• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 2件
  • もっとひとと逢いたい。

    2015-12-24 23:58  
    50pt
     今年ももう終わりですね。
     まだクリスマスとか大晦日といったイベントを残してはいますが、特に活動する予定はないので、ほぼ終わってしまったといえるかと思います。
     振り返ってみるに、今年はもう、ほんとうに何もしなかったという印象が強いです。
     というか、じっさいにほとんど何もせず終わってしまったといっていいと思う。
     実に無念というか忸怩たるものがあるわけですが、さて、それではどうすればいいかというと、わからないですね。
     何かアクションを起こしたい気はあるのですが、ではじっさいに何をすればいいのかというところでストップしてしまいます。
     まことに情けない限りで、何をやっているのかという気持ちになります。
     来年は少しでも行動に移せるといいのですが――うーん、どうだろうなあ。
     いや、ここは行動に移す!と決意しなくては。
     あいまいな気持ちでいると絶対また何もしないで終わるものなあ。
     このブログにしても、後半はだいぶ更新が滞っていたことはご存知の通りです。
     これも明確な理由があるのですが、来年はどうにかしたいなあと思いますね。
     どうにかしたい、したいといって結局何もしないのがダメ人間のパターンであるわけなんですけれどね。
     でもまあ、今年は何も行動しなかったぶん、お金が溜まったりもしているので、来年は何かできるでしょう。そうだと思う。
     まあ、何もしなかったとはいっても、色々イベントに参加したりはしているんですけれどね。
     でも、全体的には不毛感がただよう一年だったのでした。
     もうひとつ、ここ最近、外部に開いたオフ会をまったく開いていないので、人間関係が一向に発展していないということもいえますね。
     ペトロニウスさんが日本からいなくなったこともあって、なかなかこれといった人と出逢う機会を持てずにいるのです。
     一度会ってしまえば、いまはLINEなどで常時つながることもできるのですが、会う機会がないとどうしようもない。
     おかげで関係性を発展させることができず、そのかわりにひたすら内輪で戯れています。
     そういえば今年は仲間とスキーに遊びに行ったりもしたんだよなあ。あまりに前のことで忘れていた。
     何もしなかったようで、意外と行動していますね。
     しかしまあ、発展性のあるイベントはほとんど開催していないのもたしか。そこのところをどうしようかなあと考えますね。 
  • オフ会を開きたい。

    2014-07-25 19:17  
    50pt
     Pha『ニートの歩き方』を再読しています。再再読かも。読むたびに新しい発見がある、というわけでもないのですが、内容的にぼくの目ざすところと共通点があるので、読んでいると安心感がありますね。
     もっとも、Phaさんは「だるい」という言葉を多用するんだけれど、ぼくはあまり「だるい」とは思わなくて、どちらかというと毎日の退屈さをどう解消しようか悩むくらい。
     ただ人付き合いのストレスに致命的に弱いので、こうしてパラサイトライフを送っているだけであるわけです。基本的にぼくは意外と活動的な人間なのかも。
     いや、人並み以上にエネルギーがあるわけでは全然ないんだけれど、やっぱり毎日だらだらしていると活力が余るんですよ。その程度にはアクティヴ。もっと外にでる機会を作れると良いんだろうけれどね……。
     ぼくとPhaさんの差異はもうひとつ、Phaさんはなんだかんだ云って都会暮らしをしているところですね。都会にいるとひとと出逢う機会とか、圧倒的に作りやすいんだと思う。
     その点は、新潟くらい大きな都市でも、ちょっと東京とは比較になりません。ひとと逢いたいなあ。そうかといって、東京でひとり暮らしというのもお金がかかる上にめんどくさいですしね。東京に行ったところでアクティヴに動けるわけじゃないかもしれないし。
     「家族以外のひとと逢う機会がない」ということがひきこもり生活の最大のネックです。ほかはほとんど何も問題ない。まったりスローライフを満喫しています。
     最近、興味を持ってその手のスローライフ本を読んでみるんですけれど、やっぱりダメですね。全部読んだわけじゃないのでたしかなことは云えませんが、他愛ないきれいごとばかり書き連ねてある本がほとんどという印象。
     スローライフという発想そのものが間違えているとは思わないんだけれど、やっぱり極端なんですよ。科学の恩恵の偉大さをわかっていないとしか思えない本が多い。
     こういう本は往々にして近代を批判しているんだけれど、資本主義と物質文明が生み出す「余裕」があって初めてスローライフなどと云い出せるのだという現実を無視している。
     「貧しくても幸せな生活」はあるだろうけれど、食うや食わずの生活はやっぱり楽じゃないと思うわけです。たしかに経済発展「だけ」が大切なはずはないけれど、経済なんてどうでもいいからもっと豊かな自然と暮らそう!みたいなことを云われてもね。
     何度か書いていますが、ぼくは「ほどほどスローライフ」がベターだと思っていて、いかにそれを成し遂げていくかが人生のひとつのテーマです。
     「環境と調和した平和な暮らし」とかね、もう刺激が足りなくてうんざりするでしょうね。やっぱりそこは極彩色のアニメやら漫画があって、コンビニやファストフードがあってなんぼというところがありますから。
     つくづく人生はバランスだと思う。極端に偏ることは良くない。自然の豊かさに触れたいことはやぶさかではないものの、「管理されない自然」に幻想を見るほど幼稚でもないということ。
     結局、何であれ「そこそこ」とか「ほどほど」にとどめて暴走しないことが肝心なのかな、という気がします。そういうわけでPhaさんの提唱するニート暮らしには共感しつつ、でも、ぼく個人はお金も欲しいよなあ、ひとと触れあいもしたいよなあという気もするんですよね。
     これも繰り返しになりますが、現代社会を幸福に生きるためには、
    (1)お金。
    (2)時間。
    (3)関係。
    (4)趣味。
     の四点を充実させる必要があると思っていて、ぼくは「お金」と「関係(人間関係)」がちょっと貧しいかな、と。
     正確にはネット上の「関係」は充実しているんだけれど、何しろ地方在住なので、休日ごとにひとと逢うという訳にはいかない。それが、非常に大きな課題ですよね。人恋しいよう。うう。一方で「時間」は限りなくあるし、「趣味」は恐ろしく充実しているんですけれどね。
     とりあえず、オフ会でも開くか……。