• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 2件
  • 株の玉手箱 着眼大局着手小局その2

    2019-12-09 23:08  
    ~相場の観測~【週足参照】 =18年高値の更新が焦点=※チャートを用いた説明は、こちらにて掲載しております。 https://1376partners.com/content_page/10392 前回(2019/10/25執筆 10/31掲載)は以下のように述べた。「現在は4月25日の高値(S)22,307円を上回り18年12月の安値(R)19,155円から19年8月の安値(T)が20,261円と“二番底切り上がり”を形成したことから、安値(R)19,155円を基点とするやや大きな波動は三波動構成(R~S~T~)入りから上値を追う経過となっている。また、重要な値幅水準の上値22,808円=R+(O-L)を上回ると一旦伸びやすくなる可能性がある。」とした。 実際には、10月28日に22,867円と重要な水準22,808円を超え、11月8日にはザラバの高値が一時23,591円と上伸した。ただ
  • 株の玉手箱 着眼大局着手小局

    2019-11-03 13:31  
    ■はじめに 一般的に株式投資は「株価」を割安(低PER、低PBR、高ROE)だ、と評価して判断・行動する人が多い。また、相場の説明や解説は材料重視で語られることから、材料を評価し株価の“騰落”(価格変動)のみを考えることが一般的常識となっている。 その反面、連続する株価の推移(波)を捉えて「相場変動」を考える人は極めて少ないようだ。 つまり“材料”のみを気にして「価格変動」を考えることが主流となっている。その結果、『偶然性の追求』となり、株式投資で重要な「相場変動」を軽視・無視する傾向が強まってしまうのである。 よって、株式投資は“相場をやる”ことであり、そこには固定観念や思い込みなどを排除する努力(常識を疑う常識を持つ)が必要だ。 何しろ、株式投資には「株価変動と相場変動」の二つのリスクが常時つきまとっており、リスクに対する敏感さが求められるものだ。 “理屈を通せば道理が引っ込む!”と言