• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 1件
  • 『ペルソナ』ファン要注目! 『幻影異聞録#FE』が面白い。

    2016-01-06 00:35  
    51pt



     WiiUのRPG『幻影異聞録#FE』を購入しました。
     アトラスの看板ソフトである『女神転生』シリーズといわずと知れた任天堂のヒット作『ファイアーエムブレム』を悪魔合体させたというソフト。
     さて、どんなもの出来上がるかと期待と不安は高まるばかりであったわけですが――うん、仕上がったものを見てみると、これ、『ペルソナ』ですね。
     いや、ぼくはほとんど『ペルソナ』シリーズだという評判を聞いたから買ったのだけれど、それにしてもほんとうに『ペルソナ』っぽい。
     3、4と徐々にライトになってきている『ペルソナ』シリーズをさらに明るくしたような感じ。
     今回は芸能界が舞台ということもあって、作中の雰囲気はそれはもう明るいです。
     その分、『ペルソナ』シリーズには紛れもなくあった明暗の妙みたいなものが薄れていて、正直、シナリオの出来はもうひとつかという気がします。
     「自分の心のなかの暗黒面=ペルソナと対峙することによって力を得る」という設定がなくなっている分、登場人物への感情移入も少しダウンしている気がするし。
     そういう意味ではもうひとつ、という気にもなりますね。
     なぜだか全然売れていないみたいですけれど、『ペルソナ』外伝と銘打てばもう少し売れたんじゃないかな、などと余計なことを思わせられるソフトです。
     RPGとしての出来はかなり良いだけに、もったいない印象が強いですね。
     そう、このゲーム、戦闘を初めとするテレビゲームとしてのディティールがものすごくよくできています。
     その一点だけに限るなら、名作として知られる『ペルソナ4 The Golden』をも凌ぐでしょう。
     とにかく戦闘シーンの爽快感がすごくて、延々とプレイしていてもほとんど疲れない。1日10時間くらいはプレイ可能かも。
     これで『ペルソナ』における「コミュ」システムのような深みのあるシステムが搭載されていたら文句なしに名作認定できるところなのですが、残念ながらそこはもうひとつ浅い感じです。
     しかし、くり返しますが、戦闘はほんとうによくできているのです。
     今回、プレイヤーがあるキャラクターで敵の弱点を突くと、べつの味方キャラクターが追撃を加えてくれる「セッション」というシステムが設けられているのですが、これが非常に気持ちいい。
     まともに立ち向かっていると手ごわい敵であっても、効果的に弱点を突きつづけることによってセッションが連続してあっさり倒すことができるというカタルシスがたまりません。
     こと戦闘に関しては『ペルソナ』から着実に進歩を遂げているといっていいでしょう。
     まあ、