• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 1件
  • 自分という人間がよくわからない。

    2015-07-25 05:19  
    51pt
     えー、月末近くで会員が減っていく時期なのですが、読者の需要を無視して自分語りをしたいと思います。
     書きたいことを書きたいように書いていないと続かないですからね。
     ぼくはよく自分という人間について考えます。自分とはどういう人間だろう、と。
     するとすぐに答えが出ます。「よくわからん」と(笑)。
     これは自分のことだからわからないという側面もあるでしょうが、客観的に見ても相当よくわからない人間なんじゃないかなーと思います。
     もしかしたらぼくのまわりにいる人たちはぼくよりもぼくのことを理解しているかもしれませんが、ぼく自身はぼくのことをよくわからないなーと思っています。
     ぼくの最も親しい他者である母なども「お前はよくわからない」といいます。
     そうだろうな、と思うのですよ。ぼく自身がさっぱりわからないのだから。
     もとより、人間なんてよくわからないものではあります。
     ひとのことを理解できたと感じたとき、それはほとんど錯覚です。
     でも、そのなかでもぼくは割合にわかりづらいほうに入っていると思うのです。
     あるいはだれしも自分についてはそう思うのかもしれませんが。
     ぼくが自分の性格を「よくわからん」というのは、人格に整合性が取れていないように思えるからです。
     ぼくという人間はどこか矛盾している気がしてなりません。どこかでねじ曲がっているような……。
     いや、これもすべての人がそういう側面を持っていることではあるでしょうが、ぼくはたぶんそのねじ曲がり具合がわりと大きいほうだと思う。
     なので、自分で分析しきれない。
     具体的にいうと、ぼくは我が強いのか弱いのかわからないなあ、と思います。
     この場合の我が強いとは自分自身に対しどのくらいプライドを持っているか、ということに近い概念です。
     基本的には頭がいい人ほど我が強く、自己主張もまた激しいとぼくは考えています。
     で、その考え方でいくと、ぼくはあきらかに我が弱い人ということになると思うのですね。
     そもそもあまり頭は良くないですし、主張するべき「自己」というものがいかにもあいまいですから。
     そして、それでは肉体的な人間かというとそうでもないわけで、ぼくは空っぽな奴だなーと思います。
     何をしたいとか、何が欲しいとかいうこともありないですしね。
     この認識にはもうひとつ論拠があります。
     以前にも書いたことがありますが、