• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 13件
  • コロナ禍で一段とネットワーク化、Eコマース化が進む

    2020-09-04 17:08  
     東京都のコロナ感染者数が2日連続の100人台となり収束の兆しが出ていますが、まだまだ油断はできません。そうしたコロナ禍で最も影響を受けたのは私たちの社会生活です。 コロナ感染の長期化でテレワーク、ステイホームが定着しつつありますが、その中で潤った業界としてはゲームやガーデニング、食品スーパー、ドラッグストア、ホームセンターなどの巣籠もり消費関連業界ですが、更に細かく見ていくとノートPCやオンライン会議ツール、オンライン学習、オンライン研修などの進展です。 もちろん営業現場でもオンライン化は大いに進展しております。 一方でオンライン化やEコマース化はスポーツや講演会、音楽、イベント産業など人の集まりを必要とする業界に負の影響をもたらしました。 筆者が時々足を運ぶ明治座も1月の三山ひろし公演以来、開催が止まっていたように記憶していますが、氷川きよしの公演で久々に開演を果たすことになりました。
  • オンライン化花盛り

    2020-08-20 13:35  
     コロナ禍でリアルな活動がやり難くなった今、注目されているのがオンライン化。人類の英知を集めると、様々なリアルなイベントがオンライン上で済まされることになります。 その代表的な事例がオンライン飲み会やオンライン合コンなどかと思いますが、味気ないオンライン化もコロナ感染を防ぐためと考えれば致し方ありません。 インターネットの発展、5G化で気軽に個々人のやり取りができる技術的な背景も手伝って新たなサービス産業を生み出す可能性も秘めているというのがポジティブな視点でもあります。 小売業においては既にアマゾンが市場を席捲。スーパーでの買物からEコマースで日常品や衣料品などの購入を行うライフスタイルが定着しつつあります。こうしたショッピング形態の変化ではロジスティックが重要になると考えられます。 どうしても人の手に頼らざるを得ない業務やサービスもありますが、多くはロボットや自動搬送装置などで省エネ化
  • ある企業の復活劇を期待する投資家

    2020-06-04 22:18  
     投資家には様々なタイプがお見えになりますが、この億の近道の読者にも数多くのベテラン投資家が存在し経験に裏打ちされた運用に努めておられます。ベテラン投資家とは言え、山あり谷ありの株式相場の変動に時に戸惑い、時に思案を重ねながら中長期スタンスで取り組んでおられると思われます。 セミナーなどで縁あってご交流頂いたある読者の方もそうしたベテラン投資家の一人。 このところのコロナによる外出自粛で2か月余りお目にかかっておりませんが、先日メールでの連絡が入りました。私の中長期的な注目銘柄の一つに投資されていて、コロナクラッシュで大きくを値を下げているけどそろそろどうだろうかとの問い合わせであった。 私はその問いかけに素直にそのヒントとなる情報をお答えしたのだが、その問いかけのタイミングは絶妙なものとなった。 その銘柄は実を言うとリンクバル(6046・5月26日現在309円)。 昨年12月の中目黒での
  • 【お知らせ】炎チャンネル第101回「テレワークにはネット取引!」をアップしました

    2020-04-30 01:10  
     億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場を語る炎チャンネル。第101回「テレワークにはネット取引!」がアップされました。第101回「テレワークにはネット取引!」 4月28日収録 【ニコニコ動画】https://www.nicovideo.jp/watch/1588159203 【YouTube】https://youtu.be/EXPeQerFIrU【今回登場企業】アンジェス ファナック リンクバル ぜひご視聴下さい。 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5~6分にまとめておりますので、 ご登録頂ければ幸いです。 目下は無料番組ではありますが、価値あるコンテンツ作りに努めておりますので宜しくお願いします。
  • コロナ禍による社会システムの変革

    2020-04-27 00:16  
     人の目には見えないコロナウイルスがもたらした災厄が様々な社会システムを大きく変革させようとしている。・政治(国会・選挙・議員・民主主義・自由主義・防衛・核など)・経済(雇用・仕事・採用・人材・働き方・株式・為替・会計・企業・ビジネス・貿易・キャッシュレス・など)・社会(人生・国家・趣味・天皇制・歴史・教育・学校など)・法律(憲法・弁護士・司法制度・検察制度など)・環境(エネルギー・化石燃・自然エネルギー・再生可能エネルギーなど)・産業(農業・食・物流・観光・レジャー・モノづくり・サービス・小売り・リサイクルなど)・医療(病気・診療・治療・検査・医療保健・健康など) こうした様々な分野で社会変革が起きようとしていると感じるのは私だけではないでしょう。 アフターコロナの議論は地上波メディアの耳障りな国民をあおるような井戸端会議のネタではなくYOUTUBEなどのインターネットメディア(本日の虎
  • ここでの打つべき施策

    2020-04-08 23:09  
     武漢ウイルスショックによる経済崩壊は国民の生活を足下から揺さぶり、感染者とはならなくても生活困窮による苦難をもたらそうとしている。 108兆円という規模の緊急経済対策が打ち出されることになったが、何となくわかり難い施策という印象がある。ここまでの施策が打ち出せるのなら消費税など上げずに景気を盛り上げる施策をもっと早く打ち出せただろうに、未だに消費税減税、無税化の話は出てこない。 日本経済を停滞させてきた諸悪の根源は消費税だったということは明白なのに、この期に及んでも施策として打ち出せないのはなぜなのか? エコノミストからは財務省を新型コロナウイルスのような悪玉とする意見を聞くことが多い。 不思議な国、日本は感染源のかの国の入国者を規制しないで感染を広げてきた。明らかにかの国で大流行しているのに入国を止めなかったことは政策的な失敗だった。 にも拘わらず諸外国の感染増加に比べて穏健な増加に留
  • ここでの投資作戦

    2020-03-06 15:31  
    ~株価の低迷続く銘柄への投資チャンスを窺う~ 株式相場というのは摩訶不思議な世界。ここまでの新型肺炎流行で日経平均に代表される全体相場はもっと下落するかと思われたが案外、強い展開が見られ、ここまでのところ2月3日の節分につけた22775円が今年の安値ということになっている。 警戒感が強まる中でなおも下値不安は残るが、全体相場は一部の銘柄の堅調さに支えられているのか、日銀によるETF買いなのか、為替が円安に振れたからなのか、様々な要因でもみ合い商状が見られる。 問題は個別銘柄である。 多くの投資家は弱い銘柄を売って強い銘柄につこうとするため、二極化が見られる。弱い銘柄は今期の業績見通しが何らかの理由で減益だったり、先行きの不安感からリスクオフ行動に出る投資家の行動でついた株価が現実の弱さになって反映されている。 一方の強い銘柄もどちらかと言うと足が速く、短期急騰型だと短命に終わり、その後は乱
  • 多忙な年始の中で

    2020-01-22 14:12  
     今年は始まったばかりとは言え、株式相場が波乱の幕開けということもあって公私ともに何かと多忙になってきた。 億の近道活動も今年で21年目を迎えることになるが、皆様とともにこうして活動できますことを心より感謝申し上げたい。 さて、皆様に提供している情報をより良いものとするためにはインプット作業は欠かせません。年末から年始はややインプット活動が停滞致しますのでアウトプットも中身に乏しいものとなってしまいがちですが、先週はインプット活動を進めながら株式投資に有益な情報探しに努めてきた。 この間、YOUTUBEでも炎チャンネルにて年末の25日から数えて3回のコンテンツを配信させて頂いた。登録数は徐々に増えてはいるが、まだまだ少なくこれからも関心をもって頂ければ幸いだ。 https://youtu.be/CcFCTmGkiRw 目標は1000件突破!! 年初を改めて振り返れば大発会は波乱の幕開け。日
  • 【お知らせ】炎チャンネル第90回「2020高値更新あるか?」をアップしました

    2020-01-16 16:46  
     億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場を語る炎チャンネル。第90回「2020高値更新あるか?」がアップされました。 第90回「2020高値更新あるか?」 【ニコニコ動画】https://www.nicovideo.jp/watch/so36233478 【YouTube】https://youtu.be/CcFCTmGkiRw【今回登場企業】リンクバル コンヴァノ タカチホ LibWork ぜひご視聴下さい。 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5~6分にまとめておりますので、 ご登録頂ければ幸いです。 目下は無料番組ではありますが、価値あるコンテンツ作りに努めておりますので宜しくお願いします。
  • 株価低迷中の銘柄が見直される時

    2019-12-11 15:41  
     今年も残り20日余りとなってきました。 皆様におかれましては師走相場をお楽しみになっているものと拝察致しております。 先日の創刊20周年記念セミナーでは過去を振り返り、今後の展望をさせて頂いた上でポートフォリオをご提示させて頂きました。皆様もそれぞれの思いで銘柄を選定し、リスクテイクされているものと思いますが、全体相場に対してどのような成果が得られているかは気になるところです。 セミナーで取り上げたLibWork(1431)は急騰後、小一服といったところですが、PER30倍水準までの上昇後のミニ調整局面と捉えることができます。ビジネスモデルは単なる熊本と言う地域に根差した注文住宅メーカーではなくIT×住宅をベースとした全国展開を図るライフスタイル提案型の住宅メーカーという位置付けということでご理解頂くことがポイントになります。12月末には2分割を予定。権利落ち後の株価変動が関心事となって