• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 1件
  • べたあま少女漫画を読みふける日々。

    2016-01-20 03:51  
    50pt


     相変わらず雑誌『AneLaLa』を追いかけています。
     『LaLa』のお姉さんという立場にあたる少女漫画誌なのですが、『LaLa』で何かしらヒット作を描いた作家さんを中心に集めているだけあって、面白く読みごたえがある雑誌になっています。素晴らしい。
     その『AneLaLa』の掲載作品が続々と単行本になっているので、いくつか紹介したいと思います。
     まずは田中メカ『朝まで待てません!』。

     わりとめずらしい漫画編集者を主役にした漫画ですね。
     主人公がやたらと恋愛攻撃力が高い(笑)青年編集者で、お相手役はクールな美人編集者。
     「クーデレ」という言葉がありますが、まさにそういうタイプのヒロインです。
     これが、可愛い。草食系に見えてじっさいにはものすごくストレートに攻撃して来る主人公に、ヒロインのディフェンスがどんどん壊れていくところを楽しむ漫画だと思います。
     ペトロニウスさんも書いていましたが、相当に甘い内容なので、読む人を選ぶかと思いますが、まあ、いいよね、少女漫画だもの!
     本来はぼくのようなおっさんが読むものではないのだろうなあと思いながら読んでいます。
     いいじゃないか、それが人生に残されたたったひとつの幸せなんだから……。
     続いては森生まさみ『愛が地球を救うのだ!』&『オトナの小林くん』。

     田中メカさんの漫画も甘ったるいのですが、森生まさみさんの漫画はさらに輪をかけて甘いです。
     日本一甘い恋愛漫画を描く作家といっても過言ではないでしょう。
     最初から最後まで、徹底してスウィート。これでいいのか?と思うくらいなのですが、ぼくは好きなのでまあいいでしょう。
     『愛が地球を救うのだ!』は田舎から出てきた天然な少女と、彼女の「にいやん」のラブストーリー。
     初めは少女を恋愛対象外に見ていた「にいやん」が、しだいに惹かれていくプロセスが見どころ、読みどころです。
     『オトナの小林くん』は、ヒット作『おまけの小林くん』の続編で、これまた甘ったるい一作。
     よくもまあ、と思うくらいスウィートな作品です。
     そういうのが平気な人だけ読んでください。そうじゃない人は胸焼けするかも。仕方ないことですが……。
     さて、その次は