• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 2件
  • 相川伸夫のピックアップ銘柄決算フォロー カンロ(2216)・AB&Company(9251)・フリュー(6238)

    2022-05-19 13:23  

    ■相川伸夫ピックアップ銘柄フォロー(動きのあったもののみ掲載) ※5月13日(金)執筆時点・カンロ(2216)19年11月5日配信 株価1665円⇒1580円(-5%)・AB&Company(9251)22年1月10日配信 株価1104円⇒720円(―35%)・フリュー(6238)22年4月4日配信 株価1085円⇒918円(―15%) 上記3社について、カンロとABについてはZoomにて1Hの取材をさせて頂きましたのでそのレポートを、フリューに関しては決算後取り急ぎ電話で30m+メールで確認できたことを共有したいと思います。■カンロ(2216) 同社についておさらいです。 カンロは飴とグミの製造販売卸販売を手掛ける創業100年以上の老舗であり、2019年に記事を書いたシナリオがコロナで足踏みを余儀なくなり、やっと始まる展開になってきたように思います。取材時の話でもグミ設備稼働率は絶好調
  • 相川伸夫の新規ピックアップ銘柄フリュー(6238)

    2022-04-06 13:03  

    ■相川伸夫ピックアップ銘柄フォロー(動きのあったもののみ掲載) ※4月1日(金)執筆時点・AB&Company(9251)22年1月10日配信 株価1104円⇒850円(―20%) 最も懸念していたIPO直後の1Q決算数字が想定よりも悪く株価は勢いよく下に行きました。 ただ、悪材料に合わせて優待利回り10%超えになる開示を織り交ぜてくるあたりはきちんと株価意識をしていることが確認できたので良いと思います。 決算後の取材は4月末に予定しているのでそこでの内容はまたこちらで報告したいと思います。同社のビジネスモデルは出店効果で下期にかけて加速していくモデルですので元々1Qは進捗率の観点で売られる可能性はありました。が、そういう問題以前の数字となりましたので大きく売られてしまいました。 まだ取材していないのでどういう状況なのか推測でしか語れませんが、今期通期の数字の達成は相当困難になったと思い