• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 2件
  • 好きあっていても、セックスできないふたり。星里もちる『夜のスニーカー』。

    2014-04-03 22:44  
    50pt


     星里もちるが、ぼくにとって重要な作家のひとりであることは、いままで何度か書いてきました。初めてふれた作品が何だったかは忘れましたが、一応、少年漫画時代からずっと読んできているはずです。
     で、『夜のスニーカー』はその星里の全一巻の単行本。こういうキリリとまとまった作品があるあたりも、星里さんの魅力ですよね。
     ちなみに恩田陸に『夜のピクニック』という有名な小説がありますが、無関係のようです。もっとも、「夜」と「ウォーキング」を扱っている作品であることは共通している。
     夜の東京をウォーキングすることが趣味の男女のお話なのです。それにしても、星里さんの漫画はどれも舞台が東京だよな……。
     『ハーフな分だけ』移行の星里作品は、ほぼすべて青年漫画ではあるのですが、それでも比較的「青少年向け」っぽい作品とはっきり「大人向け」の作品が分かれている印象があります。
     で、この『夜のスニーカー』は
  • 星里もちるの時代。

    2014-02-19 06:50  
    52pt
     あろはー、どうも、あなたの心に忍び寄る、邪神ならぬ邪心の海燕です。
     いやー、暇なような忙しいような、微妙なきょうこの頃です。やるべきことはいっぱいあるんだけれど、特に締め切りが近いわけではないので、後回しにしようと思えばできるんですよね……。
     ぼくの人生でほんとうの意味で忙しかったことって一度もないんじゃないだろうか。その時は忙しいと思っても、じっさいにはそうではないということが大半な気が。
     そういうわけで、暇を作っては漫画を読んだり映画を観たりしています。最近、ふと読み返してみて面白かったのは星里もちる『りびんぐゲーム』。
     おそらく星里さんの漫画のなかで最も有名な作品でしょう。もう20年以上前の作品だから最近の読者は知らないひとも多いだろうとは思いますが、でも名作。
     全10巻ですが、後半の5巻は蛇足な感じが強い。人気が出たので連載を継続したのでしょうが、もう少しタイトにまとま