• このエントリーをはてなブックマークに追加
「偏見は大事である」小林よしのりライジング Vol.487
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「偏見は大事である」小林よしのりライジング Vol.487

2023-11-28 19:55
  • 177
f2595d0d53f7f1e38a592799eb4b4f5bbcb64d85
第487号 2023.11.28発行

「小林よしのりライジング」
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。
毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが現代社会を鋭く分析「トンデモ見聞録」や小説「わたくしのひとたち」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行)

【今週のお知らせ】
※「ゴーマニズム宣言」…「偏見はいけない」という言葉は、当たり前の道徳のように使われる。「差別や偏見をなくそう」というように、偏見は「差別」とセットで使われることも多い。「私の独断と偏見ですが」といえば、あえて一般性を無視して、自分の好みだけで話すけれども勘弁してねというエクスキューズになる。しかし、「偏見」とはそんなに悪いことなのだろうか?
※泉美木蘭の「トンデモ見聞録」…支持者集めに貢献した党の象徴的メンバー5人のうち、3人が離反し、それぞれがネット上で不満をばらまいているという修羅場の参政党。今月22日、参政党は報道陣を集め、長々と武田邦彦との内紛について説明する記者会見を開き、百田尚樹の生放送に出演して党批判を展開したことを「レッドラインを超えている」と神妙な面持ちで批判。記者会見後には、さらに一連の経緯を説明する参政党の公式動画が発表された。なんと現代表・神谷によると、これらの出来事は百田尚樹の参政党大規模分断工作によるものだと言う!「日本保守党ディープステート説」、ここに誕生である!
※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」…AIを利用して故人の作品の続編を制作するのってアリなの?整備新幹線計画、とりわけ中央リニア新幹線の建設をどう思う?相手に罵倒されて怒りを抑えられないような場合は、どのように我慢している?スポーツ業界等で他人に金銭的支援を呼びかけることをどう思う?インドで放送予定のアニメ「おぼっちゃまくん」新作が日本に逆輸入される可能性はある?御坊家は江戸時代、やはり武士として参勤交代などやっていたの?映画『ゴジラ-1.0』のどこが特に気に入った?印象に残ってる水木しげる作品は?…等々、よしりんの回答や如何に!?


【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第516回「偏見は大事である」
2. しゃべらせてクリ!・第443回「おちぶれてすまん!弟連れ狼が行くぶぁい!の巻【後編】」
3. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第310回「日本保守党=ディープステート説、誕生か」
4. Q&Aコーナー
5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
6. 編集後記




8db5cd6c391ab244e625f273f9798f0dbe39b770

第516回「偏見は大事である」

「偏見はいけない」という言葉は、当たり前の道徳のように使われる。
「差別や偏見をなくそう」というように、偏見は「差別」とセットで使われることも多い。
「私の独断と偏見ですが」といえば、あえて一般性を無視して、自分の好みだけで話すけれども勘弁してねというエクスキューズになる。
 しかし、「偏見」とはそんなに悪いことなのだろうか?

 前回、草津町長の冤罪事件について論じたが、その中でわしは、この件に最初から違和感を持った理由として、「被害を訴えている女が、ものすごいブス」「町長が大変なリスクを冒してまで関係を迫るような女とは、とても思えなかった」からだと書いた。
 そして、「もちろん、これは偏見である」とした上で、「偏見だって、重要な判断材料なのである」とした。
 実際に、ここまではっきりした答えが出て、「偏見をなくそう」と言うリベラルどもの方が全員間違っていたことが明白になった以上、これを否定することなどできないはずだ。
 そもそも、思想的にも「偏見」とは本来、マイナスだけの概念として捉えられていたものではないのである。

 18世紀イギリスの政治家、政治哲学者で「保守思想の父」といわれるエドマンド・バークにとって、偏見は「伝統」とさほど変わらないものだった。
 バークはフランス革命に反対して『フランス革命の省察』を書き、その中で「偏見」とは自然な感情であり、大切にすべきものであると説いた。
 英語で「偏見」は「prejudice」で、あらかじめ(pre)の判断(judice)という意味である。
 最近の訳書では「偏見」の語のマイナスイメージを避けて「先入観」と訳しているものもあるが、やはりこれは「偏見」の方が適していると思う。
 偏見(prejudice)とは、伝統や慣習といった先人の知恵によって「あらかじめなされた判断」をいうのである。

 バークがこの本を書いた時代においても、偏見とは払拭すべきものであるというのが進歩的な知識人の考え方だとされていた。
 そんな中でバークは、「私はこの啓蒙の時代に、あえて次のように告白するほど不遜な人間だ」と自虐的な前置きをした上で、こう述べている。
「私たちは一般に、教育を度外視した感情で動く人間で、自分たちの古くからの偏見を丸ごと投げ捨てるどころか、それを心から大切にする。さらに恥ずかしいことに、まさに偏見であるからこそ大切にする。それもその偏見が長続きしたものであればあるほど、世に広まったものであればあるほど、いとおしむ」
「恥ずかしいこと」と言いながら、堂々と「自分は偏見を大切にする」と宣言したのだ。

 さらにバークは「人が自分の理性だけを頼りに暮らし、それで取引するようなことを恐れている」という。
 なぜかというと、「各人のなかにある理性の蓄えなどそう多いものではないから」だという。人間ひとりが自分の理性から得ている知恵の量などたかが知れており、それだけで物事を判断するのは危険だというのだ。
 そしてバークは、「様々な国民と様々な時代を通じて蓄積されてきた共同銀行と共同資本を利用する方がいい」と言う。ここでいう「共同銀行と共同資本」というのが、多くの先人たちが積み重ねてきた伝統であり、常識であり、偏見であるわけだ。

 バークは、イギリスの思想家の多くは「こうした一般的な偏見を否定せず、偏見の中に生きている潜在的な叡智を掘り出すために知恵を巡らせる」という。
 そして重要なのは、偏見の中から「潜在的な叡智」を発見することに成功した場合でも、「偏見の衣を捨てて、その中の裸の理性だけを取り出したりはしない」ということだ。
 バークによれば、イギリスの思想家は「内側に理性を含ませながら偏見を維持する方が望ましいと考える。というのも、理性を含む偏見は理性に行動を起こさせる動機になるし、そこに含まれている愛情によって永続するものになるから」だという。
 例えば、わしは「裸の理性」では薬害エイズ運動の支援はしなかった。「自分の読者である子供は守らなければならない」という「理性を含む偏見」こそが行動を起こす動機になったのだしその偏見の中に含まれた「情」がある限りにおいて、運動を続けたわけである。

 そしてバークはこうも言う。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く
他167件のコメントを表示

日本人論を読みました。

私も人権VS文化なら文化を選びたいと思います。
子供の頃から自然に色々な文化に触れて生きてきたからです。 
人権なんて概念はまだありませんでした。

キャンセルカルチャーは私も嫌いです。
何もかも無かった事にするような野蛮なものは、カルチャーでも何でもないと思います。
ただのキャンセルムーブメントです。
そこら中にキャンセルされてもおかしくないものが溢れているのに、ジャニーズだけキャンセルされてしまうのは、おかしいです。

堕胎なんてその一番最たるものです。
堕胎が全部悪いと言っている訳ではありませんが。
スーダンの割礼や中東の女性のブルカなどもそうだと思います。

極左の運動家が一番の諸悪の根源です。
彼らこそキャンセルしなければいけません。

No.175 2ヶ月前

「なんとなく愛子さま」で十分だ!

本当にそうです、もう、国民しかいない。
国民が動かなければ、変わらない。

No.176 2ヶ月前

おはヨーグルト!我が家の流行はR1ブルーベリー味です。各自お小遣いで買ってくるのに、何故か被ります。
今日は【自民党議員に、はがきを送ってみた祭り】です。参加された皆さん、ありがとうございます。自民党が弱っている今こそ、庶民の声を刷り込…届けましょう。抗議するか、講義するか、囁くかは、あなた次第。
愛子天皇への道サイト、本日のブログ紹介です。
①0から1へ(ダダさん)
https://aiko-sama.com/archives/33365 
②【自民党議員に、はがきを送ってみた】(urikaniさん)
https://aiko-sama.com/archives/33344
③【自民党議員に、はがきを送ってみた】(くりんぐさん)
https://aiko-sama.com/archives/33350 
④【自民党議員に、はがきを送ってみた】(あしたのジョージさん)
https://aiko-sama.com/archives/33356 
⑤【自民党議員に、はがきを送ってみた】(百式改さん)
https://aiko-sama.com/archives/33376 
➅【自民党議員に、はがきを送ってみた】(茶吞みじじいさん)
https://aiko-sama.com/archives/33392 

①0から1へ
ダダさんは、額賀福志郎 衆議院議長にハガキを送ったそうです。
「他人と比較しなくていいです。みんなの皇室LOVEに無駄なことなんて一つも無い!」
何より陛下も、もちろん私たちも諦めていません。愛子さまは次の天皇になられます。
②【自民党議員に、はがきを送ってみた】
urikaniさんは、懇談会事務総長 萩生田光一議員へ。この肩書は続くかもしれません。さすが当サイトのヘビーユーザー、要点がまとまっています。
③【自民党議員に、はがきを送ってみた】
くりんぐさんは、滋賀1区の大岡俊孝議員へ。近江ゆかりの天智天皇の母、皇極・斉明天皇を話題に。話は運びが上手です。
④【自民党議員に、はがきを送ってみた】
あしたのジョージさんは、東京都の自民党議員2名へ。当サイトの掲載例を参考にしていただき、ありがとうございます。次は是非、”懇談会”のキーマンへ!(^^)!
⑤【自民党議員に、はがきを送ってみた】
百式改さんは愛知県7区の大物 鈴木淳司総務大臣へ。「即位される天皇は「男尊女卑のシンボル」と見做される恐れ」この指摘に後頭部を殴られたようになれば、或いは…。この意味をよくよく考えて欲しいです。
➅【自民党議員に、はがきを送ってみた】
茶吞みじじいさんは静岡選出の伊林辰徳議員へ。麻生派で、内閣府筆頭副大臣です。外していないですね(^_^)

過去の注目記事
https://aiko-sama.com/archives/30579 
愛子天皇への道
https://aiko-sama.com/ 

No.177 2ヶ月前

おはようございます 今朝の小林先生のブログ読んでびっくりしました 最初の頃の先生が時浦さんに電話で話している時に話している相手に相づちを打たないと良くないよって話しを思いだしました 皆さん仕事が出来るのにチーフ広井さんの対処はふーんって感じになりました

No.178 2ヶ月前

SPA!最新号よむ。

そうなんですよね……欧米系の思想関連図書の「訳文」は、気をつけて読まないといけないんですよね……。

「偏見」ですが(笑)、訳者は当然「インテリ」なんですが、当時?のインテリ=左翼的思想が実に多い。

ので、訳者、訳文でガラッと変わってしまうのが、怖い。かといって、専門知識がないと、こなれた訳文が作れない。このポイントは、読者側が気をつけないといけないですね。つい、忘れてしまいがち。

ちょっと別な視点から感想書いてみましたm(_ _)m

No.179 2ヶ月前

>>179
倉山ストロングスタイル、チラッと読む。

最初の1段程度の文章だけ、皇室に触れる。
たったそれだけでも、「突っ込みどころ満載」。

宮内庁長官発言には一切触れないところが、チキンだし、疚しい気持ちを自覚しているのであろう。

「倉山皇室論」での「陛下のおことば」の要約にも、それは表れているが、倉山支持宿にはそれが気づかないらしい。

倉山が「出来損ないの弁論術者」と、なぜ気づかないのやら(直感でも気づかないのだろうか?)。

No.180 2ヶ月前

『日本人論』感想!

"人権"は国境を越えるべき類いのものではない!国家が責任を持って、その国の民の人権を保障するのだ!

"文化"とは国の歴史の土壌で花開くもの!よくアーティストや表現者は「無から有を生み出すから凄い!」という言われ方をするが、やはり、"無"からではなく、歴史の土壌から優れたモノを生み出していると言った方がしっくりくる。その人々の耳目を集める花や大木の見事さが"才能"なのだと思う。一般庶民だって、口にする"言葉(表現)"には、自身の生い立ち、両親、祖父母、先祖、地域、国…色んな歴史の土壌から芽吹いているもののはずだ。誰も自国の歴史からは逃れられない。

ところが、あくまで自己が中心で、その信奉するイデオロギーにとって都合の悪い自国の歴史なんて"キャンセル"しちまえ!と言う輩がいるのだから呆れてしまう。

「革命の原動力」、「革命精神」とやらは所詮、"弱者のルサンチマン"という土壌で育った"インチキ商品(「革命精神はインチキ商品」はバーグの受け売り♪)"だ!!

その"弱者のルサンチマン"が大好きなマスコミ諸君は、『日本人論』本編も『ライジング』のような長文も読めないだろうから、せめて"欄外"を読んでくれ!

本来、"表現の自由"を率先して標榜するはずのマスコミ諸君が"表現の萎縮"を推進してるだから…キヨシロー風に言えば『あきれて物も言えない』である!

以上!

No.181 2ヶ月前

>>180
訂正m(_ _)m
「倉山支持宿」→「倉山支持者」です。


仕事中なんで、ボヤキ(笑)指摘は、帰ってからします(コメントしといて、内容に突っ込みいれないのは、「倉山的」と思ったので……)

No.182 2ヶ月前

替え玉説ぅ・・・?!?((+_+))
や、やっばぁ・・・・・・(;´Д`)

No.183 2ヶ月前

ライジング配信ありがとうございます!

ゴーマニズム宣言・第516回「偏見は大事である」拝読しました。

美人や美形は、その美しさゆえに、容姿に自信がない人たちから妬まれてしまう。周りは外面の美しさばかり見て、自分の内面を見てくれない。
美人も美形も、辛いものです。

偏見と直感は似ています。
不審者を見つけて「この人に近づいたら危ない」と即座に判断出来るのは、人類が長い歴史の中で積み重ねていった経験がものをいっているのでしょう。

悪しき偏見は無くなった方がいいですが、身を守るための偏見はこれからも必要です。

木蘭さんのトンデモ見聞録・第310回「日本保守党=ディープステート説、誕生か」拝読しました。
内輪揉めを、かっこいい言葉を使えば誤魔化せると思っている参政党。
自分にとって都合の悪いことは「陰謀扱い」の参政党。
嘆かわしい。

No.184 2ヶ月前
コメントを書く
コメントをするにはログインして下さい。