• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 3件
  • ネットで稼いでひきこもり2.0になりたい。

    2014-07-09 22:32  
    50pt


     こっそり書いておきますが、今月からこのブロマガの収入の利率が上がりました。つまり、特に何もしなくてもぼくの収入は数万円単位で増えることになります。
     年収にすると数十万円アップ。ラッキーとしかいいようがなく、何もしていないのにこんなことがあって良いのだろうか、と思います。
     まあ大した額じゃないといえばそうですが、それでもコンビニで働いてその額を稼ぐには数十時間立ちっぱなしで労働しないといけないわけだからなあ。
     いやー、ほんと、ありがたい話。それならもっとマジメに仕事しろてめえとぼくも思います。ここのところ、大して内容のあることも書いていないのにほとんどの読者さんが購読を打ち切らずにいてくれるのは驚異的。
     何でみんな購読をやめないんだろうね、と思うけれど、実はぼくにもほとんど読んでいないのに購読しているメルマガがあったりするのでこれはそういうものなのかも。
     もちろん、それに甘えてはいけないとも思いますが、たぶん、海燕の野郎は待っていればそのうちまた更新をし始めると思っているということなんでしょうね。
     最近、ようやくバイオリズムも回復してきてやる気も出ているので、さてさて、書くことにしましょう。
     で、きょう取り上げるのは鈴木みそ『ナナのリテラシー』。Amazon Kindle Storeで1000万円以上の金額を稼ぎだした作家が描く電子書籍をテーマにした漫画です。
     現代の電子書籍の問題と可能性がわかりやすく整理されていて、とても面白い作品となっています。かなりオススメなので、この手に興味がある人は良ければ読んでみてください。興味がない人にとっては退屈かもしれないけれど。
     とはいえ、読んでいて多少の違和感があったのは、ぼく自身が「電子書籍」という形式を「ネットで販売してお金を得る」手段の最終的な形とは捉えていないからでしょう。
     いや、どう考えても電子書籍って不便が多いよね。まず、特定のアプリケーションがないと読めないし、そもそもそのサービスを提供している会社が事業から撤退しちゃったらその「本」自体が読めなくなってしまうかもしれないという危険性もある。
     たくさんの「本」が各種のサービスに拡散してしまいがちなのも鬱陶しい。どう考えても売る側の都合ばかりが先行しているサービスだと思うんですよ。ネット特有のインタラクティヴ性もないしね。
     そこで出て来るのが、たとえば「note」のようなサービスなのでしょう。
    http://ddnavi.com/news/199917/
     「note」は電子書籍よりずっとインタラクティヴなシステムで、どちらかというとブロマガに近い。で、正直、ブロマガより洗練された印象がある。
     有名バンドの「くるり」がファンクラブをnote上に作ったそうですが、じっさい、そういう使い方をするのが正しいのでしょう。その気になれば楽曲も配信できるわけだし。
     まあ、ブロマガはニコニコ動画及びニコニコ生放送と連動しているという強烈な強みがあるので、うまく使えばこれはこれでインタラクティヴなファンクラブ的コンテンツを作れるとは思いますけれどね。
     でも、コミュニケーションに関する配慮は弱いよね。何度もいっているけれど、少なくともコメントがどこについたかわからない仕様を何とかしてほしいです。いまのままじゃユーザーとやり取りするのは実質的に不可能。
     とはいえ、ぼくなどはブロマガでけっこうな額を稼げているほうに分類されるでしょう。アシスタントとかも一切使っていないので、全額がぼくのふところに入っています。
     いや、当然、微々たるものですよ。ぼくの場合、ブロマガのほかにもいくらか収入源があるのですが、それを合わせてもいまは新卒のリーマンくらいの収入。
     さすがにプアなので、もうちょっと増やしたいですね。イケダハヤトさんまで行かなくても、手取りで年収400万円くらい稼げると、ワーク・ライフ・バランス的に完璧といって良いかと思います。
     で、これは全然不可能な数字じゃないと思うんだよなあ。何しろ、いま、ぼく、ほとんど何もしてないわけで、可処分時間が膨大に余っている。
     この時間を活かして何かやりたいよね、というのが長年の懸案だったりするのです。で、具体的にいま何をやっているかというと、同人誌を作ったりしているわけですが、もう少しデジタルな方向でも何かやりたい。
     noteも便利なのですが、この間使っていたSPIKEなんかはかなり可能性を感じます。何しろ売った額の100%が売り手に入るというとんでもないサービス。これは使わなければなりません。
     まあ、いまはおそらくぼくの読者さんでも、一々SPIKEに登録するのが面倒だと思っている人がいっぱいいると思うのですが、 
  • コンビニからホストクラブまで、様々な業界のお金事情がわかる傑作漫画『銭』が面白い!(2379文字)

    2013-05-14 11:11  
    52pt

    ○この記事の内容。○
     鈴木みそのお金漫画『銭』の感想です。鈴木さんのブログの話なんかも後半で語っています。お金のことは考えないことが潔いと思いがちな我々日本人ですが、それではこれからやっていけない。もっとお金のことを真剣に考えるべきなのだと思います。




     いま、鈴木みその漫画『銭』を読んでいる。最近、こういう書き出しがやたら多い気がするけれど、まあいいや。
     トラックにひかれて一度死んでしまい、幽霊(生霊?)となった主人公「チョキン」たちが漫画やゲームセンター、ホストクラブなど、さまざまな業界の「銭」の問題を調べていくというお話だ。
     これが実に面白い。限りなくいまさらだがお奨めの作品である。ちなみにネットを調べてみると古本は100円前後で取り引きされているけれど、それでは作者にお金が入らないので、ぼくはKindleで買いましたよ。
     「読みたい本が読みたいときに手に入る」Kindleのスピード感には麻薬的な魅力がある。iPhoneやiPadで気楽に読めるのも素晴らしいし、やっぱり未来は電子書籍じゃないかな。
     話が逸れた。『銭』の魅力は漫画からアニメ、葬儀、ホストクラブにいたる多様な業界のマネー事情を突っ込んで描いているところにある。
     基本的には数話でひとつの業界を語りつくし、次の話へ進んでいくのだが、単純に漫画として読んでもおもしろいところが偉い。
     そして「銭」がテーマであるだけに、自然、話は「お金って何だろう?」「なぜ、ひとはこんなにもお金を求めてやまないのだろう?」というところに向かう。
     考えてみれば、これはほんとうにふしぎなことだ。まぜ、ひとはこうもお金に縛られているのだろうか? もちろん、資本主義の現代社会では、一定以上のお金がなければ生きていくことはむずかしい。だから、ある程度のお金は必要だ。
     しかし、お金を得るために巨大なリスクを犯したり、生活をすべてそこにささげたりするとなると、本末転倒もいいところだ。目的と手段が逆転しているとしかいいようがない。
     それなのに、そんなことはよくある話ではないか。お金には「この程度手に入れれば十分」という上限がないから、多くのひとはどこまでも「もっと、もっと」と望まずにはいられないのかもしれない。
     最近読んだ『金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?』という本のなかで、藤沢数希さんが「ある程度お金があると、お金から解放されることができる」という意味のことを語っていた(本が手もとにないので意訳。ごめんなさい)。



    金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?堀江貴文 西原理恵子 徳間書店  2013-04-26売り上げランキング : 30Amazonで詳しく見る by G-Tools


     しかし、たとえば10億円持っていても、もっと欲しいと願ってやまないひとは少なくないだろう。お金にはひとを惹きつけ、離れられなくする魔力があるのだ。いったいお金の正体とは何なのだろう?
     『銭』はそんなお金に魅入られた人々のことを淡々と描き綴っていくのだが、いままでのところ、個人的に興味深かったのは同人誌の話。
     
  • オタクがハッピーに生きられる条件とは何か? 鈴木みそを読んで考える。

    2013-03-19 22:05  
    52pt
     鈴木みそ『限界集落温泉』全4巻、いっきに読み終えました。いやー、おもしろかった。ちなみにAmazonで電子書籍版を購入したので、4冊で1300円。個人的には十分もとが取れる価格でした。
     やっぱり第1巻が100円だと買ってみる気にもなるし、それがおもしろければ続刊も合わせて買っちゃいますよね。初巻を安くするのは作家にとっては冒険なのでしょうが……。
     さて、このタイトルからはわからないでしょうが、この漫画は「オタクによる地方興し」のお話です。ある寂れた温泉にひとりの敏腕な企画屋とネットアイドルが流されてきて、というところから始まる温泉宿再興の物語は、荒唐無稽でありながらどこかリアルで、「いまの時代、ひょっとしたらこういうこともありえるかも」と思わせる出来となっています。
     この作品が電子書籍で刊行されたことによって作者の懐には相当額のお金が入った模様で、やはり電子書籍はうまくやれば可能性があるんだなあ、とあらためて思わされます。
     読者が安く変えて、作者には多額の印税が入る。それが電子書籍ドリームの最高の形であるわけですが、この作品はそれをある程度達成してしまっているように思えます。
     レスター伯も書いているように(http://earlofleicester.hatenablog.com/entry/2013/02/22/235525)、作中には「エンターテインメントでお金を得るのはもう無理」という言葉が出てくるにもかかわらず、作者が作品をネットを通じて金銭的利益に繋げてしまっているという事実がちょっと愉快ですね。
     そう、この作品全体において「エンターテインメントのマネタイズ」がひとつのテーマになっています。主人公が手を変え品を変えオタクたちからお金を絞り上げようとする企画屋であることもあり、「エンターテインメントがお金にならなくなった時代において、いかにしてオタクの楽園を築きあげるか?」という問題が一貫して作中には存在しています。