• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 1件
  • レズビアン妊娠活動漫画『ゆりにん』を読んでみた。

    2016-02-26 22:14  
    51pt

     ども。最近、料理に凝っている海燕です。
     凝っているとはいってもちろん家庭料理のレベル、それも初心者に毛が生えた程度の腕前ですけれど、日々、何を作ろうかなあと考えることは楽しいです。
     じっさいに作ってみると上手くいかなかったりするんですけれどね。
     きょう作った「えびとセロリの塩炒め」はしみじみと美味しくなかった。
     ていうか、セロリに火を通すとダメなんじゃないかな。このレシピは「お気に入り」から抹消しておこう。
     ちなみにダイエットも粛々と実行していて、合計で5キロちょっと痩せました。
     その時々でいくらかの増減はあるにしても、まずまずのスピードといえるのではないでしょうか。そろそろ停滞期に入る可能性もありますが……。
     さて、それとは特に関係ありませんが、きょう紹介するのはある同性愛カップルの妊娠活動を描いた『ゆりにん レズビアンカップル妊活奮闘記』。
     一作の漫画としてのクオリティは正直、オススメできるかどうか微妙なところにあるのですが、ほかに類例がない本であることは間違いないのでここでレビュっておきます。
     この本、あるとき、ふとしたことから妊娠・出産を目指すことになったひと組のレズビアンカップルの過酷な「妊活」を描いています。
     レズビアンと妊活という言葉がうまく結びつかない人もいるかもしれませんが、当然ながら同性愛者でも子供を欲しいと望む人は多く、じっさいに産み、育てている人も少なくないわけです。
     これまた当然のことながら女性同士のカップルでは精子を用意できないので、だれか第三者に提供してもらう必要があることにはなりますが、それでも子供を持ちたいと望む人はいる。
     よく同性愛者は子孫を残せないから不完全なのだとかばかげたことをいう人がいますが、じっさいには同性愛でも子供を産んだり育てたりしている人は大勢いるのです。
     この本の主人公たちもそんなカップルのひと組。ちょっとしたことをきっかけにして子供を持ちたいと希望し、それから長く大変な「妊活」に励むことになります。
     ひと言で「大変」と書きましたが、いや、これがほんとうに大変なんだ。
     まず、妊娠のための精子を手に入れることがむずかしい。
     やっと提供者が現れてその問題が解決しても、なかなか妊娠できない。
     さらには主人公には持病があり、それとの兼ね合いも探り探りになる。
     その上、過去の虐待のトラウマが突然よみがえったりする……。
     それはもう、「壮絶」といいたくなるような凄まじい展開が続きます。
     いやー、妊娠・出産するってほんとうに大変なんですね。
     幸いにというべきか、主人公たちの周囲には理解者や協力者が多く、彼女たちはその人々に助けられて「妊活」を続けるのですが、なかなか結果は出ません。
     そしてやがては