• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 2件
  • 市場潮流

    2017-03-28 01:26  

     今週(3月21~24日)の東京株式市場は、日経平均株価が週間で259円06銭下落し(率にして1.3%の下落)、1万9262円53銭で取引を終えました。  3連休を終えた週初は、為替市場で円高が進行したことなどから21日、22日と続落しました。特に、22日は、前日の米国市場でダウ工業株3種平均が大幅に下落したことを受け、日経平均株価は、前日比414円50銭安と今年に入っての最大の下げ幅となりました。  トランプ政権の政策展開が遅れるとの懸念から、米国の長期金利が軟化。円相場が1ドル=111円台半ばまで急伸したことも響きました。  ただ、23、24日は国内勢の押し目買いが入り、続伸しました。  来週は3月最終週です。28日が配当や株主優待の権利取り最終売買日となります。配当取りを意識した買いも入るとみられますが、大阪市の学校法人森友学園の問題、トランプ政権の政策推進の状況、北朝鮮の動向な
  • 有料メルマガライブラリから(139)今年の3月末の状況を見る限りでは低PER銘柄が有利だと感じる

    2015-03-12 14:23  
    有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」の過去配信ライブラリ「銘柄研究」「コラム」のうち、コラムの一部を再編集して毎週掲載いたします。自立した投資家、石川臨太郎のコンテンツをお楽しみ下さい。  なお、内容は執筆当時の背景に基づいており、現在の状況と必ずしも一致しないことを予めご了承下さい。==「今年の3月末の状況を見る限りでは低PER銘柄が有利だと感じる」==   (有料メルマガ第272回・2014/4/1配信号) 【前略】  だから長く株式投資を行なっている経験豊かな投資家でも、常に利益を上げられるとは限りません。ついつい欲望に引きずられたり、恐怖に駆られて、まずい投資行動をとってしまうことも多いです。  しかし、投資キャリアのある投資家は、長く株式投資を実践してきたことで、いろいろなことを学んできています。そのために、まずい投資行動をとったとき に、どのようにそのミスを修