• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 1件
  • 純度100%の萌えオタは存在するか? グッズから見た「もうひとつのオタク業界」。(2549文字)

    2013-10-19 07:00  
    53pt




    【「薄い本」】
     寺尾幸紘『オタクの心をつかめ』という本を読み終えました。
     よくあるオタク絡みの新書なのですが、この本、とにかくフォントが大きい。1行に33文字しかなく、1ページに12行しかないのです。
     12×33=396ですから、何と1ページが原稿用紙1枚に満たない。しかもあとがきまで含めた総ページ数が171ページなので、原稿用紙170枚程度の内容量しかないことになります。ここまで文字数が少ない新書は初めて読んだかも。
     一例に挙げるなら、いまたまたま手もとにある『里山資本主義』は43文字×17行で1ページ731文字、それが300ページ以上続いているので、文字数にして『オタクの心をつかめ』の3倍以上あることになります。
     もちろん、改行もあれば空行もあるので正確な数字ではありませんが、それにしても値段は51円しか違わない本でここまで文字量の差があると、コストパフォーマンスの差を感じてしまうなあ。
     最近は一様にフォントが大きくなる傾向はあり、情報量が詰め込んであれば売れるというものではないのですが、それにしても1行33文字か……。
     何でこんな本になったんだろ。よほど語るべき内容が少なかったんだろうか。それでも中身の密度が濃ければ何の文句もないところなのですが、うーん、これはどうなんだろ。

    【これが売れるのだろうか】
     本書の内容をひとことで表すと「オタク向けビジネスはこういうふうにやれ!」というもの。
     「ザク豆腐」そのほかのヒット商品が例として挙げられ、また失敗例もいくつか挙げられて、オタク向けビジネスのノウハウが語られているのですが、