• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 207件
  • 市場潮流

    2021-07-19 19:48  

     今週(7月12~16日)の東京株式市場は、日経平均株価が週間で62円66銭上昇し(率にして0.22%の上昇)、2万8003円08銭で取引を終えました。3週ぶりの上昇です。 週初の12日(月)は、前週末の米株式市場でNYダウ、S&P500、NASDAQ総合指数の主要3株価指数が揃って最高値を更新したことを好感し、東京株式市場も大幅に反発。日経平均株価は4営業日ぶりに上昇し、前週末比628円高となりました。 同日に発表された5月の機械受注統計が市場予想を上回ったことも企業の設備投資の増加を背景とする製造業の業績改善への期待を高めました。 続く13日(火)も前日比149円高と続伸しましたが、14日(水)以降は、目先筋の利益確定売りや新型コロナの感染再拡大への懸念、ファーストリテイリング(9983)の業績見通し下方修正などが投資心理を悪化させ、3日続落。週を通じては小幅高にとどまりました。 来
  • 市場潮流

    2021-06-15 15:19  

     今週(6月7~11日)の東京株式市場は、日経平均株価が週間で7円21銭上昇し(率にして0.02%の上昇)、2万8948円73銭で取引を終えました。2週ぶりの上昇です。 10日(木)に予定された米国の5月の消費者物価指数(CPI)の発表を控え、基本的に様子見スタンスの小動きに終始した週となりました。 日経500種平均株価の採用銘柄で週間の上昇率が首位となったのはエーザイ(4523)でした。7日(月)に米食品医薬品局(FDA)が、エーザイと米バイオジェンが共同開発中のアルツハイマー型認知症治療薬候補「アデユカヌマブ」の申請を認めたことで買いが集中。エーザイ株は週間で40.9%上昇しました。 日経平均株価は、心理的な節目となる2万9000円を超えると利益確定売りが増加して押し戻される展開となりましたが、一方で新型コロナのワクチン接種が進み始めたことによる景気回復期待も根強く、下値には押し目買
  • 市場潮流

    2021-06-01 13:30  

     今週(5月24~28日)の東京株式市場は、日経平均株価が週間で831円58銭上昇し(率にして2.94%の上昇)、2万9149円41銭で取引を終えました。2週連続の上昇です。 欧米、特に欧州の景況感の改善が目立ち、ドイツ、フランスなどの主要株価指標が最高値を更新。米国でこのところ売られていたハイテク株が再び買われる流れのなか、日本株も堅調に推移し、日経平均株価は26日(水)まで前週から5日続伸しました。 27日(木)は利益確定売りに押されて6日ぶりに反落したものの、28日(金)は前日比600円高と大幅に反発し、終値で2万9000円を回復して取引を終えました。終値で2万9000円を回復したのは、5月10日(月)以来です。 国内で新型コロナワクチンの大規模接種がようやく始まったことで、経済活動の正常化が促進されるとの期待が高まったことも寄与したようです。なお、日経平均株価の日足は9日連続で陽
  • 市場潮流

    2021-05-26 01:46  

     今週(5月17~21日)の東京株式市場は、日経平均株価が週間で233円36銭上昇し(率にして0.83%の上昇)、2万8317円83銭で取引を終えました。2週ぶりの上昇です。 週間で1273円下落した前週の動きを受け、2万8000円を下回る水準では値頃感から押し目買いが入りましたが、戻り待ちの売りも多く、週を通じて振幅の大きな動きとなりました。代表的な暗号資産(仮想通貨)であるビットコインの価格が急落したことが重荷となる一方、事業の成長期待が続く半導体関連株の持ち直しなども目立ちました。 先週も述べましたが、今後の株式相場の動きは当面、2万9000円程度で頭を押さえられる上値の重い展開になると思います。 米国の4月の消費者物価指数(CPI)が前年同月比4.2%の上昇となり、市場予想(同3.6%の上昇)を大きく上回ったことで、市場ではインフレの加速が意識されています。 来週28日(金)に発
  • 市場潮流

    2021-04-27 01:05  

     今週(4月19~23日)の東京株式市場は、日経平均株価が週間で662円74銭下落し(率にして0.2%の下落)、2万9020円63銭で取引を終えました。3週連続の下落です。 週初の19日(月)は日経平均株価が前週末比2円高と小幅に3日続伸。 しかし、翌20日(火)は国内における新型コロナの感染再拡大、ワクチン接種の遅れなどが嫌気され、前日比584円の大幅安となりました。この日は大幅安にもかかわらず、日銀が上場投資信託(ETF)を購入しなかったことで不安が増幅。 続く21日(水)も同591円安と大幅に続落しましたが、この日は日銀がETFを購入したことで、やや懸念が和らぎました。この日の米株式相場が上昇したこともあり、22日(木)は同679円高と大幅反発。 ただ、23日(金)は、米国のバイデン政権が早期のキャピタルゲイン増税の導入を図るとの観測報道などを受け、同167円安と反落して、一週間の
  • 市場潮流

    2021-04-13 00:02  

     今週(4月5~9日)の東京株式市場は、日経平均株価が週間で85円94銭下落し(率にして0.3%の下落)、2万9768円06銭で取引を終えました。2週ぶりの下落です。 週初の5日(月)は先週末の地合いを引き継ぎ、日経平均株価は3日続伸。前週末比235円高となり、終値ベースで3月18日以来、3万円の大台に乗せました。前週末に発表された米国の3月の雇用統計が市場予想を上回り、米国の景気回復期待が改めて強まりました。 続く6日(火)は、目先の達成感から、利益確定売りが優勢となり、前日比392円安と大幅に反落。7日(水)以降は、小幅な一進一退となりました。 4月下旬から本格化する国内主要企業の3月期決算発表を前にしての模様眺め機運や大阪を中心に蔓延しつつある新型コロナの変異ウイルスへの懸念などが相場のもたつきの主因とみられます。 しかし、週末9日(金)に21年2月期の決算を発表した安川電機(65
  • 市場潮流

    2021-03-24 11:41  

     今週(3月15~19日)の東京株式市場は、日経平均株価が週間で74円22銭上昇し(率にして0.25%の上昇)、2万9792円05銭で取引を終えました。2週連続の上昇です。 週初から先週成立した米国の追加経済対策や新型コロナのワクチン接種の進展による景気拡大の期待が高く、景気敏感株中心に株式相場は堅調に推移。16日(火)まで先週から6日続伸となりました。 17日(水)は米連邦公開市場委員会(FOMC、16~17日)の結果発表を控えて小反落(前日比6円安)。 18日(木)は、FOMCで少なくとも2023年末までゼロ金利政策を維持する方針が示されたことが好感され、同302円高と反発。2月18日以来の高値をつけました。 週末の19日(金)は、日銀がこの日まで開催した金融政策決定会合で、上場投資信託(ETF)の買い入れについて、日経平均連動型を除外する方針を示したことがネガティブ・サプライズとな
  • 市場潮流

    2021-02-15 20:53  
     今週(2月8~12日)の東京株式市場は、祝日(11日)を挟んだ4日間の立ち会いでしたが、日経平均株価は週間で740円88銭上昇し(率にして2.57%の上昇)、2万9520円07銭で取引を終えました。2週連続の上昇です。 国内主要企業の20年10~12月期業績が想定以上に好調であることに加え、米国のバイデン政権が1.9ドル規模の追加経済対策の成立を急いでいることによる景気回復期待の高まりが、足元の株価上昇を支えています。 週初の8日(月)は日経平均株価が急伸し、前週末比609円高の2万9388円で取引を終えました。これは1990年8月3日以来、30年半ぶりの高値です。 続く9日(火)も前日比117円高と3営業日続伸。 10日(水)も利益確定売りをこなして同57円高となりました。トヨタが21年3月期通期の連結業績見通しを上方修正したことなどが好感されました。 祝日を挟んだ12日(金)はさすが
  • 市場潮流

    2021-02-02 15:57  
     今週(1月25~29日)の東京株式市場は、日経平均株価が週間で968円06銭下落し(率にして3.38%の下落)、2万7663円39銭で取引を終えました。5週ぶりの下落です。 週初は、今週から本格化する国内主要企業の20年度3Q決算への期待から買いが入り、25日(月)は日経平均株価が前週末比190円高の2万8822円で引けました。これは、1990年8月3日以来の高値です。 続く26日(火)は高値警戒感から利益確定売りが優勢となり、前日比276円安と反落。 27日(水)は、同89円高と反発しましたが、同日夜の米国株式相場はNYダウが同633ドル安と急落。 これを受けて28日(木)の日経平均株価は同437円安と大幅に下落(下げ幅は今年最大で、20年7月31日以来の大きさ)。同日夜のNYダウは同300ドル高と反発しましたが、29日(金)の日経平均株価は朝高で始まったものの、日本の取引時間中に米株
  • 1月末に考える

    2021-02-02 10:46  
     昨日はNY市場が2%~2.6%ほど急落し、それにつられて本日の日経平均株価も28,000円台前半まで売られています(14時現在)。様々なコメントがネットに流れており「暴落の始まりか?ヒヤヒヤしているうちはまだ大丈夫か?」などと考えますが分かる訳も無く(苦笑)、もっと下げたら買おうと考え、いわゆる放置です(笑)。 昨年10月末の日経平均株価22,977円から、今月14日の高値28,979円まで僅か2か月半で実に26%もの上昇です。その一方、東証一部の時価総額は598兆円から691兆円へと93兆円(約16%)ほど増加しました。 活況な相場が続いています・・・が、上記の上昇率(%)の差は何か。 これらの差は日経平均株価の値上がり率が株式市場全体の値上がり具合を表している訳では無く、上記の率の差は日経225平均(指数)の変動に寄与する銘柄ほど多く買い上げられた結果と言えます。 例えばソフトバンク