• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「なぜマスコミは煽り続けるのか?」小林よしのりライジング Vol.381
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「なぜマスコミは煽り続けるのか?」小林よしのりライジング Vol.381

2020-12-07 17:50
  • 232
6d9bf18088e2da4ef4244bcc8fd5c39955ebd8f2
第381号 2020.12.8発行

「小林よしのりライジング」
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。
毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが現代社会を鋭く分析「トンデモ見聞録」や小説「わたくしのひとたち」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行)

【今週のお知らせ】
※「ゴーマニズム宣言」…「新型コロナは、インフルエンザ以下のウイルスである」…なぜテレビは、たったこれだけのとんでもなく単純な事実を隠蔽するのか?それは視聴率競争のためだ!視聴率のためと説明しても、なぜそのためにそこまでやらなければいけないのかとか、経済が打撃を受けて企業CMが入らなくなるから、かえって損じゃないかとか、今ひとつ合点が行かないという反応が返ってくることが多いのだが、それは認識が甘い。はっきり言って、真実は決してテレビには出てこない。テレビ業界の実態を徹底的に暴く!
※泉美木蘭の「トンデモ見聞録」…2020年12月4日放送のNHK『クローズアップ現代+』では、5月にコロナ専門病院として指定された大阪市の十三市民病院で、コロナ患者が亡くなった現場に密着。連日注目されているコロナ病棟では、とてつもなく恐ろしい「おくりかた」が行われていたのだ。さらに東京・聖マリアンナ医科大学病院で行われている延命治療の様子にも密着していたが、これがまた衝撃的な実態を映し出していた。生きるとは何なのだろうか?
※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!「GoToを停止しない、継続する」とした福岡市長をどう思う?全体主義とうまく戦うためにはどうすべき?知人が、眞子さまや紀子さまに対する聞くに堪えない文句を言っている場合、どうしたら良い?炎上したナイキCMをどう思う?サンタクロースはいると思っていた時期はある?軽々とオリンピック中止を言及することは、スポーツ選手に対する思慮に欠けるのでは?京都での良い思い出とは?無電線化って必要なこと?…等々、よしりんの回答や如何に!?


【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第400回「なぜマスコミは煽り続けるのか?」
2. しゃべらせてクリ!・第338回「黒ひげサンタしゃんのクリスマスプレゼントぶぁ~い!の巻〈前編〉」
3. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第194回「延命治療の実態を問い質す」
4. Q&Aコーナー
5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
6. 編集後記




f3f2e694aebe409b8fe3320770296e4f7d27c10e

第400回「なぜマスコミは煽り続けるのか?」

「新型コロナは、インフルエンザ以下のウイルスである」
 なぜテレビは、たったこれだけのとんでもなく単純な事実を隠蔽するのか?
 それは、これを言ってしまったら、今まで自分たちのやってきたこと全てが崩壊するからである。だから隠蔽せざるをえないのだ。

 11月28日放送の読売テレビ「ウェークアップ!ぷらす」で、「なぜインフルエンザだと医療崩壊しないのに、新型コロナだと医療崩壊するのか?」と司会の辛坊治郎がチラッと聞いたら、エセ専門家が「インフルエンザではサイトカインストーム(免疫暴走)がほとんど起こらないから」などと、信じられないことを言った。
 もちろんこれは大嘘で、サイトカインストームはインフルエンザでも起こる。それどころかインフルエンザは「サイトカイン病」とも言われるほどなのだ。

 なぜこんなデタラメなことを言うのかといえば、新コロはインフルエンザ以下だと指摘された時の答えが準備できていないからだ。
 何かといえばエビデンス、エビデンスと言ってるくせに、新コロをインフル以上に恐れなければならないとするエビデンスが全く出せないものだから、口から出まかせで嘘を言うしかないのである。
 わしは(泉美さんも)データによってエビデンスを出している。新コロはどんなに頑張ったって、インフルエンザ以下の感染者しか出せない。
 インフルは例年、1日あたり3万人、4万人の患者が出ている。
 それに対して新コロは10か月もかけて、ようやく15万人の陽性者だ。
 あくまでもインフルは症状が出て受診した「患者」の数であるのに対して、新コロは無理矢理検査を拡大し、無症状の感染者や、他国の基準だったら「陰性」と判定される者までをカウントした「陽性者」の数なのだから、全く次元が違うのである。

 インフルエンザの患者数の方が、新型コロナよりも桁外れに多い。だがそれでも、インフルで医療崩壊は起こらない。
 当たり前の話で、インフルエンザ(季節性)は「5類感染症」に分類されていて、町医者でも治療ができるのに対して、新コロは「2類相当、一部1類相当」の指定感染症になっていて、限られた医療機関でしか診療ができないようになっているからだ。
 新コロはインフル以下だから、指定感染症から外すか、せめてインフルと同じ5類感染症にすればいいだけの話なのだが、テレビはこの事実を絶対に隠蔽しなければならない。
 なぜかというと、それは視聴率競争のためだ!

 視聴率のためと説明しても、なぜそのためにそこまでやらなければいけないのかとか、経済が打撃を受けて企業CMが入らなくなるから、かえって損じゃないかとか、今ひとつ合点が行かないという反応が返ってくることが多いのだが、はっきり言って、それは認識が甘い。
 テレビ業界は、本当に熾烈な競争社会なのだ。
 テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」の裏番組で、落語家・立川志らくがMCをやっているTBSの「グッとラック!」は、来年3月での打ち切りが決まったと報じられている。視聴率競争に負けたら打ち切りなのだ。そして、志らくには「視聴率が取れない」とか「MC失格」とかいった烙印が押され、リベンジのチャンスが与えられるかどうかもわからない。
 これは、相当に厳しいことなのだ。

 今は同時間帯トップの視聴率を稼いでいるモーニングショーだって、視聴率が下がれば容赦なく打ち切られるし、そうなったら司会の羽鳥慎一も、コメンテーター達も、スタッフもみんなクビになってしまう。これは生き残りを賭けた過酷な戦いなのだ。
 羽鳥にとってはこれが最大の看板番組であり、ここから相当な収入を得ている。しかしフリーだから、いつ切られて無収入になってもおかしくないし、実際に橋下徹との共演で、鳴り物入りで始まった番組が低視聴率であっさり打ち切られるという憂き目に遭ったこともあるから、切実だろう。
 そうなると玉川徹などは、他番組にはないキャラで視聴率が稼げるから、ものすごく大切ということになる。それで以前は週一出演だったものが、毎日のレギュラーになったわけである。

 そして、ここで何が一番重要かといえば、視聴者が老人だということだ。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

他222件のコメントを表示
×
今朝の「羽鳥慎一モーニングショー」の玉川には驚いた。仕事中に一瞬だけ見たのだが、昨日玉川が自分で発言した、「10月に女性の自殺者が急増(対前年比82.8%)した事を、コロナ禍が原因だとするのは間違っている」という旨の内容に対し、相当の批判があり頭に来たのだろう。今日の玉川は、「女性の自殺者が増えたというが、自殺の原因として一番多いのは『健康問題』だ。だから女性の自殺者が増えた事を、コロナ禍を原因とするのはおかしい」という旨の反論をした。

では、私も君に「厚生労働省自殺対策推進室」が作成した、「警察庁の自殺統計に基づく自殺者数の推移等」という資料に基づいて反論してみよう。

そこには「5、原因・動機別の自殺者数の推移」という項目があるのだが、そこでは昭和53年(1978年)~令和元年(2019年)までの自殺の原因・動機別の推移がグラフで示されている。それによると、自殺の原因はダントツで「健康問題」によるものがトップだ。君のおっしゃる通りだ。以下、「経済・生活問題」「家庭問題」などと続く。2019年では「健康問題」による自殺者は「9861人」、2番目の「経済・生活問題」による自殺者は「3395人」とその差は歴然としている。

このデータを見た君は、10月に自殺した女性の多くが、「健康問題」によるものだと考えるやはりだろう。だから、コロナ禍は関係ないのだと……。しかしだ、これらのグラフの直前にはこんな文言が記されている。

「自殺の多くは多様かつ複合的な原因及び背景を有しており、様々な要因が連鎖する中で起きている」と。

健康問題に経済・生活問題が絡んだり、家庭問題から健康問題が誘発されたりと、自殺の原因は複雑なのだ。その為、平成19年(2007年)以降のこのグラフには、「遺書等の自殺を裏付ける資料により明らかに推定できる原因・動機を自殺者一人につき3つまで計上可能としている……」と注意書きが記されているのだ。君は「健康問題」と聞いたら、「病気で痛い、つらい。……よし、死のう!」なんていう風な単純な事態を想定していないか? 自殺には様々な問題が複合的に絡んでいるのだよ玉川君! 「コロナ禍が原因ではない! 健康問題なんだ!」と喚いているのをみると、頭が悪そうに見えるからやめたまえ。

それとだ、ここからが大事なのだが、君は「健康問題」をあまりに単純に考えすぎているぞ? 「健康問題」の内訳をちゃんと調べたか? 

健康問題とは厚労省によると、

1、「うつ病」

2、「身体の病気」

3、「統合失調症」

4、「アルコール依存症」

5、「薬物乱用」

6、「その他の精神疾患」

7、「身体障害の悩み」

8、「その他」

……以上8つになるのだが、このうち最も自殺者が多いのが「うつ病」だ。例えば平成27年(2015年)に「健康問題」を理由に自殺した人は「1万2145人」だが、そのうち一番多いのが「うつ病」によるもので、その数「5080人」だ。うつ病が全体の42%を占めているのだ。このうつ病、コロナ禍によってかなり多くの人達が発症したと考えても差し支えないと思わないか? 多くの女性が自粛や失業、育児等でうつ病を発症し自殺に至ってしまった。普通に考えれば、その答えに繋がるだろう。……あ、ちゃんとデータもあるからね? 今、ちょっと油断しただろ?

2ヶ月程前、9月20日の共同通信の記事によると、ある企業が全国の医師561人にインターネットにて「コロナ禍での生活環境の変化で増えた疾患」についてアンケート調査をしたところ、そのうち4割の医師が「精神疾患」を挙げたそうだ。また、外出自粛や休業要請による生活環境変化を受け、患者が増えたり、症状が悪化したりした疾患を複数回答で尋ねると、「不安障害、うつ病などの精神疾患」が38%で最多だったとの事だ。

ほら、コロナ禍でうつ病が増えているのだ。君のいう「健康問題」とは、その多くを「うつ病」が占めていて、その「うつ病」はコロナ禍で増えたと多くの医師も回答している。それならば、やはりこのコロナ禍が、10月における女性の自殺者が増えた最大の要因として考えても、もはやおかしくはないだろう? どうだ玉川くん? 京大の理系なら、この程度のデータは簡単に理解できるよね?

……以上、警察庁の資料を基にして厚労省が作成した資料と、民間企業が医師に対してアンケート調査をした結果に基づいて君に反論した。少しはご理解いただけたかな? 
2ヶ月前
×
トッキ―さんコメントを紹介してくれてありがとうございました。私の文章を玉川も読むかもしれないと思うと、世の中に抗っていた諸々の行為が少し報われます。重ねてありがとうございました。
2ヶ月前
×
流行語大賞実行委員会様

大変遅くなりました。

『流行語』

「25」言葉は祖先の宝
「72」寿命などは天に任せておけばよい
「204」馬鹿と馬鹿の間の隙間がない
「227」人がどのように死ねば満足するんだろう
「373」因習をろ過して残る国柄
「444」死者の目と子孫の目も意識して戦うのが保守」

『出来事』

「6月29日」労務会館を永遠に使わない宣言
「7月18日」泉美木蘭の超縦長グラフを公表
「11月25日」「皇位の安定継承に向けて」が開催
「12月14日」ただし氏の一矢

「日々の様々な分野の人達からの、コメントのうねりと実行の熱量」……これが何よりだと思います。
2ヶ月前
×
★★【令和2年度ライジング版「流行語大賞」&「今年の出来事」】★★
<<~投票期限:“本日”12月15日(火)23時59分まで~>>



▲「年末読者企画」は、本日〆切ですよーー!!▲
“まだ6時間程あります”♪♪

☆『流行語は10票まで・出来事は5票まで』をコメントするだけです!
☆1票からの投票でもOKです♪
☆投票理由が無くてもOKです♪♪
☆流行語は、ノミネートの「連番」数字の投票でもOKです♪♪♪


詳細は、
>>234
実行委員さん・コメントをご覧下さい。




宜しくお願いします。
2ヶ月前
×
【あと6時間!ライジング版流行語大賞の投票〆切】

このコロナ禍の一年。
ゴー宣読者が、一体どんな言葉が印象に残ったのか、
皆様はご興味ありませんか?

お1人でも多く投票頂けたら、
1票でも投票して頂けたら、
面白い結果になると思います。

ライジング版流行語大賞の投票〆切まで、あと6時間!
ライジング版流行語大賞の発表までは、あと30時間!
2ヶ月前
×
 色々盛り上がっているところお邪魔します。
 WHO専門家から、サンタには新型コロナへの免疫があると発表がありました。
 「サンタはコロナの免疫ある」 WHO専門家がアピール:朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/articles/ASNDH5FJ4NDHUHBI020.html
ちょっと言葉にできないですね。
2ヶ月前
×
自殺者健康問題説。
玉川氏が考える、健康問題による自殺というのには、コロナに罹り追い詰められて自殺した人は含まれないのでしょうね。コロナこそ健康問題です。
健康問題の8つの内訳のいずれもがコロナ禍による影響を受ける可能性があるものばかり。
それに、経済的理由を含めたら、自殺者の大多数が、コロナによる何らかの影響を受けていると分析するのが自然でしょう。関係ないはずはない。
いくら経済的な支援をしても、うつ病は治らないでしょう。不安を煽れば、自殺者はまだまだ増えると考えるのが真っ当な人間だと思います。
2ヶ月前
×
>>230
gotoなくても東京に行けます
2ヶ月前
×
流行語大賞に投票します。

【70】国民性の違いをグローバリストは考慮しない
【122】要請という名の強制
【132】新コロ怖い怖い商法
【126】恐怖は必ず差別に繋がる
【161】人間の致死率は100%
【213】指先善人
【217】忘恩の義務
【248】学者とは、医者とは、いったい何のために存在しているのだろうか?
【306】決して「感染者」ではない。あくまでも「陽性者」である。
【472】自分が洗脳されていると自覚している人などいない

今見ても頷いてしまった言葉、もっと広く浸透してほしい考え、特に印象的だったフレーズなどを選びました。
2ヶ月前
×
コロナ論2をフラゲしました。
前作よりも書店の取扱数が増えているように感じます。
これからじっくり読みます。
2ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。