• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 1件
  • 翻訳が短篇三本しかないウルトラマイナー作家ストーム・コンスタンティンを紹介するよ。

    2018-12-21 17:33  
    51pt
     ミルハウザーとボルヘスの短篇をいくつか読んで、短篇の面白さを思いだしました。小説の神髄は短篇にあり! 昔から偉大な作家たちは優れた短編を書いています。そういうものなのです。
     ただ、短篇は何しろお金にならないので、出版不況の最近はあまり需要がないようです。小説雑誌も少なくなったしね。
     そういうわけで、いまは伝説のSF作家サミュエル・R・ディレイニーの短編集『ドリフトグラス』と、なぜか最近よく翻訳されるようになったアンナ・カヴァンの(ごく一部で)名高い短編集『ジュリアとバズーカ』を並行して読んでいます。
     短編集とはコンセプト・アルバムみたいなものなので、バラバラにして読めるところが良いですね。
     うーん、何であれ海外文学を読んでいると読書力が試される気がします。この頃、ライトノベルばかり読んでいた気がするけれど、やはり歯ごたえがある読書も良いものです。
     そのほかにもジェフリー・フォー