• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 2件
  • アニメ『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』は、切れ味するどいループものの変化球。

    2014-07-26 07:00  
    51pt


     ニコニコチャンネルで見ているアニメ『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』が第2話にしてかなり変わった印象。ぼくは爆笑して観ましたが、こ、これ、こういうアニメなの? こういうアニメなんだろうなあ。うーん、ぼくのなかの番長(主人公)のイメージが崩れてゆくよ。
     具体的にどういうことなのかというと、第1話は原作ゲームのエピソードを、いささかダイジェスト気味ながら追いかけていたんだけれど、第2話に至って、完全にそれらを省略してしまっているんですね。
     そもそも登場シーンがないキャラクターがいきなり出て来ていたりする。当然、『ペルソナ4』を未見の視聴者にとってはわけがわからない内容であるはずなんだけれど、そんな奴が見ているはずはねえ!ということなのかもしれない。
     いや、それにしてもこの割り切りはちょっとすごい。たぶん、これは一種のループものとして解釈するべきなのでしょう。つまり、主人公はいま、「2周目」を経験中なのだと。
     かれは「1周目」の記憶があるわけではないようなんですが、その立ち振る舞いを見ていると、いろいろな能力値がMAXであるらしい上、あらゆる行動が最適化されています。あたかも「そんな展開は知っているよ」と云わんばかり。
     で、なぜそんな行動を取るのかは作中では説明されません。すべてを知っているのは視聴者だけです。エレガントといえばエレガント。
     とにかく、独立したタイトルの作品を、それがすべて「2周目」である、という前提で展開した(と思われる)作品は過去にないんじゃないでしょうか。
     視聴者が知っているはずのことはすべて利用し尽くしているので、ギャグの切れ味が凄いことになっています。いや、ゼロ年代以降はやりにはやったループものもついにここまで来たかと感慨深いですね。
     何よりすごいのは、視聴者が当然この展開に付いてくるだろうとスタッフが考えているということ。日本のアニメマーケット、成熟しているわ。良くも悪くも。
     このすっ飛びまくっている物語を、視聴者が前作の知識によって補完することが前提なんだものなあ。すごいというか素晴らしい。ひさびさにちょっとびっくりしました。アニメーションは進歩しているよ!
     ただ、あまりにギャグだけに偏ってしまうとそれはそれで辛いので、ミステリ部分も少しは描いてほしいところだけれど――ギャグに終始するのかなあ。ちょっといまの段階では見えて来ませんが、今期、期待の一作です。
     しかし、しょせんは『ペルソナ4』のリファインバージョンであるに過ぎない『ザ・ゴールデン』をアニメ化しなさい、という課題を与えられたときに、こういうスタイルを選んだ監督なりスタッフの判断には感服せざるを得ません。
     いや、 
  • ニコニコチャンネルでアニメ観てみた。

    2014-07-18 07:00  
    51pt
     何となくアニメが見たくなって、ニコニコチャンネルで『普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。』とか観ています。物語も演出もまったくもってどうということはないふつーのアニメではあるのですが、ぼおっと観ている分には良いかと。
     ろこどる、つまりローカルアイドルものというと『あまちゃん』が思い浮かぶわけですが、これを観ていると、ああなるほど『あまちゃん』ってよく出来ていたんだな、と感じますね。比べるものでもないんだろうけれど。
     しかし、アニメ観たいと思った瞬間にいくらでも観るものが見つかるのだから、いい時代だなあ。クリエイターにとっては辛い時代でもあるんだろうけれど。
     いや、しかし、ほんとに平凡な作品だな。気がゆるむゆるむ。この展開はさすがにどうなんだろって気もするのですが、もう何でもいいや。どうせただで観ているわけだし。
     昔、『ギャラリーフェイク』で、二流三流の作品はその不完全さゆえにひとを安心させるという話があったけれど、そういうものなのかも。
     しかもぼく、どういうわけかアイドルもののお話って好きなんですよね。それでいて昔からアイドルそのものにはまったく興味がない。いったい何が原因なんだろう。ふしぎです。
     で、これで終わらせるのも何なので、『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』も観てみる。『ペルソナ4』のパラレルワールドのお話、と受け取ればいいのかな。ほとんど『ペルソナ4』なんだけれど、微妙に違っている。
     で、パラレルワールドなので、凄まじいスピードで物語が進む(笑)。開始10分でここまで行くか、と。主人公の行動が最適化されている感じ。なんだこいつ。すでに正解を知っているだろ。
     あいかわらず菜々子ちゃんが可愛いです。お兄ちゃんって呼んでくれていいんだよ。
     原作ゲームは未プレイなのですが、『ペルソナ4』そのものは2周くらいしているので、やっぱり面白い。よくできた二次創作を観ている感じですね。
     まあ、それ以上のものではないかもしれないけれど、ぼくは『ペルソナ4』ファンなのでやっぱり面白い。ただ、『ペルソナ4』をまったく知らない人がいきなり観るものではないですよね。
     とりあえずは『ペルソナ4』のほうを消化しておくべき。いやまあ、いきなり観るひとなんてそもそも実在しないかもしれないけれど……。
     えっと、これだけじゃ記事にならないので、続けて『ひめゴト』第1話も観る。綾崎ハーマイオニーな男の娘のお話。4分アニメですが、一応、ストーリーらしきものはあります。ええ、ほとんどめちゃくちゃですが。
     いやー、くっだらねえ(笑)。