• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

映画『未来のミライ』は存在のマトリクスの交点に自己を見いだすミニマムな冒険の物語だ。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

映画『未来のミライ』は存在のマトリクスの交点に自己を見いだすミニマムな冒険の物語だ。

2018-07-25 20:07
     細田守監督の新作映画『未来のミライ』を観て来た。タイトルやCMからはまったく期待を抱けなかった作品ではあるが、じっさい見てみたところ、うん、いや、素晴らしいんじゃないですか。

     いままでの細田守の集大成にして未踏の地を切り拓く新境地、見るに値する映画だと思う。

     ただし、「未来のミライ」というタイトルはあまりにもミスリード。未来のミライちゃんが現代にやって来て、時空を超えた冒険に旅立つとか、そんなストーリーでは全然ありません。

     むしろ、ひとつの小さな家庭にフォーカスしたミニマムサイズのシナリオともいえるので、『サマーウォーズ』とか『バケモノの子』のようなエンターテインメントムービーを期待すると肩透かしを食うかも。

     だが、それでも、否、それだからこそぼくはこの映画を高く評価したい。ある意味で挑戦的かつ実験的な作りなので、賛否両論が飛び交うのは必然ではあるだろうが、でも、だれが何といおう
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    次回配信予定
    • 2018/12/19
      栗本薫、至純のダークファンタジー『トワイライト・サーガ』を紹介するよ。
    • 2018/12/20
      読むことの快楽、書くことの歓喜。
    • 2018/12/21
      翻訳が短篇三本しかないウルトラマイナー作家ストーム・コンスタンティンを紹介するよ。
    • 2018/12/22
      耽美と幻想の天才作家タニス・リー。
    • 2018/12/23
      小説の面白さを最終的に決定するものは何か。
    • 2018/12/24
      日本人が書いたアダルトファンタジーが読みたい!
    • 2018/12/25
      エリ・エリ・レマ・サバクタニ。わがはてしなき贖罪の日々。
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。