• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 2件
  • 淫靡と背徳のグラフィックノベル版『エルリック・サーガ』について語ってみたよ。

    2020-12-17 22:05  
    50pt
     そういうわけで、とりあえず動画の「台本」を一本書いて、動画を配信してみました。むむー。なんかつまらないな。まあ、それは追々改善していくとして、その「台本」をここに上げておきます。以前書いたグラフィックノベル版『エルリック』の話です。
     良ければじっさいの動画と比べてみてください。細かいところがいろいろと違っているかと思います。
    https://www.nicovideo.jp/watch/so37977204
     ◆
     こんにちは、オタクライターの海燕です。今回はグラフィックノベル版の『エルリック・サーガ(1) ルビーの玉座/ストームブリンガー』の話をしたいと思います。
     この動画をYouTubeで見ておられる方は「チャンネル登録」を、ニコニコ動画で見ておられる方はニコニコチャンネルのチェックをお願いします。
     さて、『エルリック』は世界的に有名なヒロイック・ファンタジーの名作です。主人公は一万年も続いている半人類の帝国メルニボネの皇帝エルリック。
     生まれつき白子(アルビノ)で虚弱な体質のかれは、薬物と魔術によってその躰を長らえ、人の背丈よりも巨大なルビーをそのままに象嵌した「ルビーの玉座」に君臨しています。
     しかし、かれは残虐冷酷なメルニボネ人の性に馴染めず、つねに倫理的な葛藤を抱えているのでした。しかも、この物語の序盤でかれは〈黒の剣〉と呼ばれる魔剣ストームブリンガー、嵐を呼ぶもの、ですね、これを手に入れます。
     人の魂を啜る剣であるストームブリンガーはエルリックに立ち上がり戦うための力を与えてくれますが、しかしときにエルリックの意思に反してかれの愛する人々を殺戮していくのです。
     このパラドックスに満ちた設定、そしてその昏い悲劇性、それが半世紀以上も昔、『エルリック・サーガ』をまったく新しいヒロイック・ファンタジーの傑作に仕立て上げたものなのです。
     さらにいうと、『エルリック』の世界では、善と悪、白と黒ではなく、〈法〉と〈混沌〉というふたつの勢力の神々が覇権を競い合っています。
     エルリックたちメルニボネ人は〈混沌〉の神アリオック、古いファンにとってはアリオッチという読みのほうが合うのですが、そのアリオックに忠誠を誓い、しばしばかれにイケニエとして奴隷の身を奉げたりしているようです。
     いいですねえ、この洗練された野蛮さ。メルニボネとか〈夢みる都〉イルムイルという響きそのものが何ともいえないダークなロマンを湛えていますが、絵の形で魅せられるとさらにいっそう魅惑的に見えるようです。
     リベラルな『アルスラーン戦記』あたりにはないこの淫靡さ。陰鬱さ。そう、『エルリック・サーガ』はいまはやっているダーク・ファンタジーの先駆けであるといえるかもしれません。で、このグラフィックノベル版はその世界観をさらに昏く研ぎ澄ましています。
     『エルリック』の原作は、たとえばクラーク・アシュトン・スミスあたりに比べると、意外にあっさりしているというか、もうひとつ頽廃具合がすっきりしているところがあるのですが、このグラフィックノベル版はガチです。
     それはもう、デカダンスとエロティシズム、その窮みといっても表現が為されています。好き。もう、大好き。こういうのが見たくてオタクやっているんだという感じですね。
     見てください、この禍々しい美しさ。メルニボネの邪悪で残酷な人々の生活がじつに耽美にエロティックに描き出されています。ぼくはこの手の雰囲気がほんとうに好きでねえ。邪悪とか暗黒とか聞くとわくわくしてしまう、そういう性格なのです。 
  • 陰鬱にして酸鼻。フルカラーコミック版『エルリック・サーガ』が凄い!

    2020-12-03 13:46  
    50pt

     エルリック。其はメルニボネなる半人類の帝國を統治する若者の名。英国の作家マイケル・ムアコックが半世紀以上も前に生み出したヒロイック・ファンタジイ小説の主人公である。
     正当なるメルニボネ皇統の血を引きながら、白子に生まれ落ち、脆弱な肉体しか持たないかれは、幾つもの妖しい薬物の作用なしではその身を動かすことすらできない。
     しかし、一方でかれは魔術に長け、メルニボネ人が仕える〈混沌〉の神アリオックを呼び出すことすら可能としている。
     あるとき、かれは帝位を狙う従兄のイイルクーン皇子に挑発を受けるが、寛大に退ける。それがやがて大いなる悲劇へと繋がっていくとも知らず――。


     『エルリック・サーガ』は21世紀のいまなおダーク・ファンタジイの最高傑作として讃えられる傑作小説だ。
     斬り殺した人間の魂を啜る魔剣ストームブリンガーを持ち、その剣を厭いながらもその力に依存する、異形のアンチ・ヒーローとしてのエルリックは、いまもまだ衝撃的なほどの新鮮さを保っている。
     そして、