• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 24件
  • 大魔神のアンテナ しっかりと勉強を

    2019-11-06 00:30  
     日経平均はいい感じで23000円台まで戻りましたね。 これも外国人投資家がなせる技なのか? 外国人投資家が買い越しに転じると相場は良くなります。10年前から変わらない図式です。 本日、東証で発表された投資家別売買動向では今週も外国人投資家は買い越しになっていました。9月末日より10月25日までの4週間の買い越しになり、今年初めて4週続けての買い越しになりました。 8月末、日経平均が20100円台から買いが始まり、9月中旬一時的に売りに転じる場面もありましたが、その後、再度買いに転じ、今の相場状況を演出しました。 やはり、外国人投資家の動向は東京市場を見る上では重要なポイントとなっています。 半面、なぜ、国内投資家の動きは株式市場を左右することが出来ないのでしょうか。 いつもながら考えさせられます。 一つは、株式投資の教育がなされていないことです。 私自身も株式投資を個人投資家に教える教室
  • 来年から変わる学校教育で日本はIT先進国になれるか?

    2019-10-31 00:49  
     日本の経済停滞とともに教育の在り方が問われている。 義務教育、しかも小学校から英語教育を盛んにして国際的な人材の養成に努めようとするわが国の文科省の狙いは日本経済の復活に果たしてつながるのだろうか。 私はどちらかと言うとやや懐疑的なのだが、既に制度が始まっているから、結果は20年後ぐらいには出るということになる。 グローバルな事業展開を行う企業の経営にとっては英語教育が早期にスタートし採用した人材が即戦力で海外とのやり取りができてビジネスにもつながるという意味では有意義なのかも知れませんが、却って子供の頃に英語嫌いになったりしてそのまま大人になってしまいやしないかと考えてしまう。 英語が好きになって実際に海外の人々と会話を楽しめるかどうかが大事なので、まだ道半ばの施策なのかと思われる。 さて、英語に限らず文科省は来年度からプログラミング教育を必修化するという。知育絵本「ルビィのぼうけん」
  • 見ていてごらん、今にわたしたちの時代がくる

    2018-03-23 16:27  

    -教育子育てコラム- ===ある兄弟の話=== 弟は丁度100年前に生まれた。 中村兄弟の話だ。兄は徳郎という。弟は克郎という。 兄は戦争で死んだ。 弟は「きけ わたつみのこえ」(岩波)を編集した。 兄の徳郎は学徒出陣で戦地へ赴いた。 生きていれば日本初の仕事を多く成し遂げたに違いない逸材であった。 岩波の「きけわだつみのこえ」を読んだときのことだ。 徳郎が克郎に託したものがあることはその手記からわかった。 調べるうちに、克郎が兄の手記をもとにして 「はるかなる山河に ー東大戦没学生の手記ー 」 を編集、のちに岩波の「きけわたつみのこえ」の編集者となったことを知った。 そのとき、「やっぱりな」という思いを持ったのだ。 ===人柄に惚れて=== 徳郎の手記を読んだとき、その人柄に惚れてしまった。 また、その考え方に深く共感してしまった。 70年の歳月を超えて、わたしには普遍的なもの、時代
  • 『子は生きていてくれるだけでいい』を超えて

    2017-09-08 16:25  

     先週のコラムで「オール5が望ましい」というコメントを読んだ読者から、「厳しすぎてびっくりしてしまった」とのフィードバックをいただきました。  なかなか短いコラムの中では真意は正確には伝わらないものです。  子供に義務教育の内容を身体で会得するレベルは試験では満点なのだから、満点が望ましい。  そして、満点ならば、内申書は5段階で5になるはず。  義務教育の内容ぐらいはしっかり理解することがこれからの高校生活を送る上で「望ましい」。  望ましいと「伝える」。  そして、満点ではなくて、ミスをする人間だから9割の得点をとることが望ましい、という形で相当なレベルダウンをした上で、 「テストでは90点以上が望ましいぞ」と伝える。  そして、「伝える」ことは強要したり命令したりすることではありません。  あくまで、自主的な判断を下すのは子供自身です。  低いハードルで「とにかく生きてておくれよ
  • 都立高校の進学実績が伸びている件について~高校受験へ向けて~

    2017-09-01 13:43  

     三男が来年高校受験。都立高校が第一志望です。  さて、公立子育てを標榜する我が家には嬉しいことに、都立高校から難関大学へ現役で合格がこの15年程度、ずっと増加傾向にあります!  都立高校が復権!!  それで、なのかなあ、公立中学校がどんどん見直されています。  都立高校改革の始まった2003年と2017年との大学合格実績を比較しました。  都立といえば、私立に比べて受験に不利で浪人が多いイメージでしたが、その印象は変わりつつあります。  塾にいかなくてもよい面倒見のよい都立が増えたからです。  つまり、中高私立+小中高学習塾(中学受験塾SAPIXや大学受験塾の鉄緑会)に行くケースと、都立で塾なしとのケースを比較します。 小学校の通塾合計で 100万円以上の差(うちの子はゼロ) 中学校と高校の通塾 250万円以上の差(都立は塾がいらない高校が急増しています) 私立と公立の学費の差250
  • 幸せになる方法があります。それでといっては、なんなんですけど、比べることやランキングに一喜一憂はやめませんか?

    2017-08-25 12:57  

    【権威っすか?世界ランキングっすか?すごいっすね!】  様々な「権威ある」(とされている)世界大学ランキングなるものがあり、日本の大学が順位を落としていることが問題なのだという。  英語圏の大学が上位を占めるような英語圏向けランキングを本邦当局が気にしていて世界ランキングが下がっていることをなんとかしたいのだという。  だけど、そもそも、世界ランキングって誰がどう決めてんの?  英語の論文の数とか引用された論文の数とか留学生の比率とかそんなことで順位をつけているらしい。  授業や研究について識者のアンケートによる評判、海外留学生比率や外国籍教員数比率、産業界からの収入。  あー、でも、これらの評価の項目の中には、大学の本質たるものはひとつもないですね。  産業界からの収入がなぜ評価対象になるのでしょうか??  片や、利潤を目的とする産業界。  片や、真理の追究を目的とする大学。  全く違
  • 金銭教育をするための教科書

    2017-08-04 02:34  

     先週、某東証一部企業の社長と、1対1でお食事をさせていただく機会がありました。  その会話の中で出た話として 「企業内で社員に対して、金銭教育を与える機会を設けたい」 という話がありました。  どうも、その社長自身が強く「金銭教育が必要だ」と認識しており、それを社員にしっかりと教育していくことが、社員の方々の生活の安定につながるであろうということをお話されてました。  ところで、メルマガ読者の皆さんは過去にしっかりとした金銭教育を受けたことがあるでしょうか?  学校教育や社会人教育の中では、金銭教育は含まれませんので、ご自身が意欲的に金銭教育を学んでいなければ、自然と機会を与えられることもなかったはずです。  もし、私が、メルマガ読者の方に「金銭教育」の本をお勧めするのであれば、 【初心者向け】  新・メシの食える経済学~お金に恵まれる人生への手引き~  (光文社知恵の森文庫)  著
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 3

    2017-07-03 09:30  

    ルールとは絶対的なものなのか。 一緒に考えてください。 (3回目) 【前回までの内容】 荒れ狂う管理教育の嵐。愛知県立春日井高校の生徒会は学校側と戦うことを決意。 学校行事を生徒全員にボイコットを呼びかける。 ボイコットは成功。学校側と生徒側との対話が始まった。 深夜遅くまで会議を続ける先生方への申し訳なさから、僕らは事態の早期収拾をはかった。 ====1981年2月7日 中日新聞=== 大見出し -耐寒訓練きょう再開- 小見出し -春日井高 授業を短縮し実施- 【春日井】 耐寒訓練を生徒がボイコットしていた愛知県春日井市の県立春日井高校(山本八郎校長)は六日、生徒の下校時間を遅らせない方法で耐寒訓練を七日から再開することを決め、生徒たちも納得した。 二日のボイコット騒ぎ以来、五日ぶりに正常化する。 六日は午後二時二十分からの六時間目に一、二年各クラスでホームルームを開き、担任の教師が
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2

    2017-06-27 01:52  

     組織と個人。生徒と先生との対話による解決。  親と子供、社長と社員、対立を解決へと両者の努力で導くことはできるのか。 一緒に考えてください。 (2回目)【1回目の内容】 全校生徒による耐寒訓練ボイコット事件を新聞記事から紹介。 この小さな事件を、いまさら、ではあるが、いま、書き残しておこうと思った。 ひとつは、当事者の一人、中村幸宏が舌癌で7年前に死んでしまったこと。 ベーシストだった彼の残したベースラインを書き残しておきたかったため。 もうひとつは、たとえ学校には不名誉な事件であっても、春日井高校の校史として誰かが書き残すべきだと考えたからである。==吹き荒れる管理教育の嵐== 1980年、愛知県には新設高校を中心とした管理教育の嵐が吹き荒れていた。 生徒の自殺が相次いだ。愛知の行き過ぎた管理教育は社会問題となる。 1980年2月には週刊プレイボーイで 「今、高校生に襲い掛かるファ
  • 億の近道ゼミはじまりました!

    2017-04-26 01:15  

     いろいろなバックグランドの方々が集う株式投資の手弁当の私的な勉強会が先週から始まりました。  原則、日曜日の午後に、商品評価や製品評価から金融工学まで楽しく学びます。  いよいよ、23日は、理論株価の後半です。  午後2時スタート。5時まで3時間。 (もちろん、無料ですよ。)  初回は投資哲学と現在価値の理論について議論しました。  金融工学をベースにした基礎の確率論などを紹介しています。  細分化と弁証法という二つのベーシックなアルゴで調査の対象を順次攻略していく手法をとります。  わたしが主催する勉強会は8年ぶりになります。  そして、日曜日午後の商品評価の勉強は確率論の基礎をベースに確率事象同士の計算から商品価値を評価するというAI設計のための基本学習となっています。  数量と価格の掛け算にすぎない売上を対象にするのではなくて、商品の色や姿や形や出来やコストの構造など、様々な視