• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 1件
  • 時代は「所有」から「身軽」へ。自分を縛るモノたちを断舎離し新しい豊かさを享受しよう!(1883文字)

    2013-05-15 08:41  
    52pt




     長いあいだ、ひとにとって「所有」は大きな価値だった。より多くのものを所有していることが豊かさの表れであり、幸せの証明でもあった。
     ぼくはくわしく知らないが、かのバブル時代においてはいかに多くのモノを所有しているかがステータスそのものだったそうな。
     しかし、いま、そんな時代はようやく終わりを告げたかに見える。多くのひとがモノは自分をその場所に縛り付ける鎖であるということに気づき始めたのだ。
     もっと身軽に! もっと気楽に! いらないモノを捨て去って自由になろう。そんな新しい時代が訪れた。「断捨離」という言葉が流行ったのも、人々がモノに縛られる生活にうんざりしていることを示しているだろう。
     もうたくさんモノを持っていることは幸せとは限らない。むしろ、多くのものに縛られる生活は、いやになるほど「重たい」ものとすら感じられる。
     その背景に情報化があることはたしかだろう。かつてモノ