• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 1件
  • 恋愛不感症なぼく。

    2016-06-30 22:46  
    50pt

    もしも正しいねがひに燃えて
    じぶんとひとと万象といつしよに
    至上福祉にいたらうとする
    それをある宗教情操とするならば
    そのねがひから砕けまたは疲れ
    じぶんとそれからたつたもひとつのたましひと
    完全そして永久にどこまでもいつしよに行かうとする
    この変態を恋愛といふ

     ども。きょうは高尚に宮沢賢治『春と修羅』から始めてみました。
     ここでそれに絡めてどうでもいい告白をすると、ぼくは生まれてからこの方、同性であれ異性であれ、だれかに恋愛感情を抱いたことがありません。
     もちろん人間的に好きな人はいるけれど、それはやっぱり「友情」の範疇だと思う。
     あるいは性的欲求を伴う友情を恋愛と呼ぶということなのかもしれませんが、その意味ですら恋愛経験はないですね。
     特定の人に性欲と友情の両方を感じたことは一度もありません。
     ちなみにぼくはいわゆる2次元キャラに対しても恋愛感情を抱いたことはないですね