• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 1件
  • 市場潮流

    2014-09-01 18:52  
    今週(8月25~29日)の東京株式市場は、日経平均株価で114円、率にして0.7%の下落となりました。  21日まで9連騰した反動や、外為市場で円がやや強含んだことなどから、週末(月末)にかけ、利益確定売りが優勢となりました。テーマ銘柄の循環物色は 続いており、今週は、JR東海(9022)がリニア中央新幹線の工事実施計画の認可を国土交通相に申請したことを契機に、古河機金(5715)がトンネル 工事関連銘柄として買われました。  来週は9月入りしますが、主な注目ポイントは、中国電子商取引最大手のアリババ集団のIPO、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の基本ポートフォリオの見直し、などでしょう。  アリババ集団は9月中旬にも米NY証券取引所に上場する予定ですが、資金調達額はネット企業として過去最大規模に達するとの観測もあり、他の銘柄の換金 売りが懸念されています。米国の景気および企業収