• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 3件
  • 2ちゃんねる、ニコニコ動画、なんJ、野球YouTuber──「ネット」と「野球」の接近|中野慧

    2021-01-13 07:00  
    550pt

    本日お届けするのは、ライター・編集者の中野慧さんによる連載『文化系のための野球入門』の第3回です。体育会系で昭和的なものの象徴と思われていた野球ですが、2000年代の「2ちゃんねる」を中心としたインターネットカルチャーと結びつき、それまでの試合観戦を中心とした楽しみ方に限らない「オタク」的な楽しみ方が見出されていきます。
    中野慧 文化系のための野球入門第3回 2ちゃんねる、ニコニコ動画、なんJ、野球YouTuber──「ネット」と「野球」の接近
    文化系/オタクにとっての野球
     前回、野球という文化を解析するには、「体育会系/文化系」「ヤンキー/オタク」という2軸で考えることが必要なのではないか、ということを述べました。  そして野球は「体育会系」で「ヤンキー」な人に好まれていると考えられますが、では「文化系」「オタク」の人にとって、野球はどのような存在なのでしょうか。
     一例として挙げたいのが、2015年のユーキャン新語・流行語大賞の年間大賞に「トリプルスリー」、2016年には「神ってる」という、どちらもプロ野球絡みの言葉が選ばれたときのことです。  2015年の「トリプルスリー」は、同シーズンに山田哲人選手(東京ヤクルトスワローズ)、柳田悠岐選手(福岡ソフトバンクホークス)が打率3割、30本塁打、30盗塁という達成困難な記録を打ち立てたこと、そして2016年の「神ってる」は広島東洋カープの優勝の原動力となった鈴木誠也選手の活躍を評したものでした。  ですが、これらの言葉は野球ファンこそ知っているものの、それ以外の大半の人には知られていなかったと考えられます。
    「それでは『国民的な流行から選ぶ』という流行語大賞の趣旨からは外れているのではないか」 「こうした野球絡みの言葉ばかりが「流行語大賞」に選ばれるのはなぜなのか」
     こうした違和感が、ネットユーザーや様々な論客から異論が噴出したわけです。たとえば、漫画家・コラムニストの能町みね子氏は、「流行語大賞の人格は50代の野球好きのおじさんである」という説を唱えています。ここでいう「50代のおじさん」という言葉には、「センスが決定的に時代遅れになっているのに、自分たちの視界にあるものが社会の主流だと思っているみっともない中高年男性」に対する揶揄の意味が込められているのでしょう。
     しかしそんな状況の一方で、流行語大賞よりももっと若い人たちのあいだでの流行語を取り上げる「JCJK流行語大賞」では、2017年には「熱盛」「ンゴ」という、野球関連のネットスラングがトップ5入りしています[1]。  「熱盛」というのはもともと、テレビ朝日系列の「報道ステーション」のプロ野球コーナーで好プレーが紹介されたときの、テロップと声による演出です。  しかし、これが同番組の野球と全然関係ない場面で手違いで何度か出てしまい、それについてアナウンサーが謝罪するということが何度か起こりました。それがネットユーザーのあいだでネタにされ、「何の脈絡もなく盛り上がってしまい、すぐに謝罪する」というある種のネタ的なコミュニケーションとしてネット上で定着していきました。  一方、「ンゴ」というのは、もともとは横浜・中日でプレーしたドミンゴ・グスマン投手が最終回に登板して失点を喫したときにネットユーザーの一部が、「ンゴ」と名前の一部を略して、なにか「やらかし」をしてしまったときの様子を表現し、それがやがて定着したものです。  どちらもいわゆる「ネットスラング」ですが、それを面白がって10代女性が使用するようになり、それがやがて「JCJK流行語大賞」で取り上げられることになった、というものです。  そして、2010年代後半に特に、こうしたコアなネットユーザー以外にも波及するようなスラングの発信源となったのが、2ちゃんねるの掲示板のひとつ「なんでも実況J(なんJ)」でした。
    インターネットカルチャーと「なんJ」
     「なんJ」は、野球を中心にしつつアニメやニュースなどの雑談を行う掲示板で、ネットの匿名掲示板サービス「2ちゃんねる(現:5ちゃんねる)」でもっとも活発な場所となっています[2]。ここではプロ野球チームや選手をネタにしたユーモラスな雑談が行われています。  もともと2ちゃんねるは1999年の開設以降、たとえば2005年に映画化・ドラマ化され社会現象となった『電車男』を生んだことからも明らかなように、長らく日本のインターネットカルチャーの中心地となってきました。  ユーザー同士が匿名でさまざまなトピックについて雑談や議論をして盛り上がることが特徴ですが、扱われるトピックはパソコン、ゲーム、アニメなどの「オタク文化」が中心であり、野球の話題はあくまでも傍流でした。
     しかし、そんなインターネット社会に衝撃を与える「事件」が2009年3月24日に起こります。野球の世界大会WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の第2回、決勝に進出した日本代表は、ロサンゼルスのドジャー・スタジアムで韓国代表と激突します。  両者同点で迎えた延長10回表、日本が誇る大打者イチローが、韓国の抑えのエース林昌勇(イム・チャンヨン)投手から決勝の2点タイムリーヒットを放って優勝を決めました。  この瞬間、2ちゃんねるには書き込みが殺到し、多数の掲示板のサーバーがダウンする事態となりました。  それまでインターネットは漫画・アニメ・ゲーム・PCが好きな「オタク」や「文化系」のもの、というイメージが強くありました。しかし、「体育会系」で「昭和」なものの象徴であるはずの野球は意外にもネット上で大人気であることが、多くのネットユーザーの脳裏に焼き付いたわけです。
    ■PLANETSチャンネルの月額会員になると…・入会月以降の記事を読むことができるようになります。・PLANETSチャンネルの生放送や動画アーカイブが視聴できます。
     
  • スポーツを「文化」として捉えるために必要な3つの概念|中野慧

    2020-12-03 07:00  
    550pt

    本日お届けするのは、ライター・編集者の中野慧さんによる連載『文化系のための野球入門』の第2回です。かつて「国民の娯楽」であった野球の人気低下が懸念されていますが、一方で、プロ野球や高校野球の動員数は増加傾向にあります。では、人気低下といわれる理由と、その原因はどこにあるのでしょうか。「する」「みる」「ささえる」という3つのスポーツ概念から考察します。
    中野慧 文化系のための野球入門第2回 スポーツを「文化」として捉えるために必要な3つの概念
    「野球人気低下」の諸相
     前回、この連載を再開することになった動機について記していくなかで、「野球の人気が低下している」ということが近年のスポーツジャーナリズムで問題になっていることに触れました。  しかし一口に「野球人気の低下」といっても、様々なレイヤーがあります。たとえばプロ野球の観客動員数は、2005年になって実数が発表されるようになって以降、過去最多を更新し続けています。甲子園球場で行われる高校野球の全国大会に関しても、過去最高の動員数を記録したのは一昨年2018年でした。つまり野球は、リアルの球場に足を運んで観戦する「ライブエンターテイメント」としての人気が近年、非常に高まっているといえます。
     その一方で、様々なスポーツジャーナリストから指摘されているのは、「子どもの野球人口が減少している」ということです。高校野球の部員数は、それまでずっと増加していましたが、史上最高だった2014年を最後に減少に転じました。さらには、足元の中学野球、小学生の野球人口はもっと減ってきています。少子化の影響を考慮したとしても、それを上回るペースで急速に、子どもの野球人口がシュリンクしているのです。  こういった状況を受けて、近年は様々な論者から「野球改革案」が出されるようになりました。代表的なものとして、広尾晃『野球崩壊』(イースト・プレス、2016年)、氏原秀明『甲子園という病』(新潮新書、2018年)、中島大輔『野球消滅』(新潮新書、2019年)などが挙げられます。タイトルに、強い危機感が表明されていることが、これらの著作の共通点といえます。  これらの著作では丹念な取材をもとに、野球の人気低下を食い止めるための方策が論じられています。しかしそれがゆえにどうしても、たとえば私のような「熱心なスポーツジャーナリズム読者」にしか読まれないものに留まってしまっているようです。  それはなぜかというと、これまでのスポーツジャーナリズムが「みる」のみに偏重してきたからではないかと私は考えています。
    スポーツ文化を考えるために必要な3つの概念
     そして結論から言ってしまえば、スポーツというものを、①する(Do)スポーツ、②みる(Watch)スポーツ、③ささえる(Support)スポーツ、の3つの概念で切り分けて考えることが、我々がスポーツを「文化」として豊かに享受するために必要なことになってきます。  なお、スポーツの「する、みる、ささえる」の三側面の重視というのは、文部科学省の出している指針「スポーツ立国戦略」にも出てくる表現です。政府がこのような指針を出した背景には、東京五輪をきっかけにスポーツの励行による国民の健康増進や、スポーツを通じたコミュニティの育成を図ろうという思惑があるのでしょう。  「する」「みる」「ささえる」という3つのスポーツ概念を野球に置き換えると、①の「する」は、プロ野球選手、高校・大学・実業団などの野球選手、週末に市民グラウンドでプレイするいわゆる「草野球」やクラブチームのプレイヤー、そして小学校・中学校段階で地域の野球チームでプレイする子どもたちのことを指しています。  そして②の「みる」は、プロ野球や高校野球、MLB、その他のカテゴリーの野球を球場やテレビ・インターネットなどで観戦する観客たちのことです。  一番なじみが薄いのは、③の「ささえる」ではないでしょうか。これは、さきほど挙げた文部科学省の「スポーツ立国戦略」のなかでは、おもに「指導者」「スポーツボランティア」のこととされています。①②以外のスポーツへの関わり方として、この③「ささえる」というあり方は注目に値します。  たとえば高校野球を例にして考えると、①②ではない関わり方として、試合出場や練習は行わないけれども野球部の活動を支えるマネージャー、保護者、顧問の先生、監督やコーチ、OB・OGなどの存在が考えられます。また、部活動全体をバックアップする存在として、学校全体や、各都道府県の高校野球連盟の職員、審判員なども、「ささえる」主体のひとつとして数えられるでしょう。さらには、吹奏楽やチアリーダーなど、他部の生徒でよりコミットメントの度合いの高い人達も、「ささえる」に当たると言えそうです。  プロスポーツでは、サッカーでとりわけ顕著ですが文字通り「サポーター」という言葉があります。これは観客として入場料やグッズ、ファンクラブなどを通じて資金支援をするだけではなく、チームの理念や歴史などを知り、よいチームにしていくためのより主体的なファン活動をする人々のことです。こうしたサポーターたちはときにチームの在り方への批判を、スタジアムの現場や、ブログやSNSを活用して行っています。  また近年では4番目として「知る」という要素も加えられるようになりました。スポーツやゲームの成り立ち、歴史、文化を知り、またスポーツをよりよく行うためのスポーツ科学やコーチング、スポーツマネジメントなどにも、注目が集まりつつあります。[1]
    翻って「野球の人気低下」とはなにか
     野球を含む日本のスポーツジャーナリズムは、長年「みる」に偏重してきました。戦後すぐに生まれた文化である「スポーツ新聞」には、「するスポーツ」の記事はいまだにほとんどありません。また、日本におけるスポーツ誌の代表格である「Sports Graphic Number」(文藝春秋)も、誌面の内容の大半が「みるスポーツ」です。
     そう──本連載では、旧来の野球の語りが、「みる」に偏重してきたことを問題として考えています。  近年ようやく、ランニングや筋トレなど主に心身の健康に着目した「ライフスタイルスポーツ」が注目されるようになり、「Tarzan」(マガジンハウス)や「Number Do」(文藝春秋)など、「するスポーツ」を扱うメディアにも、以前よりも注目が集まるようになっています。  そしてスポーツジャーナリズムの世界でも、これまでの「みるスポーツ」への偏重に対する潜在的な危機感から、たとえばプレイヤーズ・ファースト(アスリート・ファースト)という概念が盛んに取り上げられるようになってきました。たしかに、「みる」だけでなく「する」への注目はたしかに高まってはきてはいます。しかし、三番目の「ささえる」に対する関心は依然としてまだまだ低いままです。

    【12/15(火)まで】オンライン講義全4回つき先行販売中!三宅陽一郎『人工知能が「生命」になるとき』ゲームAI開発の第一人者である三宅陽一郎さんが、東西の哲学や国内外のエンターテインメントからの触発をもとに、これからの人工知能開発を導く独自のビジョンを、さまざまな切り口から展望する1冊。詳細はこちらから。
     
  • 文化系のための野球入門 第1回 はしがき──「野球の危機」の時代に寄せて|中野慧

    2020-11-05 07:00  
    550pt

    今月から、ライター・編集者の中野慧さんの新連載がスタートします。昭和の長きにわたって「国民の娯楽」であった野球。しかし、社会やメディア環境などの変化により、現在、さまざまな意味で「野球の危機」が叫ばれつつあります。自身も高校・大学野球を経験し、いわゆる「体育会系」だった学生野球の不自由さから、一度は野球から離れてしまったという経験を持ちながらも、今もなお「文化系」として野球を愛する中野さんが、野球というカルチャーの新たな魅力を考えます。

    中野慧 文化系のための野球入門第1回 はしがき──「野球の危機」の時代に寄せて
     みなさまはじめまして、またはおひさしぶりです。  かつてPLANETSのメルマガで「文化系のための野球入門」という連載をしていたライター・編集者の中野慧(なかの・けい)です。現在は、広告系のWeb制作会社で編集者やディレクターなどをしております。
     さて、実は私は、このPLANETSのメルマガが日刊化してから2017年夏頃まで編集を担当しておりました。平日毎日更新というのはなかなか大変で、ときに配信するはずだった原稿が落ちてしまうことも少なくなく、空いたラインナップを埋めるために代原として書いていた企画が、上記の連載「文化系のための野球入門」でした。カルチャー誌を出自に持つPLANETS的な切り口で、野球という「体育会系」な「スポーツ」を批評・分析してみようという企画だったのですが、実際に出してみたらPVも反響も予想以上のものでした。  しかし、2017年秋頃に別の会社に行くことになりまして、「続きも頑張って書こう!」と思っており、編集長の宇野さんからも「続き書いていいよ」と言われていたのですが、気づいたら約3年もの月日が経過しておりました。
     「このまま未完のまま終わるのではないか……?」
     そんな焦りを、コロナ騒動で静かな2020年初夏に感じまして、それから一念発起して日々書き溜めていっている次第です。今回はその初回となります。
    この連載を書く動機について
     さて、再開に際してまずは、この連載を書く動機について記したいと思います。  そもそも私は、子供の頃は本・漫画・アニメ・ゲームが好きで、運動は苦手という、「文化系」「オタク」な人間で、「野球」などとは縁遠い人間でした。  小学4年生だった1995年、巨人の主力だった原辰徳選手が引退したとき、その話題で盛り上がる小学校の教室に居心地の悪さを感じたことを覚えています。なにせ、原辰徳なんて人物は、そのとき初めて知ったのですから。  「巨人」という存在は認識しておりましたが、大好きだった土曜9時日テレのドラマ(『家なき子』『金田一少年の事件簿』『銀狼怪奇ファイル』等が放映されていた枠です。当時の小学生には大人気を博しておりました)が、たびたび巨人戦中継の延長により放映がズレてしまい、VHSでの予約録画のミスが起きたりしたため、むしろ野球というものに対して負の感情を抱いていたと思います。  あるとき、自分の小学校に野球教室で当時巨人の桑田真澄選手が来たことがありました。その知らせを聞いた野球好きの父親に「せっかくだから行ってきなさい」と、無理やり参加させられたのです。  当然、野球なんぞやったことがありませんので、ろくにできず、むしろ野球チームに入っている同級生たちとの体力とセンスの差を痛感させられました。さらに悪いことに、桑田氏に「全員でランニングしよう!」と言われ「足を揃えて走る」という軍隊風のランニングをやらされたのです。そんな「野蛮」な風習を行わされたことに、文化系少年の私はただただ恐怖感を抱きました。なお、桑田氏に恨みはありません。
     そんな私が、その後なぜか野球にハマっていきます。きっかけは、1996年に発売されたPlayStationのゲーム『ワールドスタジアムEX』でした。「イチロー」や「松井」という選手の、あまりの「有能さ」に感動したのです。その後、『実況パワフルプロ野球(パワプロ)』シリーズもプレイするようになり、ゲームからやがて地上波での巨人戦、衛星放送でのパ・リーグの中継、そして地元だった神奈川県を本拠とする横浜ベイスターズ(現・横浜DeNAベイスターズ)のローカル局での生中継を観たり、AMラジオのニッポン放送「ショウアップナイター」や、TBSラジオ「エキサイトナイター」なども聴取するようになっていきました。  折しも当時は「マシンガン打線」や「大魔神・佐々木」を擁するベイスターズが黄金期を迎えていたため、それからすっかり横浜ファンになりました。
    ■PLANETSチャンネルの月額会員になると…・入会月以降の記事を読むことができるようになります。・PLANETSチャンネルの生放送や動画アーカイブが視聴できます。