• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 3件
  • どうすればレアキャラ女子と出逢えるのか?

    2016-09-21 05:38  
    50pt
     コメント欄でこんな質問をいただきました。

    海燕さんの本連載、傑作だとおもいます。
    ぼくは、FF8のスコールとキスティス、リノアの関係で理解しました。
    スコールはすべてをATフィールドで遮断します。ナルシシズムの塊です。
    一方、リノアはエロティシズム。
    リノアは「気持ち悪い」「うざい」のがオタクからの評判ですが、
    リノアと対話をするとナルシシズムの中に閉じこもっていられないからで、さもありなん、なのですね。自分の認知のゆがみを見る羽目になる。
    エロティシズムでスコールに接し、ついにはスコールを「コミュニケーション」と「共感」の世界にいざなっていきます。
    一方、キスティス先生は、スコールのことが好きだけれど、
    教員としてどうしたとか、若くてキャリアがどうとか、
    色々な「比較級」の自意識にさいなまれて、
    ATフィールドをまとったまま近づいてきますね。
    「壁にでも話してろよ」と言ってもやっても
  • 極限の自由度を約束するモンスタータイトル『Fallout4』。

    2015-11-21 18:03  
    50pt

     Amazonからようやく『ファイナルファンタジー13』が届いたので、さっそくプレイしてみることにしました。
     なんだか毎日新しいゲームを始めては投げ出している気がするけれど、気のせいということにしておこう。
     『FF』をプレイするのもずいぶんひさしぶりなので、期待は大です。
     Amazonレビューでは酷評が並んでいるけれど、そんなの気にしない、気にしない。
     ぼくだけ楽しめればそれでいいのだから、この際、一般的な評価は関係ないのです。
     思えば『FF』は我が思い出のゲーム。
     ぼくは『3』あたりからプレイしているのですが、そのヴィジュアルの美しさ、雰囲気の荘厳さに感動していた記憶があります。
     もちろん、いまから見ればファミコンのドット絵でしかないのだけれど、「クリスタル」を中心とする世界観の作り込みは本物だったと思う。
     そして時が経ち、『FF』のナンバリングタイトルもついに14を数えるまでに至ったわけです。
     その『14』はオンラインゲームだから、『13』はいまのところ最新の『FF』ということになる。
     ぼくが以前プレイしていた『FF』とは別次元の世界を体験できることでしょう。楽しみ楽しみ。
     で、やったみたわけですが、さすがに雰囲気は素晴らしいですね。
     PS3のゲームとは思えないくらいヴィジュアルは作り込まれています。めちゃくちゃキレイ。
     世界水準の作品と比べてもその点は全然負けていない。
     問題は殊に一本道といわれるストーリーなのですが――うーん、たしかにこれは一本道だな。否定できない。
     通常のゲームでは一本道とはいってもいろいろ寄り道する余地があり、攻略の順番を練ることができるわけですが、これはほんとうに一本道っぽい。
     戦闘でアクションを選ぶほかは、ただひたすら進行するストーリーを眺めている感じに近い。
     フィールドはものすごく綺麗に作り込まれているのだけれど、そこを限りなく自由に歩き回ることはいまのところ不可能。たぶん、最後までできないんでしょうね。
     まあ、これは批判されてもしかたないか。
     直前に限りない自由度の高さで知られる『スカイリム』をプレイしていたばかりだったので、その差はよくわかる気がします。
     これはこれでぼくはありだと思うし、十分に楽しめますけれどね。
     下手に自由度を追及するとそれはそれはで大変なお金がかかることもわかるので、しかたないのかなーと思うしだいです。
     もっとも、そんな日本のゲームを置いて世界はさらにさらに進んでいっています。
     その象徴ともいえる作品が、先日『スカイリム』べセスダ・ソフトウェアが発売したばかりの『Fallout4』。 
  • 積みゲーなんてこわくない。

    2015-11-18 01:05  
    50pt

     ども。
     『ウィッチャー3』も『スカイリム』も放り出して、ネット配信されている『ソニックジェネレーションズ 白の時空』を遊んでいます。
     マリオのライバル(?)として一部では有名なソニックのシリーズ。
     ぼくはこのシリーズをプレイするのは初めてなのですが、過去作のステージが最新技術でよみがえっているのだとか。
     で、やってみたところ、開始3秒くらいで思い知りました。あ、やべ、これ、超面白い。凄いわ。めちゃくちゃ素晴らしい。
     何が凄いって、アクションのスピード。
     超スピードアクションで有名なソニックシリーズであるわけですが、今回はそれがプレイステーション3のマシンパワーを得てとんでもないことになっています。
     三次元の動きで飛ぶわ、跳ねるわ、ひねるわ、反転するわ、もう大変なアクションが繰り広げられるわけです。
     はっきりいってぼくの動体視力をはるかに超える速度なので、一回では付いていけません。
     何度か死んで、動きを記憶して、それからになりますね。
     相当に反復しないとクリアはおぼつかないことでしょう。
     いまのところ、序盤の3ステージくらいはなんとかクリアしたのですが、もうこの時点でむずかしい。
     実は1週間期限のレンタル配信でプレイしているので、これはクリアできないだろうなあ。
     まあ、いまの時点で十分楽しめているので、それでいいといえばそうなのですけれど。
     ネットでたしかめたところ、ボリューム的には、そう大した量はないみたいですね。
     でも、アクションやりたい人にはオススメ。この爽快感は凄いです。
     『ウィッチャー』とか『スカイリム』とは全然べつの方向性で突出したゲームだと思います。
     Amazonの評価も高い。文句なし。
     といっても、言葉ではこのスピード感は伝わらないと思うので、ぜひ動画を見てもらいたいですね。
     ソニックシリーズの正統進化形として、個人的には非常に楽しめています。
    https://www.youtube.com/watch?v=XWaHgaXfWvw
    https://www.youtube.com/watch?v=LqiAEC5RaR8
     しかし、