• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 2件
  • セックスワークの現場には性の問題が「凝縮」されている。(2204文字)

    2013-09-28 04:54  
    52pt



    【デリヘル嬢みやび】
     夜中にめざめてしまいました。ひとはどうだか知りませんが、ぼくはいったん目が醒めるとなかなか眠れないほう。
     いくら世界が闇に包まれていも、いちど覚醒した意識を闇のなかへ還すことはできません。どうもこの頃睡眠が不規則で良くないですね。
     とにかく起きてしまったものは仕方ないので更新します。
     さて、皆さんは『デリバリーシンデレラ』という漫画をご存知でしょうか?
     タイトルからわかるように、東京でひとり暮らしするデリヘル嬢の少女「みやび」を主人公とした物語です。
     デリヘルとはデリバリーヘルスの略称で、マンションやラブホテルなどに女性が赴いてサービスする性風俗のこと。
     みやびはときに自分の仕事の社会的な立場に悩みつつも、あくまで明るく、一生懸命に風俗の仕事をこなしていきます。
     こう書くと「ああ、その手の漫画ね」と早合点される方もいらっしゃるかもしれませんが、なかなかどうして、これがあなどれない作品に仕上がっているのです。
     というのも、この『デリバリーシンデレラ』、デリヘル嬢をあくまでひとつの「職業」として描ききっている画期的な漫画なのです。
    【『デリバリーシンデレラ』の画期性】
     過去にも売春をテーマにした作品は無数に 
  • 【無料記事】愛がなくてもセックスはできる! 名作を読んで売春の自由を考えてみよう。(3263文字)

    2012-09-11 09:35  
    売春婦といえば賤業婦とも呼ばれるくらい「卑しい仕事」とされているわけですが、ほんとうにその仕事は卑しむべきものなのでしょうか? 「愛のないセックス」を売る彼女たちの仕事は、あるいはこの社会の一般的なルールに背いているかもしれません。しかし、そうではあっても、その仕事なりの苦労があり、またプライドが存在するはずです。それを描いているという意味で、『デリバリーシンデレラ』はなかなかの作品といえるでしょう。