• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 2件
  • 「贅沢貧乏」に憧れて。お金を使い過ぎず豊かに暮らすことは可能か?

    2015-04-09 22:40  
    51pt

     お金が欲しい。
     収入を増やしたい。
     一方でそう願いながら、他方でぼくは「つましい生活」に憧れている。
     むろん、貧乏を希望しているわけではない。清貧の思想とやらにかぶれたわけではさらさらない。
     ただ、わが身の浪費を思うとき、もう少し少ないコストで快適に暮らしていけるのではないかと思わずにいられないのだ。
     いまのままでは、仮に収入が倍になったとしても、その分をすべて無駄に使い尽くして終わるだけかもしれない。
     それは相対的に贅沢な暮らしではあるだろう。だが、ぼくが考える「豊かな人生」とは異なる。
     お金が欲しい、収入を増やしたいと強く望みながら、反面、ぼくは「極力お金に頼らずに生きて行く方法」について考えているわけなのである。
     西園寺マキエ『稼がない男』を読むと、その「お金に頼らない生活」を成し遂げたひとりの男性の人生を見ることができる。
     著者の恋人であるヨシオ(仮名)は、早稲田大学を優秀な成績で卒業し一流企業に就職しながら、あっさりとその就職先を捨て、「稼がない人生」に突入する。
     ヨシオの年収はわずか150万円弱。かれは生活のすべてをその金額でまかなっている。
     常識的に考えれば困難だが、そもそもあまりお金を使わない生活をしている上、生活に必要なあらゆる雑費を緻密に算出して管理しているため、この金額でも困らないのである。
     もっとも、たとえば突然パソコンが壊れたとき、途方に暮れるしかないことも事実。
     それでもヨシオはどこまでも楽天的で、「稼がない人生」をほとんど享楽的に味わい尽くす。
     著者はこの心優しい「稼がない男」の生きざまを数十年も追いかけていく。
     ぼくがこの本を読むと、「ああ、この収入でも生きてゆくことはできるのだな」となんとなく安心する。
     そして、その上で自分はなるべく稼ごうと考える。
     人間の幸福はお金では決まらない。それはたしかだが、一定額のお金はある程度の「自由」を保障する。
     そして、ぼくはヨシオとは違って、その「自由」を放棄できるほどに悟ってはいないのである。
     とはいえ、「最低金額での生活」はそれはそれで魅力的だ。
     じっさい、様々なものが安価になったいま、無駄な出費を避ければ、限りなくローコストで楽しい人生を送ることができるだろう。
     テレビアニメの録画にも、ニコニコ動画の鑑賞にも、LINEやSkypeでのやり取りにもほとんどお金はかからないことであるし。
     山崎寿人『年収100万円の豊かな節約生活』を読むと、その節制生活をさらに突き詰めた人物を発見できる。

     この本の著者は、生活のあらゆる無駄を切り詰め、年間わずか100万円で暮らしている。
     この「楽しく」というところが重要で、かれの生活は決して暗くもなければ憂鬱でもない。
     ただ無意味な出費を避けているだけで、かれは十分に「贅沢」な人生を送っている。
     ぼくがあこがれる「つましい生活」の理想形がここにある。
     何より、日々の食事に凝っているところに惹かれる。
     そう、あえて大金を蕩尽しなくても、手間さえかければ美味なものは食べられるのである。ラグジュアリーなレストランの最高級ディナーとまでは行かないとしても。
     「お金に頼らない人生」は 
  • 年収150万円弱! 「稼がない男」のかぎりなく優しい生き方。

    2014-05-15 14:54  
    51pt


     いまさらここで述べるのも何ですが、本を読むことが好きです。物心ついて文字を読めるようになった頃から、ずーっと好きなので、たぶん死ぬまで好きでありつづけることでしょう。
     最近はめっきり堕落して硬い本を読むことは少なくなりましたが、でも、読書習慣そのものは延々と続いていて、毎日何かしらの本を読みつづけています。
     お金はかからないし、教養は増えるし、最高の趣味だと思いますね。マジメな話、サマセット・モームではないけれど、水とパンと図書館さえあれば生きていけると思う。
     そんなぼくの最近のオススメは西園寺マキエ著『稼がない男』。ニートブロガーのPhaさんのところで見つけた本なのですが、いやー、これはいいですね。
     心臓にぐさりと突き刺さるタイトルからしていかにも面白そうなのだけれど、中味もすばらしい。ぼく自身が相当に「稼がない男」なので、いろいろ共感したり「それはどうなんだ?」と思ったりしつつ読みました。
     この本の実質的な主人公であるヨシオは、早稲田大学にまで進学し就職しておきながら、1年で辞めてフリーターになってしまった男。
     前回、株式投資で170億円もの金額を稼ぎだした少女を主人公にした『ビリオネアガール』を取り上げたけれど、それとはまったく対照的な生き方をしている人物です。
     かれの月収は手取りでおおよそ11万から12万円くらい。つまり、年収は150万円以下。この万年フリーター男と付き合うことになった著者の視点から、かれの独特の人生観が描かれています。
     イケダハヤトさんに『年収150万円で僕らは自由に生きていく』という本があるけれど、ヨシオはその生き方を何十年も前から続けていることになるわけです。
     イケダさんの話を机上の空論と一笑できるひとも、ヨシオのことはそうするわけにはいかないでしょう。何しろかれはじっさい、年収150万円以下でかなり幸せそうに生きていっているのですから。
     もっとも、かれのパートナーである著者はそれなりに結婚願望もあり、時にはそんなヨシオにヤキモキしたりもします。しかし、かれの優しくあたたかい人柄に彼女もしだいに感化されて「あたりまえの幸福」という呪縛から自由になっていくのです――。
     いや、ほんと、いろいろと考えさせられる本で、読んでいて実に面白かった。たまにこういう本と出逢えると、人生、幸せだなって思いますね。
     この本を読みながらぼくが考えたのは、ひとはなぜこんなにもお金を欲しがるのかということです。結論としては、たぶんお金があればあるほど自由になれると考えているからだと思う。
     お金がたくさんあればないよりもいろいろなことができる。自由になれる。多くのひとはそういうふうに考えるのでしょう。しかし、そもそも「自由」って何でしょう?
     一般的に考えて、選択肢が多くある時、ひとは自由を感じると思います。たとえば、昼食に何を食べるべきか、弁当でもいいしイタリアンでもいいし中華でもいい、というようなとき、弁当しか食べられない状態よりは自由であると云える。
     しかし、ぼくは最近考えるのですが、いくら選択肢がたくさんあったところで、そのなかから選べるのはひとつだけなんですよね。選択肢さえたくさん有していれば人生が複線になっていくつもの可能性を同時に生きられるわけではない。
     そうだとしたら、たくさんの可能性を確保しておくことは、意外にそこまで大きな意味を持っていないのかもしれない。どんなにお金があって可能性を持っていたところで、それを使わずに終わってしまったら意味がないのですから。
     そういうふうに考えていくと、月収11万でもまったくめげるようすがなく、十分に幸せに生きているようすのヨシオはなかなか得がたい男なのかもしれません。
     じっさい、かれは底しれず優しい。初めのうちは「もうちょっと稼いでくれたら」と考えたりしている著者も、やがてかれのその深い人柄に心から感謝するようになっていきます。
     いや、ほんと、「どうせ女なんて金で男を選ぶんだろ」などとうそぶく男どもに読ませてやりたいような内容やね。
     まあ、でも、ぼくもちょっとわかるところがなくはない。というのも、