• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 2件
  • 冴えない青春が輝く瞬間を描く『灰と幻想のグリムガル』が面白い。

    2016-05-09 12:43  
    50pt

     5月に入って、そろそろ新作アニメの視聴も絞らないといけない時期に入っていますね。
     ぼくは『Re:ゼロから始める異世界生活』、『マクロスΔ』、『くまみこ』、『少年メイド』、『SUPER LOVERS』、『甲鉄城のカバネリ』あたりを中心に追いかけています。
     過去作で消化していないものもたくさんあるので、それも並行して見ないといけないと思うと、なかなか忙しい。
     ぼくの場合、アニメを見ることは「趣味」であるのと同時に「お仕事」でもあるので、あまりサボるわけにはいかないのです。
     まあ、そうはいっても長い間サボっていたわけですが。それでもね。
     さて、そういうわけでいまは『灰と幻想のグリムガル』の続きを見ています。
     まだ見終わっていなかったのかよ、といわれるかもしれませんが、そうなんですよ。もっと早く見ないとな、とは思うのですが……。
     『灰と幻想のグリムガル』、まだ見終わっていない段階でいうのもなんですが、今年を代表する傑作だと思います。
     ちょっとライトノベル原作とは思えないくらい(偏見か?)渋い雰囲気の作品ですが、ちゃんとそこそこ売れているようでひと安心。
     こういう作品がまったく評価されないようだと辛いですから。
     それでは、どこがそんなに面白いのか? 色々ありますが、やはりゴブリン一匹倒すのにも苦労する未熟な新米冒険者パーティにフォーカスして、その非日常的な日常を描き出した点が大きいでしょう。
     普通のアニメだったら(たとえば『ソードアート・オンライン』だったら)、あっというまに駆け抜けていくであろう冴えないポイントを執拗に描きだす面白さ。
     必然的に地味な展開にはなるんだけれど、そのぶん、弱者の冴えない青春にもある素晴らしい瞬間を描きだすことに成功している。
     世界が輝いて見えるような、そんな時。
     ぼくはこの作品はあきらかに最近の青春映画の文脈で語るべきものだと思っています。
     ここ最近の青春映画、『ちはやふる』、『バクマン。』、『くちびるに歌を』、『心が叫びたがってるんだ。』、『響け!ユーフォニアム』などは、いずれもスケールがごく小さかったり、最後に挫折が待っていたりするという共通点があります。
     『青春100キロ』もこの系譜に入れてもいいかもしれないけれど、あれはちょっと違う気がする。もっと古典的。
     それは置いておくとして、ここに挙げた作品はどの映画もどちらかというと「冴えない青春」であって、「全国大会優勝!」といった話にはならないのです。
     まあ、『ちはやふる』をちはやの物語と捉えると、いずれは全国大会優勝したりするかもしれないけれど、映画版はあきらかに太一が主人公だと思います。
     「きっと何者にもなれない」ぼくたちの冴えない青春。
     しかし、 
  • あこがれのあの子とセックスしたい! 『青春100キロ』はとびきりくだらなくもキュートなドキュメンタリームービーだ。

    2016-05-02 01:45  
    50pt

     ども。海燕です。
     過去二日間更新が途絶えていたわけですが、そのあいだ何をしていたかといえばひとりで東京へ遊びに行っていました。
     ぼくは普段、黙々とひきこもりを続けているのですが、たまにひとに逢いたくなるとこうして突発的に首都圏へ遊びに出かけるわけです。
     ひきこもりもあまり長いあいだやっていると飽きてくるからねえ。
     さて、その小旅行の目的のひとつだったのが今回取り上げる映画、その名も『青春100キロ』。
     この作品については以下の記事がくわしいので、読んでみてください。
    http://kai-you.net/article/28365
     どういう映画なのか端的に説明するなら、業界屈指の人気を誇るAV女優上原亜衣の引退記念プロジェクトの一環として、一般人の男性ケイくんが上原に逢うため100キロの道を走破しようとするという内容。
     上原に逢って中だしセックスするという不純とも純粋ともいえそうな目的のため、ケイくんはひたすら走ります。
     いくらか走ることが得意だとはいえ、いままで走ったことがあるのは最長でも42.195キロのみ。100キロという距離を走るにあたって特別な準備は一切していません。
     某24時間テレビなどと違って、コーチングやマッサージが行われるということもなし。それでもかれはこの無謀ともいえる行為を続けるのです。
     そう、すべては愛する上原亜衣に逢い、中だしセックスを遂げるため!
     うん、ばかですね。ばかすぎる。しかし、ケイくんはどこまでも本気で真剣です。
     大都会から山奥に至る道のりを踏破するためにかれに与えられた時間は2日間。
     ところが、予定が順調に進んだのは最初だけ、そこから先は次々ととんでもないハプニングが起こり、ケイくんの体力と気力は限界に近づいていきます。
     はたしてかれはみごと100キロを走り切り、あこがれの上原亜衣に逢って中だしセックスをすることができるのか?
     そこはさすがに語ってしまうわけにはいかないので、ぜひ自分の目でたしかめてほしいところ。
     まあ、渋谷のアップリンクで単館上映している作品なので、地方の方は見る方法がないでしょうが、円盤になったら見てみてください。
     ここまで声をだして笑える映画はなかなかないですよ。アップリンクの狭い上映室では時々響きわたるような笑い声が起きていたもん。
     ちなみに満席で、あと少しのところでチケットが取れないところでした。
     ごく一部のカルト映画好きのあいだで話題になっているせいか、それなりに大人気ではあるようです。ええ、まあ、どマイナーな18禁映画ではあるのですが。
     いったいどう評価するべきか悩ましくなるような映画でもあるのですが、ぼくとしてはこれはぜひ見てみてほしいと思う一作です。
     たぶん傑作でも名作でもないし、どうしても見なければならないものかというとそうでもないんだけれど、それでも見ておくべきだと思う。
     少なくとも『テラフォーマーズ』とか見てネットに批判を書いている暇があるなら見るべき。
     この上なくばかばかしい上にくっだらない映画なんだけれど、その青春の熱さは本物です。
     世の中には『キャプテン・アメリカ シビル・ウォー』のような、世界中から傑出した才能を集め、何十億円もの予算をかけて作られる正真正銘の大作映画もあるわけですが、たぶんその数千分の一の予算で制作されていると思しいこういう映画もそれはそれでちゃんと面白いというのものふしぎなものですね。
     まあ、『シビル・ウォー』とかを見る前にこういう映画を見に行く人はあまりまともな感性をしていないかもしれないけれど。
     でも、いいのだ。ほんとうに屈託なく笑えて楽しめる、とびっきりキュートなエンターテインメント・ドキュメンタリー映画だったのだから。
     このところ、