• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 2件
  • 恋愛漫画(含む百合)を読む、読む。

    2016-01-18 00:21  
    50pt

     ここ数日、色々と漫画を読んだので、そこらへんを雑然と並べてみます。
     まずは柊ゆたか『新米姉妹のふたりごはん』。
     ご飯ものというかお食事ものというジャンルがありますが、これはそのジャンルに含まれそうな一作。
     新しく姉妹になったふたりの少女が食べ物によって結ばれる様子が描かれます。
     作者は百合ものの同人誌を描いているひとらしいですが、たしかにそういったフレーバーがほのかにただよっています。
     しかし、この作品自体は(とりあえず現時点では)百合ではないですね。
     仲良し姉妹が楽しくご飯を作って食べる、それだけといえばそれだけの漫画です。
     しかし、作中のお食事描写は素晴らしく、読ませます。
     日常ものとしてはひそかにかなりオススメな一作です。楽しい。
     続いて芥文江『妹ができました』。
     これは完全に百合の短編集ですね。
     なんとなく百合っぽいという作品からいわゆるガチ百合まで、百合具合は作品によって違っていますが、どれも面白いです。
     繊細に描きこまれた絵柄がいちいち素晴らしい。
     こういう絵を見ると、読むほうが数秒で流し読んでしまう絵にも恐ろしい労力がかけられているんだろうなあと思い至ります。
     個人的には短編集としては久々のヒット作です。
     どこがどうものすごいというわけではないのですが、甘く、苦く、百合の妙味を楽しませてくれます。
     一般的にどこまでウケるものかわかりませんが、ぼくとしては大あたりの作品集なので、オススメです。面白いよ。
     次も百合漫画で、大沢やよい『2DK、Gペン、目覚まし時計』。
     この作品は百合漫画としてはめずらしいことに、第2巻が終わるところまで行っても具体的なカップリングがわかりません。
     だれとだれが結ばれるのかいまひとつはっきりしないのですね。
     なので、特に甘い描写などもありません。
     それではどこが読みどころかといえば、これ、ある種のお仕事漫画なのですね。
     仕事ができる女性である主人公が時として「意識高い系」と呼ばれる人々と遭遇したりしながら、日々、お仕事をこなしていくところに面白さがあります。
     一応百合ではあるなので、同居している女性との間にそういう雰囲気が流れたりもしますが、あまりラブラブな方向に進んだりするようには見えません。
     今後、どう展開するか、楽しみな一作ということができるでしょう。
     アサダニッキ『ナビカトリア』は、インターネットでだまされた挙句、色々あって日本一知名度が低い県とされる島根県に住むことになった東京在住のOLさんの話。
     アサダニッキさんのふわふわな絵柄と、シビアな現実との取り合わせがなかなかです。
     全3巻完結なのですが、ぼくは第1巻を読んだあとすぐ第2巻と第3巻を購入して読んでしまいました。恋愛漫画にはそういう力があるよね。
     便利な東京で暮らしていた女性がいかにして島根の田舎村に惹き寄せられていくかが読みどころです。
     文句なしのハッピーエンドなので、安心して読んで、本を置けます。
     次の 
  • 『響け! ユーフォニアム』のたったひとつの瑕。

    2015-08-08 06:00  
    50pt

     ペトロニウスさんが『響け! ユーフォニアム』の記事を上げていますね。
    http://d.hatena.ne.jp/Gaius_Petronius/20150807/p1
     で、ぼく、これを読んでびっくりしたのだけれど、『ユーフォ』のキャラクターデザインって、『青春しょんぼりクラブ』の作者さんなんですね……。
     いやー、いまさら何をいっているんだお前はといわれるかもしれないけれど、ぼくのなかでこのふたつの名前は結びついていなかった。
     アサダニッキってどこかで聞いた名前だとは思っていたんだけれども。
     予想外のところで色々関係が繋がっているものだなあ、とあらためて感嘆。
     いや、ぼくの予想が貧弱なだけかもしれませんが、それにしてもね。
     ぼくはそんなにアニメを見る人ではないのですが、『ユーフォ』は『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているのだろうか』と並んで、ここ最近見たもののなかでは収穫といえる秀作だと思います。
     何か異常な熱気があるというわけではないかもしれないけれど、とにかくていねいに脚本が組まれていて、作画も綺麗にまとまっている。
     『けいおん!』以降の青春ものアニメとして、最高の作品といっていいのではないでしょうか?
     青春の光と闇、栄光と挫折を、非常に美しく描いているように思えます。
     ひと言でいうと「やる気のない人間がやる気を出すまでのお話」なので、気に食わない人もいることでしょう。
     しかし、どこまでも続く永遠の日常もさすがに苦しく思えて来ている昨今、その突破を目ざす作例のひとつとして本作は記憶されてもいいと思います。
     なんといっても、圧倒的に出来がいい。
     コメディにも依らずシリアスにも依らず、しかし全体的にはきわめて感動的に演出された物語は、まさに「さすが京都アニメーション!」といいたくなるクオリティです。
     特に後半の盛り上がりは素晴らしく、パーフェクトではないにしても、限りなくそれに近い作品といってもいいでしょう。
     しかし――そこにひとつだけ瑕疵があるように見えることもたしか。
     これは以前、友人たちと話をした時もその話題になったことですが、ほとんど完璧に組まれているように見えるこの物語の唯一といっていい問題点が滝先生の描写だと思うんですよ。
     かれがどういう動機でもって吹奏楽部の生徒たちを指導しようとしていて、それにどこまでの正当性があるのか、その点がいまひとつあきらかになっていない。
     もちろん、かれ個人の内面では正当性がある話なのだろうけれど、客観的に見ればそうでもないわけで、その問題点が突き詰められずに終わっているところが隔靴掻痒の印象を残す。
     当然、制作スタッフはその点に気付かなかったわけではなく、検討の結果、そこは描かないと決めたのだと思います。
     あるいは