• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 2件
  • 夏の後半戦

    2019-08-05 17:55  
     先月の中旬頃は「中々梅雨が明けない。暑くならない」とぼやいていましたが、梅雨が明けたら、あっという間に残暑の季節になりました。長い梅雨でした。 先月末のFRBによる利下げも0.25%と言う妥当な水準で収まり、金融市場から見るには中途半端だったためか?景気動向への不安があるためか?・・・株式市場も債券市場も依然として不透明な動きが続いています。 明確なのはトランプ大統領から発信される断定的で扇動的なツイッターのみ。その内容には深みも良心も全く感じられません(苦笑)。白人有権者からの有効投票を得て支持議員の過半数さえ押さえれば良いという冷徹な選挙対策しか彼の頭には無いようです。求めるものは世界の平和より自己顕示欲なのでしょう。 良き米国時代の平等・自由思想を分断し、やはり本音は白人至上主義なんだと言う事実を感じさせる、嫌~な気分にさせてくれます。仮に来年の大統領選で落選するにしても、こんな輩
  • 新手法によるGDP統計が巻き起こした議論

    2016-09-08 17:04  
     今回は日経新聞に掲載され、話題となった新手法によるGDP統計についてご紹介します。  日本経済新聞2016年8月6日付の朝刊にこんな記事が掲載されました。 「14年度GDP、実はプラス成長? 日銀、税務情報で独自試算 内閣府は反論」http://www.nikkei.com/article/DGKKZO05753450V00C16A8EE8000/ (記事の内容を一部引用)『2014年度の名目GDPは内閣府の公表額(490兆円)より約30兆円 多い519兆円、実質2.4%のプラス成長だったという内容だ。GDP算出を担当する内閣府は14年度の実質成長率をマイナス0.9%としている。』 (引用終わり)  話題の原因となった日銀の金融研究所が出しているワーキング・ペーパーがこちらです。 「税務データを用いた分配側GDPの試算」https://www.boj.or.jp/research/wp