• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 4件
  • 【全文無料公開】サードプレイスとして地方を考える 奥能登の農村×NPO法人ZESDA

    2019-06-25 07:00  

    全国でも稀有な「地方創生」の成功例として注目を集める石川県・奥能登の「春蘭の里」。その復活劇の裏には、NPO法人ZESDA(東京のプロボノ集団・パラレルキャリアで活動中)との連携がありました。 グローカリゼーションによる地方創生を掲げるNPO法人ZESDAが開催した石川県・奥能登の「春蘭の里」PRイベントに、宇野常寛が登壇しました。昨年PLANETS編集部も取材旅行でお邪魔した同地の「地方創生」について、美味しいお食事とともに改めて考えました。今回はこちらのイベントレポートをお届けします!
    【関連記事】 奥能登の知られざる魅力を満喫! 奇跡の地方創成モデル「春蘭の里」訪問記 前編 | 後編今、本当に「地方」を「創生」する条件とは?(NPO法人ZESDA主催「山菜の、知られざる魅力」イベントレポート)
    プロローグ
    2019年4月某日、都内のとあるビルの3F。宇野常寛とPLANETS編集部
  • 【全文無料公開】奥能登の知られざる魅力を満喫! 奇跡の地方創成モデル「春蘭の里」訪問記(後編)

    2018-11-21 07:00  

    2018年10月、地方創生の貴重な成功例として注目を集めている石川県能登町「春蘭の里」に宇野常寛とPLANETS編集部がお邪魔してきました。奥能登の旅のレポートの後編では、過疎化の中で「春蘭の里」はいかにして甦ったのか、現地の立役者の方々に話を聞きながら、NPOと連携しクラウドファウンディングを活用する、新しい地方創生のあり方についてお伝えします。全文無料公開です。 ※本記事の前編はこちら
    「春蘭の里」のクラウドファウンディングはこちらから(11月25日まで)
    春蘭の里から普遍的な地方創生へ
     夕闇もふけてきた頃、今回は「春蘭の里」という、PLANETSの「公開取材」と銘打って、宇野と多田さんの対談収録が行われました。「春蘭の宿」の立派な囲炉裏をぐるりと10人ほど囲み、多田さんのお話にじっと耳を傾けます。
    ▲公開収録の様子
     開始早々、さっそく宇野から多田さんに「春蘭の里」成長の秘訣につ
  • 【全文無料公開】奥能登の知られざる魅力を満喫! 奇跡の地方創成モデル「春蘭の里」訪問記(前編)

    2018-11-20 07:00  

    地方創生の貴重な成功例として注目を集め、目下クラウドファンディングによる全国への支援呼びかけも実施中の石川県能登町「春蘭の里」に、宇野常寛とPLANETS編集部がお邪魔してきました。恵まれた風土と文化、豊富な山海の幸、故郷を蘇らせるため奮闘するパワフルなリーダー。そこから見えてきた「地方創生」の形とは? 2日間にわたる奥能登の旅のレポートを前後編でお届けします。全文無料公開です。
    「春蘭の里」のクラウドファウンディングはこちらから(11月25日まで)
    1泊2日、奥能登「春蘭の里」へ!
     高く澄み渡る秋晴れの空、四方に紅葉間近の濃い緑の山、山、山…。とある10月のある日、PLANETS編集部一行は「のと里山空港」に降り立ちました。
    ▲のと里山空港の入り口
     ことの発端は2018年3月、向島百花園にて行われたNPO法人ZESDA主催のイベント「山菜の、知られざる魅力」。(イベントの様子はこち
  • 今、本当に「地方」を「創生」する条件とは?(NPO法人ZESDA主催「山菜の、知られざる魅力」イベントレポート)【全文無料公開】

    2018-04-19 10:41  



    本記事の一部の表現に誤りがあったため、修正致しました。記事をお読みくださった皆さまにはご迷惑をおかけし、深くお詫び申し上げます。【4月19日9時50分追記】2018年3月24日(土)、地方創生の貴重な成功例として注目を集めている能登町・春蘭の里と山菜アドバイザーの荻田毅さん、そして宇野常寛の異色の(!?)コラボレーションイベントがNPO法人・ZESDAの主催により実現しました。世界農業遺産に登録された奥能登里山の山菜料理を実際に味わいながら、それぞれの視点から地方創生の可能性を探った本イベントの様子をレポート形式でお届けします。全文無料公開です。

    春も近づくある日、弊誌編集長の宇野常寛はNPO法人のZESDAから舞い込んだある依頼に、しきりに首をかしげていました。「まさか人生で山菜のイベントを経験するなんて……。山菜だよ!? このコラボレーション、いったいどうなるか全くわからない…