• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 7件
  • ☆号外特集②☆【対談】福嶋亮大×張イクマン 〈都市〉はナショナリズムを超克しうるかーー「辺境の思想」から考える(後編)

    2018-12-27 20:00  

    新著『ウルトラマンと戦後サブカルチャーの風景』の刊行を記念し、文芸批評家・福嶋亮大さんの登場記事を3夜連続で特別再配信します! 第2夜は、張イクマンさんとの共著『辺境の思想 日本と香港から考える』をめぐる対談の後編。 新著で語られた20世紀映像史の原風景とも重なる〈東洋のアジール〉としての戦前の東京に言及しながら、近年顕著になりつつある昭和的な共同幻想への回帰願望、さらに、都市の「散歩」が持つ思想的な可能性について語り合います。(構成:佐藤賢二) ※前編はこちら
    書誌情報『辺境の思想 日本と香港から考える』(Amazon) 頼れる確かなものが失われた中心なき世界。自由と民主が揺らぐカオスな時代。未来への道は辺境にある―。日本と香港。2つの辺境で交わされた往復書簡の記録。
    福嶋亮大『ウルトラマンと戦後サブカルチャーの風景』PLANETS公式オンラインストアなら、脚本家・上原正三さんとの対談
  • ☆号外特集①☆【対談】福嶋亮大×張イクマン 〈都市〉はナショナリズムを超克しうるかーー「辺境の思想」から考える(前編)

    2018-12-26 21:30  

    新著『ウルトラマンと戦後サブカルチャーの風景』の刊行を記念し、文芸批評家・福嶋亮大さんの登場記事を3夜連続で特別再配信します! 第1夜は、張イクマンさんとの共著『辺境の思想 日本と香港から考える』をめぐる対談の前編。 日本と香港は歴史上、西欧や中国の「辺境」にあり、それは文化的・経済的な強みでもありました。東日本大震災(2011年)と雨傘運動(2014年)以降の、「二つの辺境」の思想状況を考えます。 新著でもウルトラマンシリーズの成立において沖縄という〈辺境〉の思想が重要な役割を果たしたことが掘り下げられていますが、その問題意識とも通底するアクチュアルな対話です。 (構成:佐藤賢二)
    書誌情報『辺境の思想 日本と香港から考える』(Amazon) 頼れる確かなものが失われた中心なき世界。自由と民主が揺らぐカオスな時代。未来への道は辺境にある―。日本と香港。2つの辺境で交わされた往復書簡の記
  • 【序章を無料公開!】福嶋亮大『ウルトラマンと戦後サブカルチャーの風景』発売中☆号外☆

    2018-12-25 20:00  

    12月17日に発売となった文芸批評家・福嶋亮大さんの最新刊『ウルトラマンと戦後サブカルチャーの風景』(PLANETS)。『ウルトラQ』から『80』までの昭和ウルトラマンシリーズを、戦後サブカルチャーの歴史や、映像文化史においてどのように位置づけることができるのか論じていただいた1冊です。今回は特別に、刊行を記念して序章を全文無料で配信します! 特撮ファンの方、映画ファンの方、そして作品を観たことがない方にも、ぜひ読んでいただきたいと思います。
    福嶋亮大『ウルトラマンと戦後サブカルチャーの風景』 PLANETS公式オンラインストアなら、脚本家・上原正三さんとの対談冊子つき!(数量限定・なくなり次第終了)
    【特別対談】上原正三×福嶋亮大 『ウルトラマンの原風景をめぐって――沖縄・怪獣・戦後メディア』
    ☆お求めはこちらから☆
    序章 「巨匠」の後のテレビドラマ
    特撮と歴史をつなぐ
     一九六六年か
  • 【号外】12/7(金)代官山蔦屋書店にて開催!宇野常寛トークイベント「いまなぜ新しい〈総合誌〉が必要なのか――「考える」ための言葉を届けるために」聞き手:長谷川リョー

    2018-12-04 12:00  
    12/7(金)19:00~代官山蔦屋書店にて、『PLANETS vol.10』刊行記念宇野常寛トークイベントを開催いたします!
    ★お申し込みはこちらから

    テーマ:いまなぜ新しい〈総合誌〉が必要なのか――「考える」ための言葉を届けるために
    2015年の『PLANETS vol.9』からまる3年。 今秋、満を持して上梓された宇野常寛責任編集の『PLANETS vol.10』は、一冊まるごと2020年の東京オリンピック・パラリンピックの代替計画や社会像を徹底的に論じて提示した前号とは一転、多彩な記事が織りなす「総合批評誌」として世に送り出されました。
    軍事の専門家からアニメ監督まで様々な分野の知見を結集した特集「〈戦争〉と〈平和〉の現在形」のほか、注目のデジタルメディアアーティストたちの作品で魅せるグラビア記事、大きな反響を呼んだ特別企画「いま必要なのは、もっと『遅い』インターネットだ」、雑誌
  • 【号外】音喜多駿/乙武洋匡/佐渡島庸平/竹下隆一郎/浜田敬子/堀潤/箕輪厚介/宇野常寛が登場!12/9(日)開催「PLANETS大忘年会2018」

    2018-11-22 12:00  
    東急電鉄とPLANETSのコラボ企画として定期的におこなっているトークショー、「渋谷セカンドステージ」。その最新回を、毎年多数のご参加をいただいております年末の特別企画「PLANETS大忘年会2018」として、12/9(日)に開催いたします!
    ★お申込み・詳細はこちらから
    ▼登壇者 音喜多駿(東京都都議会議員・あたらしい党代表) 乙武洋匡(作家) 佐渡島庸平(コルク代表) 竹下隆一郎(ハフポスト日本版 編集長) 浜田敬子(Business Insider Japan統括編集長) 堀潤(ジャーナリスト、市民ニュースサイト「8bitNews」代表) 箕輪厚介(幻冬舎 編集者) 宇野常寛(評論家/批評誌「PLANETS」編集長)
    1日に3つのトークショーという大ボリューム!! また、イベントの最後には交流会も予定しております。
    毎年売り切れ必至のイベントですので、迷っている方もお早めにお申込みく
  • 【号外】「PLANETS vol.10」本日発売です!

    2018-10-05 12:00  
    宇野常寛責任編集による「PLANETS vol.10」が、本日(10月5日)発売となります。「〈戦争〉と〈平和〉の現在形」「『遅いインターネット』計画」をテーマに、各分野のトップランナーたちが結集。編集長である宇野常寛も交えて、力の入った座談会や寄稿が目白押しです。少しでもご興味を持たれた方は、ぜひともご購入ください!
    ご購入は以下のサイトから。
    ・PLANETS公式オンラインストア ・Amazon.co.jp▼『PLANETS vol.10』とは
    『PLANETS vol.10』は、評論家・宇野常寛が責任編集をつとめる総合批評誌です。 宇野が提唱する「遅いインターネット」計画の作戦会議、安倍晋三も9条も出てこない「戦争と平和」特集、ランニング誌「走るひと」とのコラボレーション、猪子寿之、落合陽一、押井守、片渕須直などクリエイターインタビューなど、「世界の見え方が変わる一冊」をコンセプト
  • 【セール情報】本日限定! 『母性のディストピア』Kindle版がほぼ半額の1,499円です

    2018-03-16 07:30  


    昨秋刊行された宇野常寛の『母性のディストピア』Kindle版が、本日限定でセール価格になりました! 通常2,999円の本書が、本日2018年3月16日(金)23時59分まで、ほぼ半額の1,499円でお求めいただけます。お得な機会をお見逃しなく!
    【書籍情報】 

    宮崎駿、富野由悠季、押井守――戦後アニメーションの巨人たちの可能性と限界はどこにあったのか?
    宮崎駿論4万字、富野由悠季論10万字、押井守論10万字の作家論を中核に、アニメから戦後という時代の精神をいま、総括する。
    そして『シン・ゴジラ』『君の名は』『この世界の片隅に』――現代のアニメ・特撮が象徴するさまよえるこの国の想像力はどこにあるのか?
    『ゼロ年代の想像力』『リトル・ピープルの時代』とその射程を拡大してきた著者の新たな代表作にして、戦後サブカルチャー論の決定版。
    限定価格 1,499円(通常の50%オフ! 本日23時59