• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 3件
  • 株を買う人、売る人

    2018-12-04 16:36  

     師走相場突入!!  時は2018年12月3日、月曜日。今年も残り1か月を切ってきました。慌ただしい年末を迎え皆さんもご多忙のことと拝察致します。  寒さが身に沁みる季節の訪れが株式相場にも随所に特徴的に表れていると感じるのは筆者だけではないのかも知れません。  年初の株高期待はわずか23日目でピーク?を打ち今年は基調としての調整を続けてきたというのがここまでの相場の流れですので必ずしても皆さんの資産形成にとって良い年ではなかったと言えそうです。せめて師走相場には頑張ってもらいたいですね。  相場が調整(=値下がり)すると長期保有の投資家の皆さんの資産は目減りした一方で、これから株に投資しようという投資家にとっては格好のチャンスとも言えます。  ただ、相変わらず投資対象を有望視できる銘柄に絞り込むのは骨の折れる作業です。  多くの投資家の関心事は投資した株がこれから上がるのか下がるのか
  • 2016年も残すところあと1か月

    2016-11-30 02:37  

     師走相場が目前に迫ってきました。調整に始まり停滞を見せた2016年もあと1か月で終了します。  アベノミクス相場4年のシナリオは期待の前半から失望の後半を経て新たな4年間が始まろうとしている端境期です。株式相場にとってはトランプ新大統領への期待の高まりは今後の4年間を先取りした展開であるものと思われます。  リターンを求めて株式市場でお金は忙しくうごめいています。  大儲けした方も損したという方も師走は来年に向け、投資作戦を考える良い時期です。実現益が積み重なっていれば一方で評価損を実現損に変えて2017年を迎える準備をしないとなりません。  直近の株価上昇で損は減少し一方で益が積み上がったところで、投資家の懐事情は良くなっているものと推察されます。  個別株の株価にはそうした投資家の懐事情が反映されているものと考えられます。  ゼロ金利政策の下で景気が徐々に上向く局面ながら、まだま
  • 師走相場の展望

    2013-12-03 23:47  
    先生が走ると書いて師走。私は先生ではありませんが生徒が読者の皆さんだと勝手に思えば、私も皆さんに投資のヒントとなるネタ探しに走り回る状態となり、師走の季節感を感じてしまいます。  もう何回もこの時期を迎え、年を取る一方でもあり、せつなさも残りますが、そんなことは言ってられません。何かと忙しくなるこの12月という季節は1年の締めくくりでもあり、来年に思いをはせる時期となります。  師走相場はもちつき相場があちらこちらで見かけられます。個別銘柄が仕手っぽく動く展開です。  もちをついているまでは良いのですが、最後の最後までおつきあいし過ぎるとあとでつきたての食べたもちをのどに詰まらせ大変な思いをしないとならなくなりますのでほどほどにしたいと思います。  師走相場では資金の逃げ足に注意が必要です。  昨年はアベノミクス相場で期待に胸が膨らむ師走相場でしたが、今年は更にオリンピックが2020年に東