• このエントリーをはてなブックマークに追加
「安倍晋三は『東京裁判はリンチだ』と主張できるのか?」小林よしのりライジング Vol.37
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「安倍晋三は『東京裁判はリンチだ』と主張できるのか?」小林よしのりライジング Vol.37

2013-05-14 21:00
  • 62

613fa6073c5f8ed03d0d4810436837a241e3c2b3
第37号 2013.5.14発行


「小林よしのりライジング」
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。
毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、AKB48ブームから現代社会を掘り下げる(本当は新参ヲタの応援記!?)「今週のAKB48」、よしりんの愛用品を紹介していく「今週の一品」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」、珍妙な商品が盛り沢山(!?)の『おぼっちゃまくん』キャラクターグッズを紹介する「茶魔ちゃま秘宝館」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが無限に想像をふくらませ、とことん自由に笑える「日本神話」の世界を語る「もくれんの『ザ・神様!』、秘書によるよしりん観察記「今週のよしりん」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行)


【今週のお知らせ】
※安倍政権は、慰安婦に対する謝罪を表明した河野談話や、日本の「侵略」を謝罪した村山談話を見直し、新談話を出すのではなかったのか?今週の「ゴーマニズム宣言」は、歴史認識問題において日本に残されたわずかな方法を提示!果たして安倍政権に「戦後レジームからの脱却」は可能か!?
※「今週のAKB48」は、この「小林よしのりライジング」の有料会員に向けてしか書けない、ちょっと過激で厳しい内容に…!今のAKB48が抱える重大な危険性を指摘!これからはやっぱり「UGN(ウラギラナイ)48」の時代だ!?
※あの大人気作にして、小林よしのりの代表作の一つ『おぼっちゃまくん』は、なぜ突然終わったのか?コロコロ編集部との間の軋轢?『ゴー宣』が忙しくなったから?今週の「よしりん漫画宝庫」にて、初めて真相が明かされる!


【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第39回「安倍晋三は『東京裁判はリンチだ』と主張できるのか?」
2. 今週のAKB48・第30回「イメージ崩壊の恐ろしさ」
3. 茶魔ちゃま秘宝館・#009「おぼっちゃまくんDVD-BOX こんばんワインBOX」
4. よしりん漫画宝庫・第37回「『おぼっちゃまくん』はなぜ終わったのか?」
5. Q&Aコーナー
6. 今週のよしりん・第37回「よしりんの現実逃避」
7. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
8. 読者から寄せられた感想・ご要望など
9. 編集後記




23a3e631e3eb82c2e8f302ee36ea29a1542aefc7

第39回「安倍晋三は『東京裁判はリンチだ』と主張できるのか?」

 韓国朴槿惠大統領は5月8日、米国上下両院合同会議で演説を行い、歴史認識に関して、名指しはしなかったが明らかに日本を念頭に置いて「過去を誠実に認めなければ明日はない」と非難した。
 ネトウヨや自称保守論壇はもちろんこれに憤慨し、批判を強めている。

 米議会調査局は、安倍首相の歴史認識を「帝国主義日本の侵略やアジアの犠牲を否定する歴史修正主義にくみしている」とする公式報告書を提出、米有力紙にも安倍首相の歴史認識を批判する社説が相次いでいる。
 ネトウヨや自称保守論壇は、なぜかこれには見て見ぬふりをしている。アメリカには逆らえない「親米ポチ」、へタレの腰抜けだからだ。

 彼らは、日米韓の関係がどうなっているのかという現実を一切見ようとしない。
 安倍首相は訪米してもオバマ大統領との共同記者会見さえさせてもらえず、散々な冷遇だったのに対し、朴大統領は米国議会で演説という、破格の厚遇を受けている。
 米国政府や議会に対するロビー活動で日本は韓国に負けまくっており、すでに米国と韓国が結託して日本を敵視しているのだ。
 しかしネトウヨ・自称保守はその事実を直視できない、したくないのである!

 先日テレビで、米国議員への韓国のロビー活動について放送していたが、ロビイストが「慰安婦問題」について説明したら、米国議員のほうが「慰安婦(comfort women)」という言葉は嫌いだ、あれは「性奴隷(sex slaves)」だと言っていた。
 米国議員がリップサービスでそう言うほど国際的には「性奴隷」という認識が定着し、「慰安婦」という言葉も許されない状態になってしまっているのだ。
 もちろんそんな状況を招いたのは、第一次政権時代の安倍晋三だということは、改めて強調しておく。

 案の定、今回も安倍はあっさり折れ、5月8日の参院予算委では「我々は、日本が多大な被害を引き起こし、アジアの人々を苦しめたとの、過去の内閣と同じ認識を共有しております」と、完全に村山談話のラインまで後退してしまった。
 同時に安倍は「侵略の定義は、いわゆる学問的なフィールド(分野)で多様な議論があり、決まったものはない」とも発言した。
 ところがこれすら米国から「懸念」を示され、岸田外相が改めて「安倍内閣としては歴代内閣の立場を引き継ぐ」と表明する破目になった。

 「侵略の定義はない」ということ自体は、「学問的なフィールド」では正しい。
 「慰安婦の強制連行はなかった」も「学問的なフィールド」では正しい。
 しかし学問的な正当性を争えるのは、日本国内における議論だけである。
 これが「国際政治のフィールド」に出されると、問答無用で「日本は侵略をした!」「慰安婦は性奴隷!」とされてしまうのである。

 「国際政治のフィールド」では、「学問的なフィールド」とは全く違う戦い方をしなければならないのに、日本の自称保守は全然それが分かっていない。
 安倍晋三に至っては政治家のくせに、「国際政治のフィールド」で「学問的なフィールド」の戦い方が通用すると思っている。

 以前「ライジングVol.17」で指摘したが、米国で慰安婦が「性奴隷」として定着してしまう際、安倍のブッシュへの謝罪に加えて決定的な役割を果たしたのが、日本の自称保守知識人たちがワシントン・ポストに載せた「強制連行はなかった」の一面意見広告である。
 これも、「強制連行の有無」の論争が行われていたのは日本国内の論壇だけで、国際政治上では全然違う戦いが行われていることに気づかなかったために起きたのだ。
 自称保守派はこの致命的なミスを未だに自覚せず、国内でしか通用しない議論が国際政治の場でも通じると今でも思い込んでいる。

 これを東郷和彦氏は「ガラパゴス化」と表現したのだが、ガラパゴス化とは本来、独自の環境で独自の「進化」を遂げることであり、ガラパゴス諸島の美しいイメージ共々、自称保守派の愚かさの形容にはやはりふさわしくない。
 自称保守派は単に「井の中の蛙」の「内弁慶」であり、「進化」も何もあったものではない。
 あえてイメージするならば「下水道の白いワニ」だろう。ペットの仔ワニが下水道に捨てられ、一切日に当たらないためまっ白になりながら、暖かく栄養豊富な下水の中で巨大に成長しているという都市伝説だ。
 外界に出たらたちまち死んでしまうような存在でありながら、引きこもった世界の中だけで吠えまくり、ウヨウヨ徘徊している白いワニの群れ! それこそがネトウヨや自称保守派のイメージにふさわしい。


 断言するが、安倍晋三に「戦後レジームからの脱却」は絶対できない。
 「戦後レジームからの脱却」とは、すなわち米国を始めとする第二次大戦の戦勝国との対決であり、それは「親米」の政治家には無理に決まっているからである。

 戦後レジームの原点は「日本は敗戦国」「日本は侵略国」「日本は悪の枢軸国」という認識である。
 東京裁判が作り上げた「中国・韓国は、悪の日本帝国主義による犠牲者であり、これを正義のアメリカが打倒した」というストーリーを覆さない限り、戦後レジームは変えられないのだ。

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く
他52件のコメントを表示

今回も面白かったです。

僕は「AKBのスキャンダル」があると、
メンバーを信じすぎてしまいがちで、
「ブラジルの日系勝ち組」みたいに、
信じたい情報しか信じない感じになってしまいます。

でも、当事者に比べて、
手に入れられる情報量が少ないために、
自分にとっての、「希望的観測」を作ってしまうんですよね。

正しい分析のつもりなんですが・・・

No.63 112ヶ月前

続きです。

河西さんのスキャンダルも、いまだに正直、信じられずにいます。
運営に、メンバーに手を出す人がいるというのを、
信じたくないんだと思います。

基本、48Gみんな大好きになってしまうんで、
疑いたくない思考になってしまいます。

ちなみに、推しメンは萌乃ちゃんです。
マジすかでの「本物疑惑」が出たくらいの迫力と、
ポニしゅでの、かわいいギャップに、やられちゃいました。

No.64 112ヶ月前

3連投ですみません。ごめんなさい。

よしりん先生に「PS VITA」の
「AKB1/149」やってもらいたいです。
先生、ゲームは無理かなあ・・・

レモンちゃん(優子?)と結ばれるために、
他のメンを振らなければならないんです。
先生はたぶん、もだえ苦しまなければならないはず。

その様子を「今週のよしりん」で、編集長に伝えてもらえれば、
かなり面白いはず。

でも、キス告白のダウンロードや、
パスワード入力で、特別に手に入るカードの作業など、
編集長の雑務が増えるかも。
・・・みたい・・・

No.65 112ヶ月前

よしりんお体を大事にしてください。
無理は禁物です…

今週のよしりんを読んで大爆笑しました
こういう所まで、情報公開してしまう
よしりん、みなぼんは最強です

No.66 112ヶ月前

今週のゴー宣を読んで、日本が自主独立するには、愛子様が天皇陛下として御即位していただき、よしりん先生が摂政(聖徳太子のポジション)となって、アメリカの冊封体制を打ち破るしかない!とヤケクソな妄想をしてしまいましたorz
国民に自主独立という茨の道を歩む覚悟が育つ日は果たして来るのでしょうか?(ーー;)

また、『今週のAKB』は、よしりん先生が娘を叱る父親のように見えて微笑ましく感じました。
また、改めてアイドルの語源は偶像である。という言葉を意識し、それを固守するメンバー及び過ちを起こしても禊を済ましたメンバーには注目して、応援していかなければならないと感じました。
と言うわけで今年の総選挙は誰に投票しようか未だに悩んでおります(^^;;

No.67 112ヶ月前

今週のゴーマニズム宣言は現実とリンクしてて面白すぎます
もちろん橋下徹市長の慰安婦発言のことです

私は橋下氏のことを大衆ウケを狙って奇抜な発言を連発するだけの政治家だと思っていました
それで、今回はその芸風が祟って自爆したのかなと思っていたわけです
それでも、人は失敗をきっかけに大きく成長することがあるのですね

アメリカに名指しで批判されているなか(これだけで自称保守の連中なら漏らしてしまいそうですが)
自分の発言の杜撰な部分は謝罪しても日本の名誉を損なうような謝罪はせず
折れず曲がらず戦い続けているのには好感がもてました
ヘタレの安倍首相よりよっぽどマシです

この四面楚歌のなか日曜朝のテレ朝の番組に出演するのも驚きでしたが
そこでアメリカ軍の規律が緩んでいるとか、沖縄では占領当時ひどい事件があったとか、アメリカ批判を始めるものだから出演者がビビっちゃって
総掛かりで黙らせようとするさまは滑稽でした

そういえば維新の西村眞悟議員が橋下発言にかぶせるようにネトウヨレベルの暴言を吐いて自爆していましたね
とにかく面白すぎる一週間でした

No.69 112ヶ月前

配信お疲れ様です。
小林先生の芸能人論、恋愛論、漫画論を読んでいると、先生がいかに表現者と受け手双方における人間の「思い込む力」を重要視しているかがわかります。ファンがアイドルに対して抱く幻想がなくなってしまったら、アイドルなんて絶対に成り立ちませんよね。発信者と受信者が幻想を共有するからこそ、アイドルは偶像たり得るのだと思います。だから大昔にいわれた「アイドルはウンコなんかしない」という言葉は事実ではないけど真理なのでしょう。これは一般人の男女論にも適用できますし、大それたことに天皇論にまで繋げることも可能ですね。幻想、フィクション、物語等色々な言い方が出来ますが、これらを取っ払ったうえでの天皇崇敬は想像するにかなり歪でおぞましいものになると考えます。神話軽視あるいは無視の男系絶対主義のように……。きっと一皮むけばただの神話相対主義なのでしょうね。小林先生が相対主義者を嫌うのもよーく分かります。
「思い込む力」といえば『バキ』シリーズの板垣恵介先生や『ジョジョ』シリーズの荒木飛呂彦先生もそうですね。ギャグなんだか真面目なんだか分からない、でもガチの「思い込む力」によって生まれる、超常的な説得力に貫かれた作品を描く希有な作家だと思います。ネットにありがちなシラケ相対主義に負けないで欲しいですね。
最後に愚民なさいです。私は子供の頃ドラクエのアニメを観ていました。ゲームっ子でしたし、それなりに楽しんで観てたのですが、話が尻切れトンボで急に終わってしまったんですよね。子供心に「???」でしたがやっと謎が解けました。
そーかあー……おぼっちゃまくんに負けて……フフフ。
思わぬところでよしりんの影ですね♪

No.70 112ヶ月前

私事にかまけ、すっかりコメントし遅れてしまいましたが、vol.37の配信、ありがとうございました。
安倍自民をはじめ、橋下などの奴隷っぷりには、見ているこちらが恥ずかしくなってしまいます。彼らは、今の子供達や将来世代に対して一つも恥ずかしくないんでしょうかね?
彼らの目指さんとする、「美しい国」の正体は、「恥ずかしい国」でしょうね。

No.71 112ヶ月前

みなぼんさん。
コメントにご丁寧なお返事をいただき、ありがとうございます。
と言いつつ、コメントが遅くなってしまいました(汗)

憲法草案には、叩き台を基にどんどん議論を
していけば良いと思います。
進駐軍が作成した憲法に対して日本国民がアクションを起こす、
ということがまずは大事と考えていますので。

橋下市長の慰安婦についての発言から生じた諸々の反応を
見るにつけ、戦後70年近く経過した時間の重さとそれを突破する
難しさを実感します。
それでも諦めず、声を上げ続け情報を世界に発信していく事が
大切だと改めて思いました。

AKB映像センター、これは毎週観ています。
リリーフランキー氏のコメントが、なんとも好きなのですが、
柏木とろろの件で、「私この映像に怒っています」という
指原さんに「いいじゃない、あなただったら洒落にならないけど」
とリリー氏に突っ込みを入れられたのを見て、なるほど、
これがスキャンダルを乗り越えるという事か、と感心しました。

大したもんですね。

明日のライジングも楽しみにしています!
みなぼんさんも編集大変でしょうけども、がんばってください!

No.72 112ヶ月前

現実逃避というより、
甘えんぼよしりん。

ここまで読んでくださった読者の皆さん、本当にありがとう
ございます。
また、新たにライジングを購読して下さったみなさまに、
あらためて御礼と感謝申し上げます。

次号は、
小林よしのりライジング号外
「いよいよ投票開始!AKB48選抜総選挙☆ゴーマン予想☆」
です!
また、最新の「ライジング」が
只今絶賛配信中です!
コメントを書かれるかたは、
「新着記事」
のトップ(最新号)をクリックしてください。
楽しく、面白いのもよし、真剣なのもよし、質問もオッケー!
とにかくみなさまからのコメント、大歓迎です!
読者の皆様とともに、「ライジング」を創っていきましょう!

No.73 105ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。