大切なことはすべて君が教えてくれた』ってドラマあったじゃない? それがさ、『リチプア』と同じ脚本家なんだよね。安達奈緒子さんていう人で、フジテレビの公募賞で出てきた人なんだよね。あの頃から「月9」ってさ、なんか変わろうと試行錯誤していたわけ。だってさ、この10年の月9でヒットしたのって、「キムタク」ものを除けば『のだめ』と『ガリレオ』なわけじゃない? 要はTBSやテレビ朝日のヒットドラマの手法をパクったものばっかりだったわけ。『ガリレオ』の作り方なんて、要は『トリック』でしょう? 堤幸彦のとんがった部分はそぎ落として、コンセプトだけ持ってきた。最近では『鍵のかかった部屋』なんかもその延長戦上にあると思うの。
     だから『流れ星』あたりから危機感はあったと思うんだよね。頼みのキムタクものもうまくいかないしさ。なんとかフジテレビじゃないとできないテイストのドラマで、しかもヒットさせなきゃいけない。『大切なことは~』はその問題意識がいちばん色濃く出た作品で、スタッフも若手だし物語や演出も結構冒険していた。それもアニメや演劇のテイストを入れていくゼロ年代的な方向じゃなくて、テレビドラマで純粋培養された手法をアップデートしようとしていた。でも脚本の構成がよくなかったのか、後半がただたたむことを目的にしたような小さな展開になってしまったんだよね。あれは残念だった。
     で、『リチプア』はそのリベンジだと思う。それもトレンディドラマ以降のフジ恋愛ドラマの文法を、つまり「月9」らしさを残しながらアップデートするっていう、あの枠が一番やらなきゃいけないことを正面からやってのけた。
    ――宇野さんの考える『リチプア』の魅力は?
     きっちり恋愛ドラマにしたこと。もっと言えばカッコイイ小栗旬とかわいい石原さとみを見せることに注力して、成功したことじゃないかな。
     ツイッターで普段はあまりドラマの話題をしない女性の知り合いが月曜の夜に「私は自分が思っているよりも小栗旬が好きだ」ってつぶやいていたんだよね。これってなんかわかるわけ。小栗旬ってさ、さいきんずっと「ファンが観たい小栗旬」と「本人が自分でこうありたいと思う小栗旬」のあいだにギャップがあって、お互い不幸になっていたじゃない? 映画撮ったり、河童やったりさ(笑)。
     でも、今年に入ってからはうまく両者のニーズが重なるところで仕事をしていると思うの。『キツツキと雨』の映画監督役とか、『宇宙兄弟』のアフロ兄貴役とかね。小栗旬の「ちょっと演技派、性格俳優に見られたい」欲と、ファンのちょっとクセのあるイケメンを愛でたい欲望が重なるところで仕事をしていたと思う。そしてこの日向役もそう。たしかに小栗旬にこの手の俺様をやらせるってのは意外となかった。そして意外と良かった。彼のナルシストな割に不器用そうなところと、役柄が合ってたと思うんだよね。
     石原さとみは僕、『てるてる家族』の頃から好きなんだよ。でも彼女、どんどん顔が変わるよね。不安定さの現れなんだろうけど。今回の石原は個人的にもベストに近い。あの「陽性のイタ可愛さ」はやばいよ。彼女を観たいというだけで十二分に視聴動機になるよね。
  • ☆メルマガPLANETS vol.3☆ ~小人は姫と結婚しても幸せにはなれない!?~

    2012-09-21 07:00  
    309pt
    速水さんインタビュー第4回は、『ラーメンと愛国』の裏テーマを伺います。 濱野さんの「前田敦子はキリストを超えた」は、いよいよ宗教論へ突入。 「テレビでは言えない話」は、「パブリックアクセス」について。 「小人論」では、(沢山の人の心を巻き込みながらも、)[白雪姫]の側の心理に迫っていきましょう! 映画レビューでは、西川美和監督『夢売るふたり』を取り上げます。
  • 石破茂と、『こんな日本をつくりたい』

    2012-09-19 14:11  
    (…) 「政治漂流」をテーマにしたその番組の出演者のひとりに石破さんがいた。 僕にはこの数年の政権の不安定は今の社会に現行の議会制民主主義のシステムが合っていないために起っているようにしか思えない。選挙制度改革や政党法の整備、ひいては両院制度の見直しまで射程に収めた議論が常識的に考えて必要だ。 それを、この番組はあろうことが「望ましいリーダーシップの形」といった居酒屋談義的な人格論に落とし込もうとしている。僕はさすがにこれはないだろう、と思って番組の構成にまでケチをつけて、議論を混ぜかえし続けた。しかし、他の出演者「空気を読まない」僕の話を無視するか、適当にあしらい続けた。 ただひとり、石破茂を除いては。
  • 世界の真実を探求するメールマガジン ☆メルマガPLANETS vol.2☆

    2012-09-14 07:00  
    309pt
    速水健朗 さんインタビューで は、「 二郎は海外進出可能か? 」を検討します。 益々加熱する カリホリ さんのL.A.ルポ「 テレビでは言えない話 」に、 濱野智史 さんの「 前田敦子はキリストを超えた 」も必読! 國分功一郎 先生の人生相談は、大阪府の会社員・マエダさんのお悩みに答えます。 「 小人論 」は、早速ケーススタディ編に突入!? 映画レビューでは、内田けんじ監督『 鍵泥棒のメソッド 』を取り上げました。
  • 世界の真実を探求するメールマガジン ☆メルマガPLANETS vol.1☆

    2012-09-07 07:00  
    309pt
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━              世界の真実を探求するメールマガジン                 ☆ メルマガPLANETS vol.1 ☆           発行:PLANETS  2012.9.7 (毎週金曜日発行)                  http://wakusei2nd.com/━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━こんにつあ、PLANETS編集部・秘書A子です。いつもPLANETSを御愛顧頂きましてありがとうございます。いよいよ会員限定チャンネル「PLANETSチャンネル」より、「メルマガPLANETS」本格始動です!振り返ればそれは春……担当某氏より、「実は『ニコニコ超会議』で、かなりアツい新サービスを発表予定なんですよ……!」と(小声で)知らされたのは、まだ桜の花もチラホラ残る時季だったでしょうか。あれから、早○か月……連載コンテンツの企画会議、錚々たる執筆陣へのオファー、日程を訊くたびに後ろへ後ろへと延びてゆくサービスイン時期、炎上する「前田敦子はキリストを超えた」……数々の苦難(???)を乗り越えて、遂に本日、こうして「vol.1」をお届けできます!結果的に、今の弊誌にできる、精一杯の内容を詰め込めたと自負しております。まだまだ至らない点も多いかと思いますが、生温かい&長い目で見守って頂けますと幸いでございます。ちなみに、そんな本日、弊誌編集長・宇野はというと、アメリカの堀潤さん宅で夏のバカンス真っ最中!現地より写真が送られてきましたので、ちらりとご紹介しますね。 ……。 ┌(┌^o^)┐ホモォ...それでは、編集部がお盆休み返上で揃えたコンテンツの数々、どうぞご堪能下さい!今号のコンテンツはこちら↓┌───────────────────────────────┐├○    メルマガPLANETS  vol.1:2012.9.7                        ├○                                                            ├○  01.【エッセイ】宇野常寛├○  高田馬場で働いている評論家の日常           ├○  「こんな日本をつくりたい」         ├○                                              ├○  02.【批評連載】濱野智史├○  前田敦子はキリストを超えた ├○  第1回  アーキテクチャからAKBへ├○├○  03.【人生相談】國分功一郎├○  哲学の先生と人生の話をしよう         ├○  第1回 「バブル世代の父親がドバイから生活費を送金しない」├○                                                        ├○  04.【ルポタージュ】カリホリ├○  テレビでは言えない話├○  第1回  刺されるから言えない├○   ├○  05.【インタビュー】この人のこの話がききたい               ├○  9月のこの人:  速水健朗さん(ライター) ├○  第2回  ゼロ年代カルチャーと二郎の類似点〔後編〕├○                                                                  ├○  06.【過去原稿】今週のお蔵出し├○  9/7のお蔵出し:「学級という『箱』を解体せよ」├○                (初出:毎日新聞「月刊ネット時評」2012年8月)├○                                                            ├○  07.【研究と探訪】小人論  ――暴走する片思いのメカニズム   ├○  第1回  映画『モテキ』に見る、白雪姫と小人の典型例├○                                                            ├○  08.【クロスレビュー】今週の映画批評  PLANETS映画チーム├○  9/7の映画:『踊る大捜査線  THE MOVIE 新たなる希望』├○                                                            ├○  09.【今週の宇野コレクション】├○  第2回  真・曹操ガンダム├○                                                            ├○  10.【読者投稿】今週の読者の声                             ├○                                                            ├○  11.【告知】今週のスケジュール                             ├○                                                            ├○  12.  編集後記&次回予告                                   ├○                                                            └───────────────────────────────┘※一部の連載記事については、「メルマガPLANETS vol.0 創刊準備号」からの続きとなっております。(創刊準備号はブログのみの掲載で、メール配信はされておりません。)創刊準備号へのリンクはこちらです。未読の方は併せてお楽しみ下さい!