• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 17件
  • 成長を無視して株価を予想してはならない

    2018-11-21 14:35  

    ■相川伸夫ピックアップ銘柄フォロー  ※11月16日(金)執筆時点 ・山王(3441)2016年12月19日配信  株価560円⇒913円(+63%) ・テノックス(1905)17年2月20日配信  株価815円⇒873円(+7%) ・LCホールディングス(8938)17年4月3日配信  株価894円⇒1462円(+64%) ・特殊電極(3437)17年6月12日配信  株価2922円⇒4430円(+52%) ・東北特殊鋼(5484)17年9月4日配信  株価1831円⇒1338円(-27%) ・新報国製鉄(5542)17年10月2日配信  株価1577円⇒1006円(-36%) ・パウダーテック(5695)18年2月19日配信  株価4845円⇒2583円(-47%) ・東京エレクトロンデバイス(2760)18年4月6日配信  株価1970円⇒1956円(-1%) ・アバント(383
  • バリュー株の存在は日本株の救い?それとも重い課題?

    2018-02-22 01:07  

     日本の株式相場が波乱の展開となる中で個別銘柄も再び頭重い展開になっているようですが、こうした局面だからこそ今後の展開に関心が高まっているものと拝察致しております。  山あり谷ありの株式相場に訪れた試練は過去何回もあって今回の波乱相場に対して楽観的な意見が早くも出ているようですが、筆者もそうした見方をしています。過去の経験からは調整期間が2、3週間ではまだ短いとの印象はありますが、いくつかの理由でそうした考えを持つに至っています。  その中の一つが多くのバリュー株の存在です。  現在、株式市場には約90の銀行株を除く3650の銘柄が上場していますが、そのうちの約1300社余りの銘柄がPBR1倍を割れています。地銀など銀行株自体も今や低PBR銘柄、高配当利回り銘柄の代表的な存在となっています。更にはこのうちの約250銘柄がPBR0.5倍以下の水準となっており、その中には低PER、高配当利
  • 成長株投資のための教科書 その1

    2017-09-16 18:20  

    なぜ書くか。 誰も本当のことを書かないから。 以上。 結論。 PER(株価収益率)で株価を評価してはいけない。 PERとはある期間(通常は1年間)における利益(期間利益)で時価総額を除した数値。 単に一時点での両者の比(点の評価)にすぎない。 もう一つの結論。 PBRで株価を評価してはいけない。 PBRは簿価ベースの株主資本で時価総額を除した単純な比である。 株主資本の簿価を基準にしたものである。 これも「点」の評価にすぎない。 PERやPBRは、株価を算定するバリエーションとしては不十分。 ちなみに、わたしは、この2つの株価指標は使わない。 これらは非常に筋が悪い。 まず、PBRという指標について、見てみよう。 PBRは資産の時価を評価しない。 売掛金の不良債権や無価値となっている固定資産やのれんを簿価で評価している。 企業の実態を示していないだけではなく、投資家をミス・リードするか
  • バリュー株礼賛

    2016-12-21 00:31  

     日本株の多くは成長株よりもバリュー株に成り下がっています。バリュー株の定義は投資家の主観によって多少異なるかと思いますが、バランスシート上の資産が大きいのに株価の位置が低くて時価総額が自己資本を大きく下回っている銘柄群、つまりPBRが1倍を大きく下回っている銘柄のことだと位置づけられます。  バリュー株はPER、PBR、配当利回りの3つの指標がいずれも市場平均を下回っている銘柄のことだとも言えます。今や銀行株など日本を代表する大企業も軒並みバリュー株に成り下がっています。  成長株という定義は更にあいまいですが、とにかく業績、とりわけ利益が継続的に大きく伸びていく銘柄のことを指すのが基本です。  億の近道の執筆陣も含めて多くの投資家がバリュー株に着目しての投資を基本的に心がけておられるものと思います。私もそうした投資手法に賛成ですが、そこに成長性の視点を加えることで大きな成果が得られ
  • 日経平均の下げの目処は PBR編

    2016-07-12 01:39  
    今週の日経平均株価は前週末比約3.7%下落。  週初から欧州の金融機関の債務問題の再燃が懸念され、リスク回避の動きが続いた。  日本株は週半ばから週末の雇用統計に向けたポジション整理と為替の円高方向の推移を受け、週末は15,100円台まで売り込まれた。  日経平均は今年の安値近辺で推移しており、「下値のメドがどこか?」という質問を受けることが多くなった。  下値の目処を考える際、マクロ経済の動きやイベント、テクニカル指標、PER、PBRなど多角的に分析して下値の目処を決めている。  あまり用いられることはないが、今回はPBRに着目したい。  PBRよりPERでの判断がメジャーだが、PERは業績変動の影響を受ける。円高の影響から下期に向けて減益が想定されているため、PERは使いにくい。今回は変動しにくい値としてBPSを使用する。  日経平均のPBRは日経平均から日経平均の一株資産(BPS)を
  • 犬も歩けば低PBR銘柄に当たる その2

    2016-06-07 18:14  
    前回の本コラムでも報告した低PBR銘柄の多さ(全体の半分がPBR1倍以下)は現在の日本の株式市場を象徴しています。決してマスメディアが伝えない現実を投資家は真剣に考えないとなりません。  ただ、そうした市場に存在する低PBR銘柄への投資が本当にリターンをもたらすのかは誰しもわかりません。  なぜこうした状況になっているのかは極めて構造的なものかと見られます。低PBR銘柄の多くは財務内容が悪化していて実質的には割安感がないものも多い のかも知れません。財務内容が良好な銘柄はIR不足だったり、業績が不安定で四半期で評価するようになった短期投資家はネガティブに見てしまうことが多 い。低PBR銘柄のかさ上げ相場が見られると株式相場は大きく好転してくると信じて当面の相場に取り組まれると大きく外れることはないと考えています。  低PBR銘柄への投資リスクは流動性に乏しいために起きる全体相場の換金売り時
  • 現在低PBRランキング1位の銘柄はなぜ人気がない?

    2016-05-31 20:40  
    ヤフーファイナンスの低PBRランキングで現在1位となっているのが桂川電機(6416・JQ)という大判型に特化したデジタル多機能プリンタメーカーです。  桂川電機の株価は現在120円で実績BPS615.8円に対してPBR0.19倍となっています。なぜここまでの評価に甘んじているかは以下の通りだと推察されます。 1)前期の業績が期初計画に対して大幅な赤字で終えた。当期利益が8億円余りの赤字となった。この赤字幅は2011年、2012年の25億円余りの赤字に 比べると小さいが、期初計画が黒字だったのに比べサプライズとなった。この結果株価は2月18日に102円まで売られた。その後は戻り歩調ながら低迷状態 が見られる。 2)業績が赤字となったことで実績BPSが前々期の667円から減少した。今後も業績面での不安が残り、評価が高まらない。 3)今期は期初段階で経常利益1億30百万円、EPS2.3円を計画し
  • 犬も歩けば低PBR銘柄に当たる

    2016-05-31 20:36  
    現在日本の株式市場には650ものPBR0.5倍以下の銘柄があります。  通常はPBR1倍以下というのは解散価値を下回っていて割安だとみなされるのですが、更にその半分のPBR0.5倍以下が上場企業の20%近くを占める異常な状況になっている訳です。  更にPBR1倍以下に至っては1891もあり3650銘柄余りの上場企業の半分以上がPBR1倍以下となっていてまさに「犬もあるけば」状態となってい ます。ただ、中には有利子負債を膨らませて財務内容を悪化させている企業もあるため厳密にPBRが1倍を割っているから割安だとは言い切れない点には注意 が必要です。  解散価値を大きく割り込んでなおかつPERも市場平均を下回り、有利子負債を除く実質現預金が時価総額を上回っている銘柄や、継続的な利益を出していて配当性向が30%以下で配当利回りが3%以上となっているような銘柄がどの程度あるのかとなればかなり絞られて
  • バリュー株投資の心得

    2016-04-06 12:08  
    「この株は低PERの上に、低PBRだし安いなあ。」 と思って投資した株が塩漬け状態となっている皆さんが多くなっているかと思います。  日本株が停滞している理由はこうしたバリュー株が山のようにあって投資家が我慢の運用を続けているからだと私は勝手に想像しています。  億の近道でも過去から現在まで株式コラムの執筆陣が基本的にはバリュー株を取り上げてきたかと思います。  バリュー株の定義は市場平均の評価基準を下回るような圧倒的な割安感のある銘柄ということになります。  例えば教科書的に言うとPERが10倍以下で、PBRも1倍以下、配当利回りなら3%以上となります。  こうしたバリュー株が市場に数多く存在する一方で、成長指向で高いPER、高いPBRでも堂々と売買されているような銘柄もあり、市場は二極化していると思われます。  こうした2つに分類できないボーダーラインに位置している銘柄群や赤字に苦しむ
  • 急落中の高配当利回りの主力銀行株は買いか

    2016-02-18 13:49  
    東証1部の平均PERは13.7倍としても全体市場には恐ろしいほど低PER、低PBR、高配当利回り水準に放置されてしまった銘柄が散見されます。  もともと万年割安株として放置されてきた銘柄もあれば、業績の下方修正の可能性を先取りしたもの、流動性に難があり換金売りで一時的にしろ売り込まれている銘柄など様々ですが上場3600社の多くは右肩下がりの展開となる中で3月期決算の達成に邁進している筈。  前提となる為替相場を1ドル=120円としてきた輸出企業は現実の為替相場が一気に110円台まで円高になり、これが定着するとなれば業績の下方修正を余儀なくされることになります。  円安メリットから円高デメリットを受ける企業の下方修正の嵐が今後想定されることになります。  問題はこれがいつまで続くのか、落ち着く局面はやってくるのかということになります。  全面安から内需型企業の上昇と輸出型企業の下落が混在する