• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 1件
  • 自己憐憫の地獄を超えて行け。(2268文字)

    2013-10-05 07:00  
    52pt




    【ターニングポイント】 今週号の『ヤングジャンプ』で、井上雄彦『リアル』がひとつのターニングポイントを迎えました。
     第1巻で交通事故に遭って以来、鬱々と苦しみつづけていた高橋が、ついに立ち上がったのです。
     もちろん、かれの足はもう永遠に動くことはない。しかし、高橋は車椅子バスケの最強チーム「ドリームス」への入団を決意します。
     いずれタイガースに入るのかな?と予想していただけに、ドリームスへの参入は少し意外でしたが、ここに来て高橋が変わったことはやはり感動的です。
     頭脳でも運動でもひとなみ以上の才能に恵まれ、そのためにかえって必死に努力することなく生きてきた高橋。しかし、かれの人生は交通事故に遭ったことによって決定的に変わります。
     二度と立ち上がることはできないと宣告された高橋は、その事実を前に絶望し、自らの足をガラス片で刺し貫くのです。

    「西高の高橋―― バスケ部キャプテンで成績も上位キープ 仲間達から一目置かれ 他校の女たちにもけっこう名を知られてる感じ そこそこ悪いこともやって―― 家庭の事情はある 両親は小学4年のとき離婚した でもよくある話 もともとは幸せな ――エリートサラリーマンの家に生まれ育ったことに変わりはねえ ABCDE――俺のランクはA 最低でもBより下ってことはねえだろう (幻想だそんなもん…) リアルな俺は立つこともできねえ役立たず」

    【変化】
     ところが、周囲の人々とのかかわりによって高橋はしだいに変わっていきます。
     それはきわめてゆっくりとした変化であるに過ぎませんが、