• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 383件
  • 投資開始の時期

    2022-08-08 23:19  

     依然として新型コロナウイルス鎖国が続いています。 国内の感染者が急増する中でジワジワと緩和に舵を切り始めていますが、相変わらず「注意と行動制限」を連呼する専門家も多いため?・・・動きは鈍いです。 国内感染の方が多いのに何故か?まだ水際作戦を続けています。無責任行政に変化は無く、政治家も官僚も責任回避が優先されているのでしょう。 軽めの風邪でも流行性感冒が広まるときには「感染に注意」発言が繰り返されますが、今回は何処が違い、何が大変なのかのデータを使った説明も乏しいままに世界から取り残されている雰囲気です。 もう国民の誰もが日本の医療行政にウンザリしています。業界の既得権が凝り固まっているため規制緩和も遅々として進みません。一握りの年寄り既得権(既得権者の代表は政治家)が国を亡ぼす様を目の当たりにしているようです。 先月は「PLAN75」と言う映画を観ました。 全編にわたり高齢者の生活が
  • 余剰資金の退潮

    2022-07-26 13:04  

     ロシアによるウクライナ侵攻が始まって間も無く5か月になりますが、今後の日本の課題には経済安保とともに食糧安保が大きく関わってくるはずです。もちろんこれは世界的な問題でもあります。 食糧が重要とは言え、日本市場にはこれと言った食料関連銘柄がありません。 加工会社ばかりで、あえて言えば伊藤忠や丸紅などの商社でしょうか。 既得権維持が至上命題の農水省やJA上層部は備えをしているのか。米価高値維持だけが仕事のJAシロアリは恐らく何もしておらず、属ゴキブリと結託して危機を利権に変えられないかと研究しているところかも知れません。 2020年7月頃のメルマガにて、景気回復による資源高によって経常収支の悪化が見えてくれば、いつまでもリスクオフの円高などと言える状況ではなくなるとの思いで円安への懸念を書きました。当時はまだ円高懸念を伝えるエコノミストも多かったと記憶しています。 余談ですが、2011年前
  • 想定外

    2022-07-20 12:30  

     先週の金曜日、想定外のニュースが世界を駆け巡りました。 安倍晋三元首相は21世紀において、恐らく世界で最も有名な日本の首相経験者であり政治家であったと思われます。それほど影響力のある政治家が逆恨み?により素人テロリストに殺害されました。白昼堂々、至近距離から。 前回のメルマガでは国政選挙こそが平和ボケ日本を象徴している行事と書きましたが、まさに書き終えた翌日に凶行が発生し、甘い警備体制はもとより、その後の政界首脳達の発言にも「平和ボケ?」と驚いている次第です。 あれほどの要人に易々と近づき、カバンからゆっくりと手製の銃を取り出して至近距離から銃撃出来るなど想定外ですし、その直後の岸田首相の発言では故人礼賛を淡々と述べるだけの、まるで葬儀の際の「お悔み」を聞いているようでした。 今回のような杜撰な警護をした奈良県警の責任は重大であろうし、現首相の発言としては緊急事態に対応する政府の危機管
  • 銘柄研究の年

    2022-07-11 14:51  

     七夕です。 夜空を見上げて「夏の大三角」を探すのも良いです。一等星で構成されていますし、星空が奇麗に見える場所なら天の川も見えますから、その両側の彦星と織姫星を眺めるのも風流です。ちょいと蒸し暑いですが・・・。 今年の参院選ですが、出掛けるには蒸し暑いし、スローガンの中身は相変わらず具体性に乏しいものばかりですから、今回も投票率は低迷しそうです。 まともな成長戦略も無い中で消費税を無くすと言うなら、その穴埋めとなる社会保障費などはどこから捻出するのでしょう? 「社会保障費の財源が無くなるので年金を減らします」とでも言うのか? 加えて、この大学余りの中で、大学まで全て学費無償化なんて…勉強しない学生にまでバラ蒔いてどうするんだ?と思います。出すのなら、せめてデータを整備し、どうしても支援が必要な学生に届くようにしなければいけません。財源(血税)には限りがあります。支援したいのなら、例えば
  • 参院選挙2022夏

    2022-07-05 12:35  

     先週後半から本格的な夏を感じる陽気になりました。梅雨明けも早かったです。 読者の皆様には是非ご自愛いただきたく存じます。 まず、選挙が近づくと財源無視のバラマキ発言や憲法9条などでの無責任発言が急増するのは毎度のことです(苦笑)。 今回はウクライナ侵攻を目の当たりにして社民党や共産党の自衛隊違憲発言は無くなりましたが、依然として具体性の乏しい選挙向けのスローガンに終始しています。 最近では「日銀の異次元緩和が円安を助長したために物価高を招いた、アベノミクスの失敗だ」と、これまた国民を小馬鹿にした無責任発言が増えています。異次元緩和がスタートして既に10年目を迎えているのに、今頃になって選挙演説用の無茶ぶりですから呆れます。加えてバラマキ発言のオンパレードとなっています。 一部には若年層を意識した「小出しの、笑」若者向けバラマキ論も併用していますが、いずれにしても大局観は感じられませんね
  • 投資のタイミング

    2022-06-27 15:27  

     初めに、読者から「インベストメント イン キシダ」の本気度は?とのご質問をいただきました。 本気度は?と言うより実際のデータや本質を理解していないと思われます。 金融資産課税で減点をもらってしまったので、挽回のために周囲(財務省?経産省?)からの入れ知恵でもあったのでしょうか。安部前首相の真似をしたのでしょうが、付け焼刃の域を出ていません(苦笑)。 火曜日の午後に参院選を前にした党首討論をTVで観ましたが、自民党の岸田首相、維新の会、国民の3党以外の発言は(幾らかマシなのもありましたが)大半は娯楽番組の域を出ていませんでした。悩ましいです(悲)。 今年の初めに米国株が高値を付けて以降、ウクライナ戦争が始まり、資源高や中国のロックダウンも加えて今年はやたらと不確実性が増しています。日本は資源高だけでは無く、食糧安保についても急いで戦略を立てねばいけない(追い込まれる)年になりそうです。円
  • 新しい資本主義へ!2

    2022-06-21 15:37  

     先週のメルマガで少しだけ「原発ホワイトアウト」に触れましたが、追加で書きたくなりましたので<新しい資本主義へ!2>を書きます。 個人的には反原発とも容認派とも言えませんが、一つのアイデアとして「少しだけ原発維持」で良いのではないかと考えています。 日本はエネルギーのほぼ全量を輸入に頼っています。故に経済安全保障の観点からもエネルギー政策は出来るだけ幅広に維持しておきたいところです。 つまり、石炭も石油も原子力も自然エネルギーも全てです。 油断をすると、原発反対か容認かで国論を二分したまま話を進展させずに、今回のようにエネルギー価格が高騰した間隙(機会)を狙って既得権を維持しようと目論むシロアリが湧いてきます。 食糧安保に関しては農水省(やJA)の既得権が立ちはだかり、軍事についてはウクライナ危機を理由に世論誘導が行われています。本来なら中国を仮想敵国にしてもメリットは多くないし、中国だ
  • 新しい資本主義へ!

    2022-06-13 15:19  

     ロシアのウクライナ侵攻(大虐殺)はいつ終わるのか。為政者の権力維持のために何故にこんなにも非道で恐ろしい事が出来るのか?・・・凡人には分かりません。 が・・・、情報の少ない日本に居ても歴史を含めた様々なことを学びます。 西側の為政者もプーチン大統領と似たり寄ったりかも知れません。 「人道が!人道が!」と叫びながら自分達は100年前まで他国民の人権を無視して奴隷として使い、つい50~60年前までも人種差別を繰り返し、搾取してきた連中です。中東の混乱も、アフリカの混乱も、元はと言えば西側の植民地政策(及び覇権争い)による負の遺産と言えます。 今頃になって(自分達=白人達の都合で)大騒ぎしている連中を西欧以外の人達は冷めた目で(うんざりして)見ているのではないでしょうか。 オリンピックで負ければルールを変更し、金融業で立場が悪くなればBISルールを変更し、そして自分達の産業優位性を維持するた
  • 自治会

    2022-06-08 14:30  

     昨年から自治会(いわゆる町内会)のお手伝いを始めていますが、考えれば考えるほどに将来性の無い仕組みだなぁ~と、つくづく感じます。 100年以上も続く自治会の運営方法は時代が変わっても余り変化が無いようです。地域住民の有志による運営も高齢化が進むことで機能不全に陥っていると感じます。少なくともこの30年程で高齢化率は劇的に変化していますし高齢化は依然進行中です。 先日は町内会の部長さん(御年86歳)が「町会役員は年寄りばかりで役に立たない」と愚痴っていましたが(汗)、この部に所属する班長さん10名のうち80代じゃないのは私と近所の工務店社長だけです。しかも残り8名は近所のおばあちゃんたちで、他の地域も似たり寄ったりだと庶務の方が仰っていました。 地域の消防団の組成も大変だし、ごみ集積所の掃除にしても課題山積(ルール無視が横行)で、順番に当番をしている町内の人たちは誰もが困っていますが、「
  • 自治会

    2022-06-07 15:53  

     昨年から自治会(いわゆる町内会)のお手伝いを始めていますが、考えれば考えるほどに将来性の無い仕組みだなぁ~と、つくづく感じます。 100年以上も続く自治会の運営方法は時代が変わっても余り変化が無いようです。地域住民の有志による運営も高齢化が進むことで機能不全に陥っていると感じます。少なくともこの30年程で高齢化率は劇的に変化していますし高齢化は依然進行中です。 先日は町内会の部長さん(御年86歳)が「町会役員は年寄りばかりで役に立たない」と愚痴っていましたが(汗)、この部に所属する班長さん10名のうち80代じゃないのは私と近所の工務店社長だけです。しかも残り8名は近所のおばあちゃんたちで、他の地域も似たり寄ったりだと庶務の方が仰っていました。 地域の消防団の組成も大変だし、ごみ集積所の掃除にしても課題山積(ルール無視が横行)で、順番に当番をしている町内の人たちは誰もが困っていますが、「