• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 2件
  • 恋愛工学はニヒリズムへと人を導く。

    2016-09-17 18:13  
    50pt

     あいかわらず恋愛工学のことを考えています。じっさい、調べれば調べるほど面白い。このネタをまとめて電子書籍を出したいなあと思っているのですけれど、はたして実現するでしょうか。うーん。
     ぼくが考えるに、恋愛工学の最大の特徴は、人と人の「コミュニケーション」を否定するところにあります。ふつう、コミュニケーションとは相手に何らかの「内面」が存在していることを想定し、その「内面」に向けて行うものなのですが、恋愛工学においてはそれは「非効率的」と却下されます。
     たとえば藤沢さんは恋愛工学の教典『ぼくは愛を証明しようと思う。』の刊行にあたって、既存の恋愛物語を否定しています。

    「文学もそうですし、ドラマや映画などを含めても、これまでの恋愛に関する作品は本当の恋愛を描いていなかったのではないでしょうか。恋愛がメインテーマでない作品にも、ほとんど必ずと言っていいほどサイドストーリーに恋愛が入ります
  • 非モテはなぜ非モテなのか。めざす「愛」の質的違いにリア充と非モテの落差を見る。(2028文字)

    2012-11-28 09:07  
    52pt
    「純愛」というものは時代を超えて普遍的な価値を持っているように思えます。いまも昔も純愛もののドラマや映画を見つけ出すことに苦労はしません。しかし、それはしょせん非現実的なもの、現実世界で見つけ出すことは不可能なものなのではないでしょうか? それにこだわるために非モテは非モテとなっているのでは? 「愛」が抱える矛盾について考えてみました。