• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 1件
  • 『ドラえもん のび太と鉄人兵団』リメイクを見て旧作の偉大さを考える。

    2016-03-14 02:36  
    51pt

     ひさしぶりに――おそらく30年弱ぶりくらいで、映画『ドラえもん のび太の鉄人兵団』を見ました。
     いや、LINEで話していたらなぜかこの作品の話題になったのでAmazonで見てみただけなのですが、面白いですねー。
     あらためて鑑賞してみてそのエンターテインメント性の高さに驚かされました。
     正直、記憶のなかで美化されている側面もあるのではないかと思っていたのだけれど、いま見ても普通に面白い。いや、普通以上に面白い。
     家出したドラえもんを探すのび太が北極で巨大ロボットの部品を発見するところから始まって、いったいこの部品はなんなのか? そしてそのロボットを探すなぞの少女の正体は? と、謎また謎の展開で惹きつけます。
     そして、劇場版『ドラえもん』シリーズのなかでも最も鮮烈かつ悲劇的なラストへと一直線に物語は進んで行くのです。そのスピーディーなこと。
     ほんとうにまったく無駄がない緻密なシナリオです。素晴らしい。あー、いいものを見た。面白かった。
     ――で終わらせられればいいのですが、どうもぼくとしてはそうもいかないのですね。
     というのも、この『鉄人兵団』、『新・のび太と鉄人兵団 はばたけ天使たち』としてリメイクされているのです。
     となると、どうしたってリメイク版と比較して見てみたくなる。はたしてリメイク版の出来はどうなのか? 旧作を超えることができたのか? 比べて考えて考えてみたくなるのは人情でしょう。
     で、続けて新作も見たのですが、その結果はどうだったかというと――うーん、微妙?
     非常によくアレンジされていると感じたので、旧作と比べて単純に良い、悪いとはいい切れない感じですね。
     アニメーションとしての迫力、それに遊びやくすぐりの部分では確実に旧作から進歩を遂げていると思います。
     さりげなくドラえもんが意地が悪くなっているあたりはうまいなあと。
     また、細部に至るまでシナリオに手が加えられていて、一貫してより見やすく、わかりやすいように調整されていると感じました。
     だから、そのあたりをどう捉えるかでこの作品の評価は決まって来るでしょう。
     それでは、ぼく自身はどうなのか? うーん、やっぱり微妙、という答えになっちゃうんですよね。
     新作がとてもよくできているだけに、新作に軍配を上げたい気持ちもあるのだけれど、そのアレンジの巧みさが逆に旧作の偉大さを知らしめているところもあって、なかなか優劣を付けにくい。
     結局、好みの問題になって来ると思う。で、そう前置きしたうえでいうなら、ぼくはやっぱり旧作が好きだなあ、と思うのです。
     なぜか?
     それは、