• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「なぜ安倍政権は欧米から危険視されるのか?」小林よしのりライジング Vol.75
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「なぜ安倍政権は欧米から危険視されるのか?」小林よしのりライジング Vol.75

2014-02-25 20:15
  • 260
846705e35be46b20f5b2c000730b991643f84043
第75号 2014.2.25発行

「小林よしのりライジング」
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。
毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、よしりんの心を揺さぶった“娯楽の数々”を紹介する「カルチャークラブ」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」、珍妙な商品が盛り沢山(!?)の『おぼっちゃまくん』キャラクターグッズを紹介する「茶魔ちゃま秘宝館」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが無限に想像をふくらませ、とことん自由に笑える「日本神話」の世界を語る「もくれんの『ザ・神様!』、秘書によるよしりん観察記「今週のよしりん」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行)

【今週のお知らせ】
※「ゴーマニズム宣言」…安倍首相は靖国参拝を強行、さらにダボス会議では、現在の日中間の緊張を第一次大戦前の英独関係に例えた発言をした。安倍政権は今、アメリカからは「失望」され、欧州でも「右翼のルーピー」と蔑まれている。中国・韓国だけでなく、欧米からも危険視されている事態の深刻さを直視せよ!
※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!「巨乳」の反対語の「貧乳」、もっと良いネーミングはない?日本政府や企業は原発輸出のリスクをとれるのか?日本企業で「子連れ出勤」は可能か?泣くのをこらえるのは男尊女卑?NHK朝ドラ「ごちそうさん」の戦争ネタ、どう思う?グラビアに新たな定番をプラスするとしたら、どんな水着を考案する?よしりんの回答や如何に!?
※『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて、一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてくり!」。寒い日の温泉はたまらんもんがありましゅねえ…へみ?何を怒りよるとでしゅか、袋小路くん?

 d21bccf5313d99a4fecb9b21719af2d3f3df3a3e


【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第76回「安倍首相はなぜ欧米で『右翼のルーピー』と見られるのか?」
2. しゃべらせてクリ!・第36回「おもらし注意と袋こぢんまりの温泉二人旅!の巻」
3. よしりん漫画宝庫・第61回「『突撃!!(偏)BOYS』①『受験勉強漫画』の呪縛?」
4. Q&Aコーナー
5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
6. 読者から寄せられた感想・ご要望など
7. 編集後記




58f2920f63f32411ea8d6d0efe60d9531298fcd5

第76回「安倍首相はなぜ欧米で『右翼のルーピー』と見られるのか?」

 安倍首相の靖国神社参拝は、中国・韓国だけでなく、欧州からも不評で、何と言ってもアメリカから「失望」声明を出されたことが安倍政権には痛かったようだ。
 米大使館のフェイスブックが、ネット右翼たちの攻撃で炎上してしまったことで、米政府に安倍政権の「コアな支持層」の攻撃性・反知性的な獣性が伝わり、益々、アメリカ人の安倍晋三への警戒心が強まっただろう。
 ネット右翼たちは自分たちが日米関係を阻害し、国益を損ねていることにまったく気づかない。
 自称保守派の言論人は、最初のうちは「失望」という言葉はそれほど重い意味合いはないと主張していたが、今頃事態の深刻さに気付き始めたようだ。

 さらにダボス会議で安倍首相が、現在の日中間の緊張を、第一次大戦前の英独関係に例えたのは最悪だった。
 これで欧州では、安倍首相は「右翼のルーピー」と蔑まれるようになり、中国を利することになった。
 日本人はダボス会議での安倍首相の発言の重大性をわかっていない。自称保守派も含めて、「平和ボケ」のサヨクだからだ。

 安倍首相は欧州の報道陣の前で、「日中間の悪化した関係が100年前の、第一次世界大戦の前の英独関係を思わせる。だがしかし、日中は、大きな経済的相互依存関係にあり、両国の経済的繁栄が地域の平和における防波堤になっている」と述べたが、無知の知ったかぶりで「第一次世界大戦前夜」の例をわざわざ出したことが大失敗だった。
 さらに「中国は年間の軍事費を10%のペースで増加させているし、しかも不透明だ」と中国を非難し、日中の軍事的緊張関係を強調した。
 そして質疑応答で、日中戦争の可能性を明確に否定しなかった。
 これに欧米の報道機関は驚き、BBCの記者は恐怖を感じたのだ。


 欧州にとって第一次世界大戦は第二次世界大戦よりも恐怖を感じさせる非常にセンシティブな問題である。安倍首相が笑みを浮かべながら堂々と持ち出せる話題ではないのだ。
 1914年のオーストリアの大公夫妻が銃撃されるという小規模な事件が、同盟のコミットメントを引き起こして、連鎖的に広範囲な世界大戦に拡大したのが第一次世界大戦である。
 戦争が国家総力戦となった始まりであり、ヨーロッパ全土に亘って悲惨な物的・人的被害がもたらされ、足掛け5年に亘って900万人以上の兵士が戦死した。

 欧米の政治家や知識人たちは、この些細な火種から世界大戦に拡大するシナリオを熟知していて、日中関係をまさに世界大戦前夜として捉え、緊張感を持って論じている。例えばハーバード大学のジョセフ・ナイはこう言う。
「我々の中で1914年の例を引き合いに出して議論した。誰も戦争を望んでないのはわかっているが、それでも我々は日中双方に対してコミュニケーションの失敗やアクシデントについて注意するよう促した。抑止というのは合理的なアクターたちの間では大抵の場合には効くものだ。ところが1914年の時の主なプレイヤーたちも、実は全員が合理的なアクターたちだったことを忘れてはならない」
 ナイ教授の同僚のグラハム・アリソンもこう言う。
「1914年の時のメカニズムは非常に役立つものだ。セルビア人のテロリストが誰も名前の聞いたことのない大公を殺したことで、最終的には参戦したすべての国々を破壊させてしまった大戦争を引き起こすなんて、一体誰が想像しただろうか?私の見解では、中国の指導部はアメリカに対して軍事的に対抗しようとするつもりはまだないはずです。しかし中国や日本の頭に血が上ったナショナリストたちはどうでしょうか?」

 1914年当時のドイツの支配層も、民衆からの政権批判を逸らすためにナショナリズムを利用した。
 中国共産党も同様の理由でナショナリズムを利用している。そして日本では自称保守のタカ派やネット右翼が、安倍晋三を衝き動かす構図になっているのだ。


 欧米人が大学の国際関係で最初に学ぶのは、古代ギリシャの「ぺロポネソス戦争」である。欧米人の感覚を理解するために、思いっきり大雑把にこの戦争についても解説しておく。

 古代ギリシャでは、優れた民主制度を作り上げていたアテネを中心とするデロス同盟が覇権を拡大し、支配力を強めていた。これにスパルタを中心とするペロポネソス同盟は危機感を覚えていた。
 多分、現代の欧米人はアテネをアメリカ、スパルタを中国と連想するかもしれない。
 その緊張関係の中で、コリントスの植民地とアテネの小さな紛争が起こり、これがきっかけとなって、紀元前431年~前404年、二つの同盟は大規模な戦争に発展していった。

 このときアテネ内部で多数現れたのが「デマゴーゴス(扇動政治家)」である。
 現在の日本で言えば、強硬なタカ派・右傾化した自称保守のようなものだ。
 この「デマゴーゴス」が、先導的な詭弁や嘘を「デマ」という起源である。
 民主制の中で台頭したデマに長けた指導者は、民衆を扇動して、アテネは衆愚政治に陥り、ペロポネソス戦争の和平案を次々と潰していき、国力が衰退して、ついにペロポネソス同盟に降伏することになるのである。
 この戦争はギリシャ全体の衰退の原因となった。


 欧米人はこの戦争から、「最終的に戦争が回避できない」という政策決定者の確信が、戦争を招くという教訓を学ぶ。
 戦争を回避できないとなれば、相手を信頼しない、先に裏切った方が安心ということになり、アテネ人もこの選択で戦争に突入し、破滅した。

 政治家は「最終的な戦争が避けられない」というニュアンスを見せてはならない。
 安倍首相の靖国参拝や、ダボス会議での言動は、欧州の知識人層に、戦争をもくろむ危険な指導者、極めつけの馬鹿、「右翼のルーピー」の評価を決定づけ、中国ロビーの「日本が中国を挑発している」という宣伝活動を利する結果になった。
 日本の政治家や自称保守の論客たちは、第一次世界大戦が欧米人に与えた教訓を知らない。
 とんでもない安倍首相のミスを、自民党議員や自称保守派は「通訳が悪い」と言って、通訳に責任転嫁していたのだから、もはや手が付けられないアホである。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

他250件のコメントを表示
×
諫議大夫さん、こちらこそ、申し訳なかった。

そして、どうもありがとう。

そして、了解!
ヾ( ・∇・)ノ

カレー千衛兵さん、了解!
ヾ( ・∇・)ノ
71ヶ月前
×
もう一回だけ、ここに書かせて頂きます。

諫議大夫さんは、極めて日本人的な方で、お優しい方で、判管贔屓をして下さったのだと理解しております。
m(__)m

まやーんさん、総括、どうもありがとうございました。大体当たっている気がしました。
(^o^;)

では。
(^^ゞ
71ヶ月前
×
>>275:ニセただしさん
 戻ってきてくださってありがとうございます。貴方の時浦師範代への謝罪(>>224)から辞める宣言(>>264)までの間に私の>>261があり、これが決定打となっていたため、貴方が復帰されなかったら私も引責辞任せねばならないと考えていました。貴方はすでにこのコメント欄に欠くことのできない人です。おそらく私などよりも余程です。
 貴方を追い詰めすぎましたことをお詫びいたします。

 また私のこの件に関する書き込みで不快な思いをされた全ての皆様に謝罪いたします。

 申し訳ありませんでした。

 ペナルテイーを自分に課すため、以後数回書き込み、及び各コーナーへの投稿を自粛します na85
71ヶ月前
×
>>254 閑人さん
初めまして。ありがとうございます。
現場を大切にするという道場の心得を意識していると、単なる雑談からでもいろんな思想に発展できて面白いです。

>>265 鷲音モーさん
同意します。

戦争でもいったん手打ちとなれば、後から蒸し返すのはみっともないことになりますし、格闘技でもギブアップした相手に攻撃するのは確か反則だったはず。
場を収めるため言葉を尽くされた皆さんに敬意を表します。

木蘭さんの動画、もう一回みよっかな。
71ヶ月前
×

矛を収める場面なら幾らでもあった、
カレーさんのまとめがベストのタイミングだった、
そこに噛み付いた時点でもう手遅れ、
時浦さんが出てきたから、ではなくて
時浦さんが出てくるまで収まらなかった。

機会を見抜けず放言し続けた人間に相応の報いを与えたまで。
71ヶ月前
userPhoto
dai
×
na85さん

261のコメントを反省しているのであれば、なぜ僕を批判しないのでしょう?そのコメントは僕のコメントの返信の形でした。ならば、僕も同罪なはずです。
本当に自分の言動を反省するのなら、自分の同調者も間違っていると言わなければなりません。にも関わらず、自分の反省だけで済ますのであれば、283のコメントは甘い私情だと見なさざるを得ません。

ただ、僕は自分のコメントを今はまだ間違っているとは思いません。これは単なる愚痴じゃなくて、今後避けられない問題だと思ったからこそ、コメントに挙げたのです。それに対するna85さんの返信は掲示板で奮闘されたからこその素晴らしい意見で今後の荒らしに対する考えのベースになりうるものです。そして、このことを話すタイミングはこの時以外にあり得ません。

「公」を貫くことはある意味残酷かもしれません。貫けば、傷付く人が出るかもしれません。しかし、それを気にしてたら、何も言えなくなります。よしりん先生だって、安倍や八木などたくさんの人間を傷付けてきたし、明治の人たちは傷付けるどころか血を流してました。

今回のことは気にするなとは言いません。ただ、「公」のことを考えるのなら、コメントを続けてくださいね。

あと、気になるのは、真面目な人ほど自分の力量以上の責任を負いたがることです。今回のコメントについて、仮にニセただしさんへの配慮が足りなかったとしても、自粛するほどの責任はないですよ。
ニセただしさんは過剰に罵倒して、過剰に反論して、過剰に謝る…、「弱い人」だと思いました。だから、ニセただしさんのコメントやめる発言は大部分は彼の弱さが原因です。(ただ、誤解のないように言うと、僕はニセただしさんの弱さを批判できる権利はないし、これもキャラかなと思っています。)
人間は自分の両手を伸ばす範囲の責任しか生じないはず。もし、それ以上の責任を負える存在があるとすれば、それは全知全能の神のみです。

だから、僕はna85さんに敢えて挑発的な言葉を送ります。

あなたがニセただしさんのコメントやめる発言に責任があるというなら、それは自分が彼をコントロールできると言っているようなもの。
思い上がってんじゃねえよ♪

…、年上の人に失礼しました。けど、過剰な反省はやめてくださいね。

あと、カレー千衛兵さん、だらだら書いてすみませんね。
71ヶ月前
×
>>283 na85さん
>ペナルテイーを自分に課すため、
>以後数回書き込み、及び各コーナーへの投稿を自粛します

ぎゃぼー、大ショック!!
それは「誰に対するペナルティー」なのか分からない提案です。゚(゚´Д`゚)゚。

だって今週のQ&Aで、na85さんの「竹中飯兵衛のネタ」は、
(悔しいですけど正直)今年で一番面白かったです!!(⌒▽⌒)

だからna85さんが「ペナルティー」とか「自粛(辞める)」とか、
マイナス方向の提案をされるのは、かなりもったいないと思います。

しかし、「何かを自分に課さないと気がすまない」という感覚自体は、
ケンキョな私には理解できますよ(笑) ・・・・・・それならば
「お詫びに面白いネタを1つ考えるぜ!」や「ライジングの感想を大論文で投稿するぜ!」の方が建設的で情熱的で良いんじゃないでしょうか ^^

「汗をかかない名アドバイザー」よりも、
「汗かいて恥かいてベソかいて生産する者」の方が偉いと存じます♪

なので、na85さんは、これまでの通り、生産するというプラス方向で、
堂々と歩んで行って欲しいです o(^o^)o

PS, もう閉店時刻を超えましたので、ここでのカキコミは、
もうオシマイですよぉ~(笑)
私にコメントくれた方、全然返信できなくて、どうもすみません。
次の機会には必ず☆
71ヶ月前
×
>>286:daiさん、>>287:カレー千衛兵さん
 しばらく自粛すると言いながら、お二方の誠実なコメントに回答せねばならないと感じましたので、もう1件だけここに書きます。
 まずdaiさんの>>260と私の>>261との違いですが、私は「師範の目が届かない所においては(疑似共同体の)自治は不可能だと思うに至りました」と後ろ向きなことを書き、「時浦師範代が場を収められたとしても、たしなめられた人にわだかまりが残りますし」とまるでニセただしさんの反省が嘘であるような意見を吐き、「ハンドルネームを付けてつくったキャラはまた名を変えたらおしまいと思っていれば仕方ないですし」と非常に残酷なことまで書いています。これは相手を不誠実と決めつけるような人格を傷つける発言であったと反省した次第です。daiさんの心情吐露には何一つ悪い部分はなく、従って同罪であるわけがないのです。
 確かに今回ニセただしさんをコントロールしたのは時浦師範代ですが、それ以後もその(フルボッコ的な)空気が当欄で継続され、その中で結果的に私が止めを刺したようなものです。思い上がりだと言われればそうかもしれませんが…。そしてカレーさんは誰に対するペナルティ―か判らないと仰いますが、当欄の疑似共同体の公に悪影響を与えたことに課せられるペナルティーです。共同体の空気を息苦しいものにした張本人であるくせに、「自治は不可能」と我関せずで早々に諦めて管理者に丸投げしたわけですから。

 これを機会に、しばらくコメント欄から離れてみるのも良いかなとも思いました。確かに今回の「ゴー宣」などは書きたい感想が溢れ出てきますが、「ザ・神様」も面白さが加速していますが、mayuさんのニュー画像への歌も贈りたいですが、それらをグッと堪えて自分に縛りを加えます。またそのうち戻ります。

 共同体に戻るときは表門から凱旋じゃなく裏口からそっと(笑) na85
71ヶ月前
userPhoto
dai
×
>>285
尻毛屋さん

僕はニセただしさんのことを「弱い人」だと思っています。ただ、「強くなれ」などとは言いません。僕はニセただしさんの弱さの内実を知らないから、そういう無責任なことは言えないのです。その弱さは実は僕らが思った以上に厄介なものかもしれませんし…。

ところで、ネットの炎上って、結構ショックなものらしいですね。自分に対する中傷が羅列されているのを見るわけですから…。僕らがしていたのは勿論、中傷ではなく、批判ですが、ニセただしさんにとっては炎上を食らったのと同じような心境だったことでしょう。その意味ではもう報いは受けていると言えます。

そして、僕らはニセただしさんのことを知らない以上、最悪の状況を想定して動くべきです。

つまり、何が言いたいかというと…

もう、ニセただしさんへの攻撃はやめてください。お願いします。これ以上追い詰めるのはまずい。

終わったコメント欄でもニセただしさんが見ている可能性は十分にあります。
71ヶ月前
userPhoto
dai
×
>>288
na85さん

261のコメント、僕は正しいと思っているので、やっぱり「同罪」なのです。悲しいけど、それが一面の真理を言い表しているのです。その言葉の裏に悪意があるとしても。
ただ、その上で僕らがどう振る舞うのかが問われてくるのだと思います。批判するとき、されるとき…。その意味では、少なくともニセただしさんは自力である程度は信用を回復したと思いますよ。

ただ、人にコメントの書き込みを強制することはできないし、na85さんのコメントを見たら、罰する意味では決してなく、一度、離れてみて心の整理をした方がいいのかな?と思いました。

事実として、na85さんがコメントを自粛するのは、心の弱さが原因だと僕は思います。(ただ、そこを批判する意図は全くありません)誰の責任でもない。責任があるとすれば、それは止めを刺した僕です。

そして、戻って来るのをいつでも待っています。明日も含めて。
71ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。